国営ひたち海浜公園 子連れおすすめスポット情報 茨城編 子供といっしょに遊びに行こう

茨城県の国営ひたち海浜公園は大人も子供も楽しめる場所です。

私は娘として二人で訪れました。

家族連れ、カップル、女性グループ、外国人ツアー客など

さまざまな方がこの公園を楽しんでいらっしゃいました。

ネモフィラという青い可愛らしいお花を見にゴールデンウィークに訪れました。

みはらしの丘という場所がネモフィラで有名な場所で

この公園の存在を知りましたが、

実際に行ってみると丘全体にネモフィラが咲き、

丘一面がブルーになります。

とても美しく丘から海も見えるのも良かったです。

このネモフィラブルーはなかなか見られるものではありませんし、

見た時は綺麗で感動しました。

写真を撮っている人はもちろん多く、

インスタ映えするスポットだと思います。

そして、自然豊かな場所なので虫も多かったので、

虫よけスプレーをしていくことをおすすめします。

春に行きましたが、蜂が多いので少し怖かったです。

あまり肌を露出しない方がいいかなと思いました。

公園はネモフィラの他にはすいせん、

薔薇、ヒマワリ、コスモスなどいろいろな植物が楽しめ、

四季折々の楽しみ方があるようですので、

他の季節にも行ってみたい場所になりました。

夏にはライトアップイベントもあるようです。

公園内はみはらしエリア、草原エリア、樹林エリア、

砂丘エリアなどとても広く植物を楽しむだけではなく

バーベキュー、プレジャーガーデン(遊園地)、

サイクリングロードなどもありいろんなジャンルで楽しめる場所です。

小さなお子様がいらっしゃる方は

プレジャーガーデン(遊園地)や

シーサイドトレイン(園内周遊をする電車)も楽しめると思います。

プレジャーガーデンは比較的年齢層が低いお子様が楽しんでいる様子に見えました。

あまり怖いアトラクションはないので、

絶叫マシーンを希望する人には物足りないかもしれません。

サイクリングロードは歩行禁止エリアでこれだけ広い公園なので

気持ちよくサイクリングも楽しめると思います。

子供用、大人用の自転車のレンタルもできました。

ただ、人気のようなので待っている人たちがたくさんいましたので、

余裕を持って申込をされた方がいいかもしれません。

私は待っている人がたくさんでレンタル自転車は借りれなかったので、

次行った時はサイクリングしたいです。

 

【園内グルメ】
ネモフィラの季節に行きましたので、

ネモフィラソフトというものが販売されており、

ネモフィラの色のようなブルーのソフトクリームでした。

園内にはカフェ、売店、やきそば、やきとり、お好み焼き、

ラーメンなどキッチンカーなどの出店も数多く見られました。

売店ではおみやげのお菓子やグッズなども売っています。

 

【料金】
公園の入園料金も安価で大人450円、子供は無料なのもうれしいです。

高齢者の方も65歳以上だとシルバー料金があり210円で園内を楽しめます。

プレジャーガーデン(遊園地)の乗り物は別料金です。

フリーパス1日券やのりものセット券のようなお得なチケットも販売していました。

バス亭の前では公園入園チケットと往復バス代をセットしたお得チケットもありましたので、

これを購入しておくとスムーズに公園に入れましたのでおすすめです。

 

【アクセス】
公園までのアクセスはこれだけ大きい公園なので、

電車を降りてすぐという訳には行きませんでしたが、

行き方はいろいろありました。

車はもちろん、東京駅から公園西口まで

高速バスも出ていますので都内からのアクセスもしやすいです。

私はJR勝田駅から公園行のバスを利用しましたが、

バスの本数も多くあまり待ちませんでした。

仙台方面からも勝田駅まで高速バスが出ておりました。

ゴールデンウィークでしたが、

特急ひたちの指定席は当日でも取れました。

是非、ひたち海浜公園へ行ってみてください。

国営ひたち海浜公園ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA