発達障害・つらいことがあれば、いろいろなところに相談して!

1人で頑張りすぎのお母さん! 無理しないでいろいろなところに相談を!

長男、大学生。次男、小学生2年。

長男は、体格がいいけど、小さい時から運動がとっても苦手で、

運動会が大嫌いでした。

 

手先も不器用だし。

でも暗記は得意で、勉強は、まあまあできました。

 

次男は、発達障害があり、

自閉症、多動、知的障害が、あります。

 

でも、毎日ニコニコ笑顔がとってもかわいいです。

 

私自身、息子の障害を受け入れるまで、

診断から2年もかかりました。

 

いまは、前向きに考えることができるようになり、

息子のおかげで、福祉や、ボランティアに

興味を持ち活動していけるようになりました。

 

いま、考えると、長男は、運動障害だったのかなーって。

なのに、理解できなくて、傷つけちゃったかなーって反省しています。

 

兄弟の年の差が10才も離れてるので、

長男は、次男をとってもかわいがってくれました。

 

そして、弟みたいな障害ある子に興味を持ち、

家族の気持ちがわかる指導者になりたいと、

福祉関係の大学に進学してくれました。

 

親として、とってもいい子に育ってくれて、とても嬉しいです。

 

いまは、親元から離れて下宿生活していますが、

久しぶりに、会うと2人でじゃれあっています。

 

小学校入学前、特別支援学級の先生や、教頭と面談し、

その時、目標はありますか?と、聞かれました。

 

私は、目標持つと、周りと比較したり、

問題達成できないと、心が折れるので持ちません!

と、言ったら不思議そうな顔をされました。

 

私は、目標は、持たないけど、

いま、できることに目を向け、

褒めて、それから、少しだけ前に、進める

という家庭での指導(勉強や、生活)をしています。

 

漢字も、書き順で、こだわるとやる気がなくなってしまうので、

形が、できればOKにしています。

 

いままで2人を育ててみて、彼らは、頑張ってるし、

彼らに頑張れと言い続けてきたけど、ふと、私自身頑張っている?

疑問に思うようになってきました。

 

私自身、何を頑張ればいいのかわからなかったけど、

自分らしくと思い、一番大嫌いなランニングをすることにしました。

 

最初は、まったく走れず、足は痛いし、

やっぱりヤダな~と感じていたけど、

少しずつ距離も伸びていき、

いまでは8キロも走れるようになりました。

 

目標は、年内に10キロ走れるようになる!です。

また、走ることにより、体調もよくなり、

ストレスも発散できるようになりました。

 

私は、普通というフレーズが嫌いです。

次男が、障害あることで、普通という言葉で、

いつも比較されてしまいます。

 

普通って、なんでしょうか?

普通の規格は、人それぞれですよね。

 

話は、変わりますが、障害が診断された時、

きっとそうだろうな…と、思っていたけど、すごくショックで、

病院からの帰り道泣きながら運転して帰ったのを今でも覚えています。

 

そして、将来のことが不安で夜も眠れず、

幼稚園の行事も、周りの親の視線が気になり嫌でした。

 

そして、メンタルの病気にもなってしまいました。

いまは、現実を受け入れて前に進むことができるようになりましたが、

周りにいる発達障害のお母さん達が

そんな気持ちで苦しんでいるって理解してほしいです。

 

私は、今、困って悩んでいるお母さん達の相談にのるボランティアをしています。

 

自分のつらかった経験が、役に立ち、若いママ達に、

思い詰めて病気になってほしくないからです。

 

地域の役所の担当や、保健師ではわかってもらえることが少ないです。

いま、悩んでいるママ達、

誰かに話するだけでも少しは、気が晴れるので殻にとじこもらずに、

いろんなところに相談してみてください。

 

誰かの何気ない一言で、価値観がかわるかもしれませんよ。

 

勉強会の時の先生の話で、

南米系のお母さんになれたら楽しいですよ!で、

自分が変わることができました!!

 

 

当サイトでは発達障害リンク集をご用意しています。ご参考になれば幸いです。

発達障害リンク集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA