勉強をやる気になるおまじない?

本人が勉強しようと思わなければ、伸びません。

子供が大学受験に合格したのは、

子供自身の勉強の結果だと思っています。

ちょうど資金を入念に準備していたこともありますが、

やはり子ども自身が、自分の行きたいところへ行く

という意思決定をはっきりしていたことが、

最大の成功要因だったとおもいます。

 

学業というものは、本人が勉強しようと思わなければ、伸びません。

ですので、親としては社会の現実を語った上で、

結局勉強した人だけが、世の中で成功していくんだ

という話だけにとどめました。

 

また、勉強で、できない箇所があれば、

指導に厳しさをまして、なぜできないんだを、

こうすることによって成績は伸びる説明をしました。

 

それは、社会人になったとしても、

社会で勝ち抜いていくには、改善方式としての

自分の成長のあり方の問題なのだからと、

現実を変えていく手法を学ばせました。

 

つまり、今の勉学は将来での会社生活に必ず役に立つという手法で、

勉強させたのです。

子供自身が、大学の資料を取り寄せていて、

こんな大学を希望しているんだということも、

親として勉強になりました。

 

その中には専門と違うものも含まれていて、

将来の選択肢があるのは良いことだねと感懐深いものがあります。

 

将来に希望を持つというのは、選択肢の多さの中にあります。

つまり、勉学に励んだ結果だけ、自分の将来を思うことも増えるのです。

 

親としては、どの進路に進んだとしても

全力でサポートするよという発言と実効性のみの段階です。

 

それが、子供からの親への信頼という形で、

成績に残るのだと思います。

また、勉学に報いる形で、しっかりした栄養を与えてあげることも、

何かの自信になったようです。

 

将来に夢を持てるというのは、努力の結果ですので、

大学でも勉学にスポーツに励んでほしく願っています。

 

その都度の勉学の態度には、逐一のチェックは入れていました。

事さらに、勉強を仕向けるような罵声は一切飛ばしません。

 

それよりも、大人になって、しっかりとしたマナーを身につけるように、

いわば面接にちゃんとした受け答えができるようにと、

目上の人に対する接し方などを教育しています。

 

これは、大学に入ってからも有効ですし、

大学を出てから社会人になる際にも、うってつけの教育方法となります。

 

社会ではいろいろありますが、いついかなる時も、

親の背中で学んでほしいのは、丁寧な対応と実力で、

社会に打ち勝って行ってほしいという願いそのものです。

子供がまた子供を育てる際には、親のしたことと同じ様に、

食事を作ってサポートし、お金の不安を与えないように、

仕事を継続してくその努力になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA