早稲田大学と国立大学に合格した息子さんの軌跡

難関校に合格した息子は部活動も熱心に取組んでました。

長男が早稲田大学教育学部に合格しました。

でも、最終的には地元の国公立大学へ進学しました。

 

理由は自分の目指す道に近かったからで、

無事卒業して現在、社会人です。

 

幼稚園まではあまり子育ての記憶がありません。

長男だし私も初めての子育てで、余裕がなかったのでしょう。

 

幼稚園では、先生からも周りの保護者からも認められるよい子。

隣の席の女の子に「王子さま」と呼ばれ、

それをその子のお母さんが参観日の時に教えてくださり、

それが一番の思い出です。

 

そのまま小学校でも、しっかり者。

学校ではクラスのまとめ役で

放課後はサッカー少年団に入り、私は野球経験しかなく、

何も教えてあげられないけど気が付けばMFで副キャプテン。

 

成績も優秀で中学へ入学。中学では今度は野球部に入り、

控えキャッチャーでまたまた副主将。

そして中学3年生になりました。

 

私も妻も四大学卒なので、子どもも大学には行かせたいな、

と思っていました。

 

小学校時代は学校の宿題の他に、

妻が漢字や計算ドリルを一緒に解く程度で、

田舎なので中学入試もなく、普通の公立中学へ進学しました。

 

小学6年生より進学塾へは通っていましたが、

受験塾ほど高度な内容ではなく、

それでも地区ではTOPクラスの塾なので

それで何とかなると思っていました。

 

そして運命の中学3年生、

突然「早稲田大学へ行きたい」と言い始めました。

どうもラグビーのTV中継で“早稲田病”になったようです。

 

しかし、私も妻も中堅大学出身だったので、

内心は「無理だろう」と思っていましたが、

親としてBESTは尽くすつもりでした。

 

とはいうものの、早稲田へ行く方法なんてわかりません。

まずは高校の選択。県内模試で地区3位の成績だったので

地元の公立進学校か私立進学クラスか迷いましたが、

特待生扱いで、早稲田への進学実績もある私立にしました。

 

その時、私の脳裏に浮かんだのは『早稲田高校の入学レベルを知っておけば、

今の自分とどれくらい距離があるかわかるのではないか』という事です。

 

私自身もどれくらい差があるか知りたかった、

というのもありましたが高校3年間でその差を埋めなくては、

早稲田には入れないよ、

という現実を本人に体験させるために、

中学の担任に頼んで早稲田実業高校、

早稲田学院高校へ願書を書いてもらいました。

 

今思えば、よくそんなことを思いついたなぁ~と思います。

たまたま受験日が近かったこともあり、2泊3日で受験の旅へ。

 

実業は本校舎で、学院は高田馬場キャンパスが会場でした。

受験当日の光景は今も忘れません、いや一生忘れません。

 

これが本当の都市部の高校入試、

多くの塾の先生と保護者が見守る中を入場していく生徒たち。

 

実業の合格発表当日も立ち会うことができましたが、

競争率1倍程度の地元高校のそれとは全然違う、

まさに天国と地獄。

 

本人は完全に無理だと思っていたようなので、

それはそれで目標は達成できたのですが、

保護者としては、都市部と田舎の差を見せつけられ

ショックというか挫折感を味わいました。

 

そして高校入学。

ここで彼は運命の出会いがあります。

のちに英語の全国大会で過去最高の成績を取ることになる

3人のメンバーとの出会いです。

 

ですが、その前に彼には一度大きな出来事がありました。

登校拒否です。

 

高1の夏休み明け初日、彼は登校拒否をしました。

これも私は一生忘れません。

 

あの時、自分は何て無力なのだと思いました。

それまで反抗期らしいことも何もなく、

このまま育っていくのだろう、

そんな甘い考えだったかもしれません。

 

その日を境に私は生き方を変えました。

何があっても、彼に寄り添う事を決め、

今まで以上に子育てが自分の中心となりました。

 

翌日、何とか登校しましたが、

しばらくは不安定な時期が続きました。

 

そして高校2年生。彼は生徒会長になりました。

今までは裏方で活動することが多かった彼が、

会長になった理由、

それは早稲田大学進学に大きく関係しています。

 

それは後ほど。

地域活動なので新聞に取り上げられたり、

徐々に自信を取り戻し、いよいよ高校3年生となりました。

 

その間に海外留学なども経験して、英語に自信を持つようになり、

帰国子女を中心として、

同高校史上最高の英語大会チームが完成しました。

 

まさに切磋琢磨、このメンバーは受験でも同級生を引っ張り、

アニメじゃないけど正に『奇跡の世代』でした。

 

そして忘れてはいけないのは、保護者の団結力。

次男の高校は長男が蹴った公立進学校でしたが、高

校3年生の時の保護者懇談会の出席は30%。

 

でも長男の高校3年生の時は、100%。

クラス保護者全員出席ですよ、あれは感動しました。

と同時に、団結を感じクラスに迷惑をかけないようにと思いました。

 

私は大学受験のための作戦を立てていました。

それはまずは早めに2校くらい滑り止めの大学の推薦入試を受け、

受験に伴う交通機関での移動や宿泊に慣れておくこと。

 

その他にも大切なのが食事。

ですから宿泊するホテルも事前に調べて、

コンビニの場所なども調べておきました。

 

そして本命の早稲田受験。

 

これは色々な情報を調べて、

推薦受験の場合に合格する確率が高いであろう

高校時代の活動に生徒会長があったので

それを使いました。

 

もちろん、最低限の基礎学力も必要ですけどね。

そして、合否発表が届くであろうその日は、

いつもの時間に玄関で郵便屋さんを待ちました。

 

郵便物が到着したら明らかに分厚い。

郵便物を手に取り、すぐに高校へ車を走らせました。

 

ちょうど休み時間で、長男と担任と一緒に別室へ行き、

本人に封筒を開けさせ、ただただ号泣。

 

クラス内でも、最初の難関校合格だったので大騒ぎと同時に、

クラスのムードは盛り上がっていきました。

でも、本当に大変だったのはここからです。

 

まだ国公立の入試もある、でも早稲田へ進学の場合を考え、

住む所も探さなくてはいけない、

入学手続きや入学金も振込んでおかないと、不合格になってしまう。

 

保護者としては、3月末までのスケジュールをすべて書き出し、

それを家の壁に貼り、塗りつぶしていくような感じでした。

 

その中でさらに色々と調べたり、

東京の寮で先輩などに会ったりした中で、

徐々に彼の将来の夢がより明確になり、

地元の国公立大学にも合格し、最終選択の日を迎えました。

 

私たちは、長男の時も次男の時も、高校でも大学でも、

最終的な進路は本人に決めさせました。

 

「切符は俺たちが用意するから、その切符を選ぶのはあなたたちだよ」

これはいつも言ってきたことです。

 

もちろん相談に乗ったり、一緒に大学を調べたり、

大学を見に行ったり、住む場所も含め、できる限り一緒に行動しました。

 

そして彼は早稲田ではなく、地元の国公立大学を選びました。

そして多くの仲間と出会い、多くの経験をして、

自分の目標を見つけて社会人となりました。

 

振り返って思うことは、一番大きかったのは、

妻が計画的に貯金をしてくれていたことです。

 

国公立を選んだ長男は最終的に大学院まで進学しましたが、

奨学金を使うことなく通わせることができたのは妻のおかげです。

 

学資保険をはじめ、子どもが生まれて、

割と早い時期から準備していたようでした。

 

もしこれから子育てをする方、現在子育て中の方は、

まずおおまかな計画だけは、早めに立てておいた方が良いと思います。

 

あとは、その時その時で、保護者として後悔しない選択をして行けば、

おのずと道は開かれるのではないでしょうか?

あとは縁と運を信じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA