栃木県子ども総合科学館 子連れおすすめスポット情報 栃木編 子供といっしょに遊びに行こう

科学館は小さな子どもにもおすすめできます

4歳と2歳の男の子がいます。

まだ目も手も離せない年頃の息子たちなので、

危険が隣り合わせな場所にはいけないので、

海や山などのレジャーに行ってみたくてもいけません。

 

そんな我が家の息子たちを連れて行くのに最適な場所は科学館です。

色々な科学館に行ってみましたが、

子どもが特に気に入っていた科学館は、

栃木県子ども総合科学館です。

 

まず、近づくと見えてくる大きなロケットの模型。

遠くから見るだけで、行きたくなる魅力です。

4歳、2歳といった小さな子でも

実物の電磁石を見たら興奮するし、

運動エネルギーを体感しながら見ると

興味を持つようで興味津々で色々なエリアを見ていました。

 

実際に触ったり体験できる展示物が多いため、

好奇心たっぷりな子どもたちは目を輝かせながら

次から次へと見て触って大満足でした。

「見るだけだよ、触ったらダメだよ」ということも少なく、

子どもたちもストレスが少なく回ることが出来たと思います。

 

博物館などでは「展示物にはお手を触れないでください」と書いてあり、

何でも触りたくなるような子どもを連れて行くには難しいと思いますが、

触って学べる機会があるのはとても良いと思います。

4歳の長男はサイエンスショーも楽しむことが出来ました。

サイエンスコミュニケーターの方のおしゃべりも上手で、

普段ショーというショーはほとんど嫌がり見ようともしない長男が

サイエンスショーの30分、釘付けで見ていました。

 

ちなみに、他の科学館で行われるサイエンスショーも

何度か見たことがあるのですが、

栃木県子ども総合科学館のサイエンスショーが一番楽しかったらしく、

コミュニケーターのレベルの高さを物語っていると思います。

 

小学生くらいの子たちが多いショーではありましたが、

最後までしっかりと座って楽しむことが出来る内容でした。

 

2歳の次男にはサイエンスショーを静かに見ることは難しかったので、

その間ボールプールで遊んでいました。

科学とは少しはなれた遊びで頭も心もリフレッシュ。

多くのお友達ともみくちゃになりながら

ボールプールを楽しんでいました。

 

今回は外のエリアには行かなかったのですが、

外でも体を使って遊ぶ場所があるらしく、

次回行くときは館内で科学とふれあい、

外で体を思いっきり動かして遊びたいと思います。

見学するエリアがとても広く、

4歳と2歳を連れては一回の来館で全て見ることは出来ませんでした。

 

また次も来ようね、今度はこっちも見ようね、

と言いながら帰ることで帰りたがらない息子たちを

次回への希望を持たせて帰ることが出来ました。

 

ちなみに、プラネタリウムは

まだ子どもが集中して見られるとは思わないため、

見たことがありませんが今後子どもたちが落ち着いてきたら

チャレンジしてみたいと思っています。

 

現在すんでいる場所からは離れた場所のため、

頻繁に行くことは出来ませんが

何度も足を運びたくなるほど子どもたちの食いつきが他の科学館よりよく、

楽しんでいたと思います。

 

トイレもきれいで子どもが嫌がることもなかったですし、

室温も快適で外が暑くても楽しめるし、

良いことづくし。ここ数年の夏の暑さでは、

外で遊ぶレジャー系は危険なレベルだと思うので、

こういった科学館は子どもといっしょに遊びにいくにはとても良いと思います。

 

科学館なんてうちの子には早いかも、

と思うお母さんもいるかもしれませんが、

意外と小さい子、聞き分けのない子、

じっとしていられない子、など手のかかるお子様でも楽しめますし、

1人2人かんしゃくを起こしていたとしても

そんなに周りに迷惑になるほど静まり返っているわけでもないので、

気楽に出かけてみると良いのではないでしょうか。

連れて行く親側のストレスは少ないと思います。

栃木県子ども総合科学館
〒321-0151
栃木県宇都宮市西川田町567
電話:028-659-5555
FAX:028-659-5353

栃木県子ども総合科学館ホームページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA