子どもは失敗を恐れずチャレンジすることが大切

「がんばれ!」ではなく、「一生懸命やりなさい!」

小学生のとても優しい男の子です。

動物がとても大好きで、飼いたい!

と言い出すのも早いかな?と思っていました。

 

ところが子供が言うには、

「大きな世界で生きていくのは大変だけれど、

僕が欲しいからって僕がこの子の生きる世界を

決めてしまうのはダメだから飼いたいなんて言わない。」

 

自分中心ではなく、相手の気持ちを思いやる事のできる、

先のことまで考える事のできる子です。

心がけていることは

あえて、「がんばれ!」を言わないようにしています。

 

子供は今の力以上のことを言われてもプレッシャーになってしまうため

出来る限りの力を出す「一生懸命やりなさい!」

とゆう言葉を使うようにしています。

何でもやってみることを伝えています。

やる前から諦めない。うまくいかなくて当たり前で、

やる前からあきらめることがなぜダメなのか、

をキッチリ伝えます。

 

人間みんなゼロから生まれてスタートラインは同じなので

他の子には出来て自分には出来ない事はないと分かって欲しい。

 

もし、やってみてダメなら、

どうしてダメだったのかを考えて

もう一度チャレンジするようになって欲しい。

うちは共働きの家庭なのですが、

会社の仕事のスケジュールで苦労することが多々あります。

主人はカレンダー通りの出勤で私が不定期の土日祝日出勤だったので

家族での外出が息子の小さい時からできていません。

特別な思い出を作ってあげられないまま小学生になり、

今では休日は友達と遊ぶ事ばかりなので

私自身が少し寂しいような気持ちになっています。

 

共働きの多い世代なので、

主婦ばかりが出勤の調整をしなければいけなくて

働き方が限られてくるのは仕方ない事なのですが、

もう少し働きながらも子育てに集中できる

環境を整える事も大切だと思います。

 

ですが、不定期で平日にお休みがいただけるのは

病院など平日に自分の予定をこなす事ができて、とても便利ではあります。

 

自分の生活スタイルに合った職場を考えるのは

重要な子育てのポイントになると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA