子育てのアイデア「子どもの誕生日に目標を3つ決める」

ゲーム感覚で誕生日を迎えたから出来ることを3つ決めよう!

私の子供は男の子で小学校1年生と未就学児が一人います。

私の子育て経験の中でこれをやってみて良かったという事は、

「誕生日に目標を3つ決める」という事です。

 

これは今年から始めたことなのですが、

子供がもうだいぶしっかりとしてきているので

ゲーム感覚で誕生日を迎えたから出来ることを3つ決めよう!

という感じで考えました。

今回私の5歳の子供に決めたことは、

・自分の名前をひらがなで書けるようになる

・時計が読めるようになる

・はしが持てるようになる

という事を決めました。

 

その結果、「自分の名前をひらがなで書けるようになる」

というのはクリアしました。

 

「時計が読めるようになる」というのもあと少しでクリアしそうです。

「はしが持てるようになる」というのがまだまだという感じなのですが、

私はクリアできた目標は赤い線で消してあげて、

花丸をあげました。

 

そしてシールをプレゼントしました。

結構これってとても嬉しがってくれたので、

正直やってみて良かったなと感じました。

なので来年もそうやって目標を3つ掲げようと思っています。

この「目標を決める」という事は大人でも大事だと思うのですが、

特に子供は3つまでというのがみそだと思っています。

 

その理由は、人間はあまりたくさん物を用意しても

なかなか覚えられないというのがあるからです。

 

なので目標を決めるとしても最高で3つまでという事にしました。

最終的に物事を決めるときには

あまりたくさんの選択肢を用意していても

なかなか決められないというのが理由なのですが

結構色々なことに対して考えることがあったので

今回は3つまでという事にしました。

私は今回子供に対して行ってみて良かったのは、

私自身もこうやって自分に目標を掲げる

と良いのかなという事があったからです。

 

私自身はもう大人ですがやっぱり目標を見失ってしまうと

それだけで気持ちも下がってしまいますし、

なかなか思い通りにならないことが多いと思います。

 

なので最近は子供たちと一緒に

自分の月の目標も立てようと思って頑張っています。

 

子供と同じように、親である私も

1年に一度目標を立てることによって、

気持ちが変わってきます。

 

子供が頑張っているのだから親も頑張らなくちゃな、

という気持ちになります。

ですので私は目標を掲げたことが

とても良かったんじゃないかなと感じています。

 

私自身なかなか子供たちにしてあげることが少ないのですが、

今回の「目標を決める」という事はただ紙に書いて

リビングに貼っておくだけでよかったのでお金もかかりませんし

初期費用も掛かりませんので良かったなと感じています。

 

最終的に私は子供たちのそばで

ずっと子供の成長を見守っていきたいと思っているので

また来年も新しい目標を子供と一緒に決めたいと思います。

 

残りの「はしが持てるようになる」というのは

まだなかなかできていないのですが、

もう少しでつかめるようになりそうです。

いまはまだ箸についている支えのわっかを使って

箸を使っているのでこれから先が楽しみです。

 

やっぱり日本人に生まれたので

箸はしっかりと持つべきだと思っていますので

きちんとこの目標が達成できればいいなと思います。

 

今回の取り組み「目標を決める」という事は子供だけでなく

親の私たちもやって損はしないことだと思います。

 

私は知ってほしくない目標は

自分の手帳に書いたりして、

子供に負けないように取り組んでいます。

 

勝ち負けではありませんが

子供たちはとても頑張り屋さんなので

親である私も頑張ろうという気持ちになります。

あと少しでパパの誕生日にもなるので

パパにも目標を聞いてみんなの目標を

リビングに貼っておいてもいいかなと感じました。

リビングに貼るというのが

一番目に付くので良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA