子どもには失敗経験も必要!

失敗の経験を糧にして子どもは成長する

私には小学4年生、小学2年生、4歳の3人の子供がいます。

今回はその中の長女に関する体験談です。

 

長女はよく言えば要領がよく

努力しなくてもそれなりになんでも出来てしまうタイプの子です。

練習をすれば、もっと出来るはずなのに、

何をしなくてもそれなりに出来てしまうので、

本人に競争心がなく、まぁいっかと思ってしまう性格で、

親としては頑張って達成した喜びや

努力する事の大切さを知って欲しいと常々思っていました。

 

長女はピアノを習っています。

ピアノは習い事の中でも予習が必要な習い事です。

 

そのピアノでさえ、習い事の当日に1、2回弾いて予習が終わり

と言うような状況が続いていました。

ピアノは年に一回発表会があります。

発表会の曲が先生から伝えられ、楽譜を貰ってきても、

やる気はそう変わらず、それなりに弾けるようになってしまうと、

あまり練習もしなくなってしまいました。

 

はじめのうちは、私も「練習した方がいいと思うよ~。

◯◯の発表会家族皆で楽しみにしているよ。」

と練習を促していたのですが、

それでも変わる事がない長女の態度に、

私はこれはもしかしたらよい機会かもしれないと思い、

口出しするのをやめる事にしました。

ピアノに関わらず、今まで娘にもっとこうしてみたらいいんじゃないかな?

とかやった方がいいよ!と口出ししてきましたが、

それは親の意見の押し付けであって、

本人がやる気を出して自分からやらなければ、

意味がないと思ったからです。

 

ピアノの発表会でうまく弾ければ、

それはそれで本人が納得出来ればいい事ですし、

うまく弾けなければ、

その時には何か思う事があるかもしれません。

 

結局は自分が思い感じなければ、

何も変わる事はないだろうと思いました。

 

これから先、まだまだ長い人生色々な事を経験して

自分で考え決断して成長していって欲しい。

 

それを見守っていこうと思いました。

そして発表会当日。

 

朝から娘が緊張しているのは感じていました。

それでもピアノは一回も触ることなく会場に向かいました。

 

ステージの上では、この日まで沢山練習して

とても堂々とピアノを弾く子供たち。

 

私も娘の番がくるまで他の子供たちの発表を聴きながらも

緊張してあまり耳に入ってきませんでした。

 

しっかり練習してないのを知っているだけに

気が気ではありませんでした。

でも、今思うとこのように感じている時点で

私は娘がうまく弾けなかった時の

周りの目が気になっていたのでしょうね。

 

まだまだ子供に寄り添えてはいないなぁと

改めて反省しています。

 

でもその時は口出ししないで本人に任せた初めての事だったので

仕方なかったのだと思っています。

 

そして、いよいよ娘の発表の時間になりました。

順調に弾き始め、やはりそれなりにうまく弾けていました。

このまま順調に弾き終わるかなと思った時、

手がとまりました。

2、3度間違えた音を鳴らし、

自信なさげに弱い音で何とか最後まで弾き終わりました。

 

本人もやってしまったと言うような顔で

会場に礼をしてステージから降りました。

 

やはり、もっと嫌々でも練習するべきだったかな、

娘は落ち込んでいるかなと色々考えましたが、

これも娘にはよい経験になるに違いないと思い、

心を鎮めました。

 

発表会の後、娘に発表会の感想を聞いてみました。

どんな事を言うんだろうとドキドキしながら聞きましたが、

意外な答えが返ってきました。

「発表会楽しかった!来年はこんな曲が弾きたい!」

娘にはうまく出来なかった事は

そんなに響かなかったのかと残念に思いました。

 

それでもピアノを嫌いにならなくて良かったと言う気持ちもありました。

発表会が終わり、通常のピアノのレッスンが始まった頃、

予想していなかった変化が娘に見えるようになりました。

 

学校から帰ってきたら、夜になる前にピアノ練習する!

と自分から進んでピアノに向かうようになったのです。

 

しかも、今まではすぐに分からないから弾かないと言っていたのに、

分からないと言う言葉を使わなくなりました。

 

ここはこうかな?お母さん教えてくれる?

そんな言葉が聞こえてくるようになりました。

きっと発表会を経験した事で

娘は何かを感じてくれたんだと思います。

 

本人に任せて見守って良かった!

と本当に嬉しく思いました。

 

もちろん、また中弛みの時期が来るかもしれません。

私も口出しを完全にやめる事は出来ないと思います。

可愛い娘ですから、うまく出来て欲しい!

皆から好かれる子になって欲しい!

とどうしても思ってしまいます。

 

それでもぐっと一回考えて、

本人に任せてもいいと思った時には

見守る事も本人のこれからにとっては必要なんだな

と言う事を学びました。

 

今後も親子で悩みながら成長していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA