教育で一番大切なこと

あなたのお子さんは将来の夢を持っていますか?

私の娘は、現在、高校生です。

よく将来の夢と言うものを、

節目、節目に先生から質問されたり、

アンケートに記入したりしていました。

 

夢は段々、年齢を重ねると共に、変わっていくのが常だと思います。

私もそうでした。でも、娘は違うのです。

 

幼稚園の年長の時に、

初めて美容院に連れて行った時の事でした。

 

丁寧に整髪をされていく様子を見ていました。

何か緊張している様な楽しんでいる様な表情だったのを覚えています。

 

整髪後、幼稚園生の娘は、何か大人ぶっていました。

それから数ヶ月後、幼稚園での授業参観がありました。

その時に先生から、将来の夢を一人づつ、聞いていました。

私の娘は何を話すのかと興味津々で聞いてみると、

将来の夢は美容師になると発言していました。

私は多分、直近で一番、刺激的な体験をしたからだと思っていたのですが、

高校生になった娘の将来の夢は、今も美容師になる事でした。

 

成績の状況で、学校から推薦で大学の話があっても、

娘は美容師になる為、専門学校に道を選んでいます。

10年以上、将来の夢がブレず、一貫している娘を見て、

親ながら大したもんだと思っていますし、

そんな娘を羨ましく思えました。

 

将来への絵があるので、

学校生活を楽しんでいる様にも見えます。

 

アルバイトの選択も、美容師は接客が仕事でもあるので、

接客の場面の多いアルバイトを進んでやっています。

 

全ては美容師の夢を叶える手段としているので、

楽しんでいるのがわかります。

きっと娘は一度決めたら、

曲げない良い意味での頑固さの持ち主だと思います。

 

そんな娘に対しての子育てですが、

私の妻が、ありがたい事に、子供の前では、私の悪い事は言いません。

寧ろ、パパがいるおかげで、生活出来ている様な事、

パパに感謝しなければと言う様な事を

ポイントポイントで子供に話している様です。

 

そのおかげで、多少の反抗期はありましたが、

ずっとパパを好きでいてくれています。

 

娘も他の友達の話を聞く度に、

他と比べて、私の家族は仲がいいし、

みんなパパと話したくないって言っているけど、

私は全然、パパと仲がいいしと話してくれます。

 

勿論、娘の元々の優しい性格もあるとは思いますが、

妻のパパへの敬意を娘が感じてくれているからこその関係が今なのだと思います。

父親としては余程の事がない限り、怒りません。

その変わり、妻はあるラインを超えると、かなり叱ります。

 

でも、次の日に引きづりません。

ここもポイントなのかも知れません。

 

瞬間沸騰した後は、もう怒りません。

だから、娘も言われた事は忘れないんです。

 

ダラダラと怒った方が、相手に入っていかないのだなと感じます。

私が怒るとしたら、妻の言う事を聞かなかったり、

一回決めた約束を何回も破った時は、私は怒ります。

 

今までで3回ありました。

めったに怒らないパパが怒るから、

気をつけようとなった様です。

 

後は家族で良く出掛けます。

お金はないのですが、お金ではなく、

何処に行くにも、家族で出掛けました。

 

その一つ一つが思い出になると思ったからです。

また、いつの日か、娘が結婚をして、家族を持った時、

家族といると楽しいって事を思い出してほしいなと言う意味もあります。

 

高校生になれば、段々、家族とは出掛けなくなるのが、

世間一般かも知れません。

 

確かに家族と出掛けるより、

友人と出掛ける回数の方が多いです。

 

それは当たり前なのですが、今だに家族と出掛ける事に、

娘はまったく違和感を感じていないどころか、楽しんでいます。

 

私は母親がいなかったので、

その分、父親が母親の役割をしていたので、

忙しい父親しか見ていません。

 

それはそれで感謝なのですが、

だからこそ、余計に家族の思い出を沢山、作ろうと心掛けていました。

 

毎年、旅行に行くとかそういう事ではなくて、

旅行だけではなく、買物も夏のドライブも全部、含めてです。

 

それぞれ誕生日会も役割を分担して行う様にしています。

そうすると、記念日が待ち遠しくなりますし、

イベントとして楽しんでくれます。

家族で出掛けたり、家族でイベントをしたりすると、

辛い出来事で家に帰って来ても、

何かホッとする空間になってくれればと言う思いはありました。

 

でも、子育ても右肩上がりにうまくは中々行かない時もありました。

子供も大きくなっていき、反抗期の時、

私も仕事でストレスを抱えた時と重なった時、

イライラしている空気感を出してしまい、

一時、娘がその私の空気感を感じて、距離を置かれた時がありました。

 

妻にも指摘されましたが、私も自分自身をコントロール出来ない時期があり、

その期間は娘や家族に迷惑を掛けてしまったなと、

娘が親に気を使う状況を作ってしまった事に反省した時もありました。

 

私もここ5年前から、週末は私が手料理を振る舞っています。

そんな姿を娘が見て、喜んでくれています。

やはり、娘はパパが何かを真剣にしている姿に感じる所があるのかも知れません。

娘から見た家族が、そのまま娘の家族像になるのなら、

自然な仲の良い家族をもっと見せて上げる事が、

娘への一番の教育なのかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA