夫婦仲が良い事も、子育ての大切な要素です。

育児って大変です。 子供が3歳位になるまでは周りの人に手助けしてもらうことをお勧めします。

私には小学生の娘2人がいます。

大体皆さん言われますが、2人とも全く逆の性格です。

 

上の子は行動的。

毎日、生活の中でジャンプしているような活発な子でした。

 

下の子は逆にあまり動かずぼーっとした感じです。

上の子は私の初めての子育て、

右も左もよくわからずしつけがよくわからなかったのもありますが、

とにかく下の子に手がかかったもので、

厳しく育てたような気がします。

 

そのせいか、今度11歳になるのですが、

10歳前後からかなりしっかりしてきました。

 

子供も10歳前後になるときちんと育てていれば、

ほぼ手がかからなくなる感じです。

 

実際、今はほとんど何も手がかかりません。

逆に下の子は甘えさせ、何かとひとりですることがなく、

依存体質。

今、彼女は小学生になったのですが、

何かと本人が大変そうです。

 

子育ての時は、親自身、目の前のことがいっぱいで

なかなか時間が取れなかったりするものです。

 

私も、2人の子が小学生に上がり、嵐のような育児生活を終え、

やっと一息ついてきた感じです。

 

今まで10年少し子育てをしてきて感じる事は、

子供は叱らずに、信頼して愛ある姿勢を見せれば、

それでうまく育っていくような気がしております。

 

なにかと子育て中は不安になることもあるかと思いますが、

まずは全てその子を信じて受け入れる。

どんなことを子供がしても、親は味方だよという姿勢を見せる。

 

子供は、親が自分を信用してくれると思っただけで、

立派に生きていくことができるような気がしております。

 

私自身、基本子育ては自分ひとりでするものだと思っていましたが、

やはり子供が2人になってくると

かなり育児も大変なので下の子が3歳位になるまでは

周りに見てもらうことをお勧めいたします。

 

幼稚園などの行事も園によってはかなり頻繁にありますので、

そういった場合外部の手助けが必要になってくると思います。

 

もしない場合は今は少しお金を出せば

市のスタッフサービスみたいなところが

小額でそういった方を派遣してくださいますので

そういったのを利用するのも良いかと思われます。

 

よって、下の子が3歳位になるまでは、

最低そういったお手伝いしてくださる方が

周りにいることが必須条件かと思われます。

 

母親の精神メンタルを支える上でも、

育児の役割負担など、こういった事はとても大事なことだと思います。

 

あと結婚したら、もちろん旦那さんの役割は大切なのですが、

育児にあまり頼ってしまうと不平不満が出がちです。

 

できるだけ自分で育てていく

相手の助けは何も必要ないスタンスだと

夫婦の仲が悪くならず、

少し手伝ってもらっただけでもありがたいと言う気持ちが出てきます。

 

我が家はそのせいか、子供が11歳と6歳ですが

夫婦仲はとても良好です。

 

相手に依存すると口や不平不満が出がちなので

私は子育てにおいては、

もちろん主人にいろいろなことをしてもらいましたが、

気持ち的には一切自分でするといった心構えでした。

 

夫婦仲が良い事は、子供にとってはとても大切な条件です。

上の子もかなりしっかりしていて、いい子に育っているので、

やはりこういった子育ての仕方が良かったのかなと思っております。

 

子供に経験させて良かったものは、

その子供によって違う気がしております。

 

活発な人と関わるのが好きな子は、

いろいろな経験をさせるのがいいですし、

逆に家にこもりがちな、内向的な子には、

外に出るそういった経験が苦手としますので、

家や本屋で作業などをさせたりそういったものを好みがちです。

 

つまり、その子、その子に合った経験が1番いいような気がしています。

私たち大人も、やりたくないものはやりたくないので、

その子がしたいと言えばさせ、

辞めたいと言えば辞めさせる

といった柔軟な姿勢が親としては求められる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA