日ごろのストレスを子どもにぶつけないで!

親自身のストレス管理について

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれている方の多くが子育て中だと思います。

それに悩んでいる人もいると思います。

それぞれ、仕事との両立や家事にも追われているなど

さまざまな事情を抱えています。

こうやって子育てに取り組んでいる人が多いです。

 

その人たちの日ごろの頑張りの敵が「辛い気持ち」です。

本当は落ち着いた気持ちで子どもと接したいです。

 

でも、忙しくてその気持ちにならないといった問題があります。

なるべく、子どもと遊んだりしたいですよね。

 

その日の予定も多少あると思いますが、

それに影響して疲れてくるのです。

 

日頃の疲れを癒すために子どもと接する時間を大切にします。

この時間はできるだけ長いほうが理想です。

 

それでも、その通りにできない人が多くいます。

その時間をどれくらい確保するかで決まります。

 

その原因は何か、またそれに対してどのようにすればいいのか

分かりづらいケースがほとんどです。

 

私はその人たちを何か救う方法はないのかを考えました。

そのため、そのことについてここで説明していくことにしました。

皆さんの参考になればと思います。

子育てしている時、

日ごろのストレスを子どもにぶつけてしまうことがあります。

その人たちは家事や仕事に追われていると思います。

 

その影響で、睡眠時間が短くなるなど

日常生活に支障が出ることが起こります。

 

家から会社との往復時間、

仕事を終わらせるまでの時間が長いことでストレスを感じます。

 

通勤時間はまだ良いとして、

それに加え効率の悪い作業をしてしまうことで、

ついにイライラしてしまうのです。

私もそのようなことがあります。

そろそろその課題が終わると思って気を抜くと、

ついに失敗してしまうこともたびたびあります。

 

そこを直したいと思ってもなかなかできないものです。

人間には気まぐれというものがあり

それが左右してしまうのではないかと思います。

 

本来はその分、子育てに回したいですよね。

そういった難しい問題を解決するために

どのようなものがいいかを少し考えました。

 

子育てで面倒だなと思う課題を効率よくこなす方法がよく分からない、

別に大した理由はないのになぜかイライラする

などを解決したい人は多いと思います。

 

子どもが自分の思うとおりにならないことで落ち込むこともあります。

無理やり、子どもを自分が思うように

コントロールさせようとするのが問題です。

子どもの気持ちを考えてあげることが大切です。

その上で、取り組んでほしいところです。

 

人間は怒りをぶつけられたら、精神的に不安定になります。

そこで何をするのかと言えば、

やはりお互いの欠点を探し出し改善する方法も大切です。

 

身近なところから少しずつ見つける、

いわゆる洗い出しメモのような感じのほうが上手にできると思います。

 

私は人生の中で何度も失敗し、

そこで反省し解決したことが何回かあります。

 

それと同じように、自分や子供のことをよく考えるのが大切です。

人間の中ではどれだけ賢い人がいても

人生で一度も失敗をしたことのない人はいません。

 

人はみんな、失敗を通して新しいものを得て

そこで自分が成長するきっかけを作っています。

 

そのおかげで、突然問題が起きた時、

それをすぐ解決できるような能力が備わっているわけです。

これからはこの力を子育てで使うことが必要不可欠になっていきます。

これで、子育ての本当の意味は何かが分かってきます。

 

日常生活で子育てが辛いと感じることは

できるだけ無いようにしたいですね。

 

皆さんには、子育てに対して辛い思いをせず、

ほぼ楽しい思い出になることを望んでいます。

 

そのための必要な要素はお互いを改めることです。

これはこれからの時代を生きる上で求められることです。

 

意識を変える力があれば、

子育てを効率よくこなすことができ、時間に余裕が出てきます。

 

その分何に使うかと言えば、

子どもと遊んであげる時間にあてるほうがふさわしいです。

 

逆に、その時間が短いことでイライラし、

本来は楽しいものが辛いと思うようになり、

結果的には効率が悪くなります。

 

普段から余裕を持った生活を心がけることが大切です。

何でも急のつくことをすれば、負担はその分かかります。

 

子育ての時間を確保するときも同じです。

子育ての方法が悪いと、

親である自分自身が精神的に落ち込むのももちろん、

子どももそのような性格になりやすい原因となります。

 

なるべく、気持ちよく子どもと接したいところです。

人生はなるべく、楽しく過ごしたいものです。

一つ一つの時間を大切にするためにも

子どもと接する時間をより長くしたいです。

 

特に、まだ幼い子どもを育てている方たちに意識してほしいです。

この記事を読んでもらって

少しでも子育てに対しての意識が変わると喜ばしいです。

 

これから、皆さんの子育てを応援します。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

親のストレスは子どもにぶつけられる。それを避ける方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA