生まれた時、心臓に欠陥があった娘、今は21歳の社会人

何があってもこの子だけは、と毎晩涙を流した事が懐かしいです

社会人として働いている、21歳になった娘がいます。

産まれた時の私の年齢は20歳。まま

私が母親になった年齢を超える事ができました。

 

産まれた時から心配の耐えない子で、

必死に子育てをしてきました。

 

わがままで自分の意見を通す我の強い勝気な娘ですが、

ひねくれた曲がった子ではありません。

 

そんな娘を私は今誇りに思っています。

 

甘やかした事も多く反抗期もきつかったですが、

母親として人として成長させてくれた子でもあると思っています。

 

産まれた時、心房中隔欠損症と診断され

小学高学年になったら手術をしようと言われ、

私は何があってもこの子だけはと毎晩涙を流した事が懐かしいです。

 

心臓に欠陥があったことから

泣かすと酸欠状態に陥ってしまうことや、

ミルクを飲むにもしんどくて40分50分と

100CCのミルクを飲むのに時間がかかっては

噴水のようにミルクを吐き、

お風呂上がりには酸欠状態で30分は湯冷まし等も飲めない赤ちゃんでした。

 

そんな娘を今の世の中のようにネット環境でもなく、

調べるのは本や人づてでしかありませんでした。

 

泣かさないように育てること、

熱を出しても人一倍しんどいことから、

インフルエンザにかかった時には3日間寝ずに

ひたすらだっこしていた事もありました。

 

そんな娘ですが、奇跡的に1歳をすぎた頃から

心臓の血管の穴が少しずつ小さくなり、

2歳半には完全に穴がふさがってくれました。

 

お腹の中にいる赤ちゃんはみんな穴があいていて、

通常うまってからでてくるらしいのですが、

たまにうまらず、生まれてきてからうまる子供がいるそうです。

 

産まれた時の血管の穴は7ミリ。

だったのでうまる可能性はほぼないと言われたのですが、

うまってくれました!

 

そんな娘が保育園になった頃ピアノを習いたいとならい始めました。

先生に恵まれそして、ピアノだけではなく

エレクトーンも教えていただきました。

 

音の響きを上手に響かせる弾き方に力を入れて下さった先生で

ピアノ、エレクトーンともにコンクールで賞をいただきました。

 

その喜びから、次も次も、もっともっとと

遊びたい盛りの時に毎日毎日1時間2時間の練習をしてくれる娘でした。

 

その先生がアメリカに行かれる事となり、

ピアノ、エレクトーンと別々の先生に教わることになりました。

 

エレクトーンでは1時間近く車でかかる所でしたが、

娘の夢を叶えてあげたく、

コンクールの前には週のほとんどをレッスンに費やしました。

 

夢には届きませんでしたが、

近畿大会での賞を受賞させていただいたり、

知らない多くの方から感動をありがとうと、

そして、あなたの努力を認めますと、

プロの方や他の先生からのお言葉をいただき、

ありがたい限りでした。

 

そんな娘が反抗期の中学生になった時。

あの頃は本当にしんどかったです。

 

口を開けば喧嘩、言い合いにしかならず、

毎日怒る事怒鳴る事喧嘩ばかりの毎日の生活をその時は認めたくなく、

考える思う事すらしようとしなかったですが、

今振り返ってみても苦痛だったと思います。

 

新聞で反抗期の子供よりもその母親の心のケアを!

と書かれていた見出しをみて納得がいく、

気持ちが分かるとさえ思いました。

 

大人と子供の中途半端な年齢。

今まで生まれてからの思いや

習い事に対して異常に娘と二人三脚だったせいなのかもしれないです。

 

そんな娘の反抗期に私は反抗期とは、子供が親離れをする、

又母親が子離れをする事なのではないかと思うようになりました。

 

今までは子供として接していたのを1人の人として、

接することにしていきました。

 

この子だけは、と、育ててきた娘、

子供を1人の女性として、

少し離れてあげる事でだんだんとお互いの関係がかわっていきました。

 

今では娘にありがとうと、

そして娘の友達達から、すごいねって、

相談にのってほしいと連絡が入ってきたりすることや、

新しく娘と出会う人達から、

あなたは本当に大事に母親の愛情をうけて

育てられたのが分かるといった言葉を

何人からもかけていただいているようです。

 

それが娘にとって自慢だと言ってくれる娘の子育ては

完璧ではないですが、失敗だったとは思いません。

 

いろんな経験、そして、未熟な母親を

その時々母親へと導いてくれた娘だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA