国立大学に合格した息子さん 良く遊び、良く学び!

算数が好きな息子は努力する力も持ち合わせていました

我が家の子供は愛知県にある、

国立名古屋大学に合格しました。

 

子供の性別は男で今は大学在学中です。

我が家の場合はもともといい大学に入れようと思って

子供を育てていたわけではありません。

 

親自体もそこまで頭が良いというわけではないので、

公立高校に進んでくれたら良いな

というくらいの気持ちでしたね。

ですので、小さい頃から特に心がけていたということはなく、

小学校時代から習い事はほとんどしていませんでした。

 

「好きなことをすれば良いよ」

というくらいのスタンスだったので、

英才教育をしていたわけではなく、

幼児期も小学校のときも好きにお友達と遊んでいました。

 

そのおかげか、友達に恵まれ、

今でも友達はたくさんいます。

いつが転機だったのかというと、

小学校5年生が転機でした。

小学校5年生のときに

「そろそろもう少し勉強をした方がいいかな」

と思って、子供に「テスト勉強をしっかりして」

と私が言うようになりました。

そして、テスト2日前は友達と遊ぶのを禁止と言いました。

その2日間はテスト勉強に専念してほしかったからです。

 

塾に入れることを考えたのですが、

我が家は裕福ではないため、

大学資金を残しておきたくて、塾は入れていません。

 

市販の教材を使って数学、国語、

理科、社会を勉強していました。

そして、勉強をするようになってから、

小学校のテストで高得点を取ることが出来るようになりました。

 

テストによってはクラスで1番ということも少なくなく、

このとき私は初めて

「この子は勉強が出来たんだ」と知ったのです。

 

それからは、

「これだけ勉強が出来るのならがんばって欲しい」と思い、

勉強に力を入れるようになりました。

これが小学校5年生の2学期のことです。

塾に入れようか考えたのですが、

やはり、出来るだけ市販の教材でがんばって、

それでもどうしてもダメなら塾にしようと考えました。

 

そして、小学校時代は特に塾などに行かず、

良い点数を取ることが出来たのです。

 

ただ、ここまで行くと

元々はぜんぜん勉強が出来なかったのか?

と思うかもしれませんが、

実は算数は元々才能がありました。

 

小学校1年生から今までずっと

先生から算数を褒められなかったことは一度もありません。

 

「算数がすごく得意ですね」

と個人懇談で毎年必ず言われていました。

 

算数だけはテスト勉強をしなくても

100点近い点数を当たり前のように取ってきており、

算数が得意という認識はありました。

ただ、それ以外は特別いつも点数が良いわけではなく、

80点くらいでしたね。

 

ただ、やはり小さい頃から

「勉強には特別困っていない」

とは思っていたので、

公立高校くらいには入れるだろうなという認識はありました。

 

本当に我が家は両親ともに勉強について真剣に考えたことがなく、

「勉強をやらせてみたらたまたま出来た」という感じです。

 

子供の小学校時代はこのような感じで

特別に習い事をさせていたわけではありません。

 

そして、中学生時代ですが、

中学はあらためて塾に入りました。

小学校は塾に入っていないので、

親が子供の勉強に口を出して

「こうやって勉強したら?」と提案をしていたのですが、

塾に入ったら塾に丸投げでした。

 

ここからは、子供が何をどう勉強をしていたかはさっぱりわかりません。

ただ、子供は国語が苦手で国語の点数が伸び悩んでいたので、

塾以外で国語の勉強の教材を買い与えていました。

読解が苦手なので、

読解に特化した教材などをネットで調べて

おすすめのものを買ったりしていました。

あとは、語彙力が乏しいと思ったので

語彙力の本を買って子供に覚えさせていました。

 

親が子供にしたのは、これくらいです。

中学校時代にガリ弁のように勉強をしたのかといえば、

そうではなく、

本人はすごくノンビリで親がイライラしていたくらいです。

 

相変わらず友達が多いので時間があれば友達と遊んでしまい、

「また友達と遊ぶの?」と良く怒っていましたね。

 

もちろん中学校はテスト週間や

塾のテストに入ったら友達と遊ぶのはやめていましたが、

テストが終わった瞬間に友達と遊びに行っていました。

 

子供からしたら受験なんてまだまだ先の話で、

公立の中学校だったので、

みんなが勉強をするわけではなかったため

良く遊びに行っていました。

 

そして、中学生3年生になったら

初めて受験というものを意識したと思います。

 

周囲も勉強に力を入れだしてから

本人も意識したように思います。

 

ですが、中学生2年生のときでも

テストでトップ10から落ちたことはありませんし、

1番もとったことがあります。

トップ3に入らないと私が怒るので

子供なりに勉強はしていました。

 

もちろん塾も1日も休まず、

しっかりと行ってくれていました。

 

勉強をするときはするし、

遊ぶときは遊ぶという生活をしていました。

 

ただ、勉強だけの毎日ではありませんでした。

そして、3年生から勉強一筋になり、

そうなったらさらに力をつけていきました。

 

そして、見事愛知県で1番の高校に入学したのです。

高校時代はもうこちらから何か言うことはありませんでした。

周囲も国立大学に行くのを目指す子が集まっていたので、

勉強の意欲が中学校とはまったく違います。

 

また、子供の周りは

普段からそこまで遊ぶという子が少なかったので

中学校時代よりかは勉強をしていました。

 

やはり、みんな同じところを目的としていると、

子供の意識が変わり、勉強の意欲も沸いてきました。

 

このときに環境がすごく大事だということがわかりました。

私たち親が気をつけていたのは

とにかく体力づくりと

子供が勉強できる環境を作ってあげることです。

 

我が家は弟がいたのですが、

特に勉強をしているときは、弟に大きな声で騒ぐな、

友達を連れてこないでととにかく言っており、

少し窮屈な生活をしていたかもしれません。

 

やはり、勉強ができる環境を作ってあげることが大切です。

我が家が住んでいるところは、

図書館など勉強がしやすい環境がなかったので、

自宅で勉強するしかなかったので、

家自体を勉強しやすい環境に整えていました。

 

子供は小学生の頃から

数学をもっと勉強したいという夢があったので、

理工学部を目指していました。

その目標がずっと変わらないので

学校でも理数系を専攻して勉強をしていました。

 

私たち親は勉強がそこまで出来ないので

子供の勉強に口を出したくても出来ず、

子供にすべて任せるしかありません。

 

高校は特に塾などにはいれず、

学校の勉強だけで国立大学に入りました。

 

さすがに高校3年生は一日8時間くらい勉強をして

一日勉強漬けなんて当たり前でした。

 

それくらい勉強をしなければ

ほとんどの子が国立大学になんて入れなかったです。

 

高校のお友達も

みんなそれくらい勉強していたのではないかと思います。

そのため、高校でアルバイトなんてしている暇はありません。

 

このように子供は努力の結果

見事名古屋大学に合格することが出来ました。

これが我が家の子供が難関大学に入った経緯です。

元々勉強一家ではありませんし、

勉強に力を入れているわけではありません。

 

今回思ったのが、勉強に才能がある人は

親が言わなくても自分から勉強をすることと、

親が言わなくても自分が行きたい高校、

目指したいものを自分で見つけるということです。

 

子供は小学校の頃から

数学のプロになりたいとずっと言っており、

今でも違うことを言うことがありません。

 

ですので、才能がある子は

努力することをいやがらないということに気づきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA