自閉症スペクトラム、前向きに取り組めば、こんなに成長できる!

同じように悩んでいる方に伝えたいこと

こんにちは。小学1年生の女の子がいます。

3人めの子供です。

自閉症スペクトラムという障害をもっており

ADHD 知的障害があります。

 

コミュニケーション能力やこだわりの強さが1番の特徴で

集団行動が苦手な為、運動会などはパニックになり

保育園では先生にほぼおんぶされて過ごし

競技に参加するのは夢のまた夢でした。

 

服にもこだわりがあるので体操服を嫌がり

無理やり着せると歩けなくなるほどでした。

 

そして年長での運動会の事。

体操ズボンを嫌がりパニックになり

あまりにパニクるのでお気に入りのズボンに履きかえさせまし

た。

その途端パニックはおさまり出番ではないときは

先生におんぶされていましたが

自分の出番がくるときちんと参加でき

全ての競技に参加する事ができました。

 

(かけっこのコースははずれていましたが)

こちらにしたらささいな事でも子供にとったらズボンを替えると

いうのは大事な事だったようです。

 

もちろん本人のがんばりや周りの方達の応援もあります。

 

今は小学生になり 運動会もばっちり体操服で参加できました。

 

子供の中で学校ではきちんとするという意識があるようで

学校では大嫌いな靴下もきちんと履き、

掃除なども頑張り帰りは放課後デイサービスの方が

教室まで迎えに行ってくれるのですが

学校の玄関を出るときには急いで靴下を脱いでいるそうで

頑張って我慢してるんだなと思いました。

 

顔つきも気をはった顔から

ニコニコのリラックスした顔になるそうです。

 

いまは学校では支援級で生徒が二人しかいないのですが

朝の会や体育など普通のクラスで活動する事があるので

集団が苦手な我が子にはそれがストレスのようです。

 

それでも少しずつ慣れていき、

正直三歩進んでは二歩さがる状態ですが

確実に成長しているのを感じます。

 

言葉なども遅れていますが一言でもしゃべれる

言葉が増えただけでとても嬉しいですし成長がゆっくりな分、

人より長く子育てを楽しめるのかなと思っています。

 

子育てで心がけているのはとにかく笑顔で抱きしめる事です。

もちろんイライラして子供と一緒に泣いたりした事もありますが

必ず毎日抱きしめるようにしています。

 

あとは普通は親が先に亡くなるだろうから

沢山の笑顔の思い出を子供に残したいなというのは

心がけています。

 

反省している所は自分に余裕がないときに

つい感情的になってしまう事もたまにはある事です。

それでも子供と一緒に親の私も成長させてもらっているとかんじ

ています。

 

プラスになった事ですが娘は3歳から療育に通っていて

その点はよかったなと思っています。

 

同時期に保育園にも通っていたのですが

保育園では集団行動を学べるし

療育では一対一で基本的な事から教えてもらえるし

保育園と療育で意見が違う事も多々ありましたが

色々な意見が聞けて考え方もやり方も一つじゃないんだなと参考

になりました。

 

療育では絵カードを最初使っていたのですが

進めていくうちに絵はほとんど見ていなくて

文字をよく見ている事に気がつきました。

 

そういえば文字は二歳で、すでにひらがなは全部読めて

三歳ではカタカナ、

四歳ではアルファベットや簡単な漢字も読めていたので

何かしてほしいときは文字で書いて伝えると伝わりやす

い事がわかりました。

 

そういう発見をするためにも色々体験させるのはプラスになった

かなと思います。

 

他には小さい頃からおもちゃを一ミリのズレも許せない感じで

一例にきれいに並べて遊んだりしていて

やりたいだけやらせていたのですが

それが結果的には何でもきれいにお片づけをするほうに向かった

ので本人が得意とする事はどんどんやらせてあげた方がいいのか

なと思います。

どう伸びるかわからないので。

 

文字もこちらから特別に教えたわけではなく

私の読み聞かせを聞いていたり

看板に興味をもってじっとみていたり、

ひらがなタブレットというおもちゃで遊ぶうちに

自然と覚えていました。

 

好きな事には年齢以上の力を発揮するようです。

これからも危険な事以外はどんどんやらせていきたいなと思いま

す。

 

三年くらい前に自閉症スペクトラムの診断をうけたときは

本当につらかったですが

こんなに成長できるから大丈夫ですよ!

と同じように悩んでいる方がいたら伝えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA