少年野球チームが息子を大きく成長させてくれました!

少年野球チームが息子に与えてくれたものとは?

小学3年生の男の子です。

私は子供を少年野球チームに入団させて本当に良かったと思います。

息子は小さい頃から少し引っ込み思案で、

すごく大人しいタイプではありませんが、

保育園の参観日などの様子を見ていると、

お友達が遊んでいるのをずっと羨ましそうに見ているだけで、

自分から仲間に入れてと言えない感じでした。

 

私自身の幼少期も本当におとなしい子で、

悲しい思いをしたり友達をすごく羨ましく思ったりしたので、

私に似てしまったと思い、

息子を心配して保育園の先生に相談したりしていました。

 

小学校に入学すると、

体の大きな息子を見た同じクラスのママから、

少年野球チームに入らないか?と誘われました。

 

お金のこともありましたし、

仕事が忙しい中でお茶当番に行けるのか?

や私自身は全く知らない世界だったため、

不安でしたが息子にどうしたいか聞いてみたところ、

やってみたいと言ったので子供の意思を尊重して入ることにしました。

 

夫は、高校時代甲子園に行ったくらいの野球少年で、

今でも社会人野球のチームに所属しています。

 

息子の少年野球の話は飛び跳ねて喜んでいました。

そんな夫の噂を聞き、少年野球のコーチをしてくれないかと頼まれ、

息子は団員として

夫はコーチとして毎週土日に練習に行く生活が始まりました。

 

入団初日は、引っ込み思案の息子なのでなかなか入っていくことが出来ず、

めそめそしているのを無理やり引っ張っていく感じでした。

 

団員の子供たちは、みんなはきはきとしていて、

監督にやコーチにきちんと挨拶をしていました。

 

私はこの子はちゃんとやっていけるのだろうか?

不安で入れてしまったことが、

かわいそうだったんではないかとさえ思いました。

 

夫には、お母さんが見ていると甘えてしまうから、

初めは来ないほうがいいと思う。

と言われ行きたい気持ちをグッとこらえて夫に任せることにしました。

それでも夫が仕事で行けないときなど練習している様子を見ると、

苦しそうな顔で一生懸命走り回り監督からの

厳しい言葉に落ち込んで泣きそうになっている息子がいました。

でも泣いてはいません。

その姿を見て、息子は必死に頑張っている。

 

今の時代あいさつの事、礼儀の事でこんなに怒ってもらえる環境は

むしろ有難いことではないか。

 

私が心配している場合ではない。

全力で息子を応援しようと心に決めました。

息子のいる少年野球チームは、

低学年の子と高学年の子で分かれて練習しています。

 

4年生から実力のある子どもがレギュラーで試合に出られるようになります。

入団してから半年くらいたった時、

息子が初めて低学年のチームで

近隣のチームと練習試合に出ることになりました。

 

まだピッチャーをまともに出来る子供がいなかった為、

投げたふりをしたタイミングで

固定された棒の上にボールを置いて打つというものでした。

 

一生懸命頑張っていましたが、

残念ながら完敗。

 

監督に大目玉をくらいました。

その試合が刺激になったのか、

息子は休まず練習に行くようになりました。

 

コーチである父にはコツや方法をまめに聞くようになり、

明らかに野球に対しての向き合い方が変わってきたのです。

それから3年間頑張り、

現在は野球の試合を見ても他のチームに引けを取らないチームに成長し、

親として誇らしい気持ちになります。

息子は少年野球に入団して打ち込む事が出来たことで、

自信に満ち溢れた姿に変わり、

今まで引っ込み思案だった事を忘れてしまいそうです。

 

最近は学級長に立候補するまでになり、親も驚いています。

また、今まで遊び相手だった父親のことを、

野球を通して尊敬に変わったようで、

以前よりもいい関係になっていると思いますし、

私自身も息子から刺激を受けて一緒に少しずつ成長させてもらっています。

 

今は、来年のレギュラーを目指して頑張っている息子を

全力で応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA