この方法で寝かしつけが上手くいきました

寝かしつけに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

未就学児の女子です。

赤ちゃんの寝かしつけについて

うちの場合ですが、上手くいった方法をお伝えします。

 

我が子は月齢が低い頃、

寝つくのが下手で夜は寝かしつけを始めて

布団に置けるようになるまで毎日2時間以上かかっていました。

眠りも浅く、咳をしても目を覚ましてしまうため、

寝かしつけ中はくしゃみも我慢、

トイレに行きたくなってもひたすら我慢していました。

 

そんな我が子の寝かしつけにほとほと疲れ果て、

泣いている我が子を見守るネントレを試みたのですが、

やはり親たるもの、

子供がギャンギャン泣いている姿を見てしまうと、

見守るだけではかわいそうに思い、

手を出さずにはいられません。

 

泣き声が近所迷惑にもなりますし、

すぐに根負けして抱っこしまい結局失敗に終わりました。

当時の寝かしつけ方法は、

暗い部屋で授乳しているとウトウトしてくるので、

そのまま抱っこしてゆらゆらしながら

1時間30分程して布団に置くと寝てくれるという感じでした

(ちなみに1時間くらいだと

布団に置いた瞬間にぱっちり目を覚まし、

1から寝かしつけの再スタートでした)。

 

寝かしつけに関しては悩みに悩んでたくさん調べました。

しばらくして、他の方法も試してみようと、

授乳してウトウトしているときに

布団に置くという方法を試してみました。

授乳してウトウトしてきたところを見計らって布団に置いてみると…

案の定、布団に置いた瞬間にパチリ!

目が覚めてしまい泣き出してしまいます。

 

ではもう一度!

パチリ!えーーん

もう一度!

パチリ!えーーーーん!

ということを15回繰り返したあと、

なんとすやーっと眠りに入ってくれたのです!

眠さの限界がきて諦めてくれたのでしょう。

翌日は7回、その翌日は3回とだんだん回数が減っていき、

最終的には明るい部屋で授乳し、

暗い部屋に連れて行き隣で添い寝するだけで

そのうち寝てくれるようになりました。

 

赤ちゃんの学習能力に感動するとともに、

寝かしつけの楽さに喜びました!

赤ちゃんにおっぱいや抱っこがなくても

お布団でも安心して眠れるということを

教えてあげられたのだと思います。

 

赤ちゃんの寝かしつけに関しては

入眠の儀式をつくってあげるのが大事なので、

それを授乳や抱っこではなく、

添い寝や背中をトントンするなど

親が楽にできる他の方法を教えてあげるといいと思います。

 

入眠の儀式を変えるにあたって、

初めは赤ちゃんも戸惑ってしまうので、

泣いたりなかなかうまくいかないと思います。

 

わたし自身、初日は授乳して

ベッドに置いての繰り返しを15回もしましたし、

この寝かしつけ方法で本当にうまくいくのか

と疑問にも思いましたが、

その寝かしつけが定着して以降、

添い寝をするだけで

10分程度で眠ってくれるようになったので、

この方法をとって良かったなと感じます。

寝かしつけが楽になったことで、

寝かしつけたあとの自分の自由時間が確保できるようになりましたし、

気持ちにも余裕が持てるようになり、

日中赤ちゃんに接するときも

優しい気持ちでいられることが多くなりました。

 

育児は疲れるので、

睡眠時間は多く確保したいですしね。

 

初めから布団で眠ると、

眠りが浅くなったときでもママが近くにいると分かれば

安心してまた眠ってくれるようにもなりますし、

夜間断乳も寝かしつけを授乳に頼っていないためか、

スムーズに完了できたのではないかと思います。

 

また、良質な睡眠がとれているからなのか、

子どもも朝起きたときご機嫌で日中もにこにこ機嫌がいいですし、

子どもにとってもいいことをしたと思います。

 

赤ちゃんによって性格が違うので

万人に効く方法ではないかもしれませんが、

寝かしつけに悩んでいる方の

お役に少しでも立てればいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA