登園拒絶した女の子がすんなり登園・・・秘策は?

無理強いをせずに心理戦で障壁を取り除いてあげる!

小学生の姉妹です。

2人とも赤ちゃんの時から手がかかりません。

泣いてもトントンしたりそばに来たら泣き止んで寝てくれました。

抱っこじゃないと寝れない、寝起きが悪い、

環境の変化に敏感、パパじゃだめ、祖父母だと泣く・・・

ということはいっさいありませんでした。

 

上の子は明るくて快活、一度説明すれば

こちらの意図することをやってくれる子です。

 

絵を描くこと、国語が得意です。

学校で発表することも臆することなく手を挙げて

みんなの代表になったり、選ばれることを好みます。

 

かといってまじめというわけではなく、

ひょうきんで休み時間は友達と歌を歌ったり、

ダンスをしたり、遊びたくないときは一人で絵をかいたり、

図書室へ行ったりと周囲を気にせず思いのままに過ごしているようです。

 

それに対して下の子は「なんで、なんで」が非常に多く、

何度説明しても本人の感性の中で

なかなか納得しない子で上の子との差にけっこう悩みました。

今もです。

 

自分だけ何かを持っていないなど

「違う」ことへの不安が大きく忘れ物などがないかのチェックは念入りに、

私に何度も確認します。

〇〇がないから代用品のこれを持っていっても大丈夫だよ。

と言っても受け入れません。

 

幼稚園の担任が変わった時や習っているスイミングで進級し、

新しいグループに入る・・・という時の拒絶反応はものすごかったです。

幼稚園は数日お休みし、

新しい担任の先生に電話してもらい〇〇ちゃんがくるの待ってるよ!

などと言ってもらったらすんなり登園しました。

 

スイミングは何度も無理やりコーチにプールに連れて行ってもらいました。

周囲からは水が苦手なのに

無理やりスイミングを習わせられている子に映っていたといたと思います。

 

本当は上手で普通の子より先に進級しているのに。

かと言って友達ができないわけでもなく

なんとなく仲のいい子は自然とできます。

 

自分から「遊ぼう」などと声をかけるタイプではありませんが、

おとなしい子ではないのでしっかりお友達と騒いで自分の意見も言って・・・

と仲良くやっています。

最初のとっかかりが非常に手を焼きます。

小学校の毎年のクラス替え後のフォローを考えると親も憂鬱です。

 

まだ短い子育てですが、心がけていたことはとにかく本を読むことです。

6か月頃から図書館へで本を10から20冊借りてを繰り返しており、

絶やしたことがありません。

そのせいか2人とも国語は得意で模試などでは高順位にいます。

 

また、いちいち子供にあれは危ない、危ないから〇〇したらだめ、

上の子にはお姉ちゃんだから・・・

等は絶対言いませんでした。

 

あと〇〇したら鬼が来る、虫が来る的なウソで

子供をおどすのも嫌いですのでいっさいしなかったです。

大人になったらわかるよなどの適当な回答もしませんでした。

本当のことを正しく都度教えてきました。

 

反省していることはやっぱり子供に対して

つい感情で怒ってしまったことです。

 

今は小学生なのでほぼないですが、

子供が小さいときはこちらも未熟で初めての育児にとまどい

心にゆとりがなく一人で何でもしなければいけなかったので

あたってしまうことがありました。

 

子供は覚えていないようですが、

親としては情けない限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA