小学6年生の女の子です。

やってみて良かったことは2つあります。

 

本人の希望で入会したのは、

くもんとスイミングでした。

 

私自身が算数や数学が苦手でしたので、

どれだけ続くか正直心配ではありましたが、

3年生の6月から、6年生の6月まで続けました。

 

中学2年生のレベルまで到達し、

私は既についていけない状態になっておりましたが、

学校では算数が得意で、算数だけでなく

漢字などのテストでも負けたくないという気持ちで

積極的に取り組んでいる姿をみて、

昔の私とは大違いだなあと感心させられました。

宿題が多く、大変な状況ではありましたが、

頑張ってやり切ってくれてよかったです。

 

スイミングに集中させるため

やめさせる決断をしてしまいましたが、

学習に取り組む姿勢は忘れずに、

今後も頑張っていってほしいと願っております。

 

スイミングに関しては、幼稚園年長の2月から始めました。

小学校入学直前でしたので、

割とのんびり頑張ってきましたが、

5年生頃から上を目指す気持ちになり、

プロフェッショナル級に昇格した際に

育成クラスへの推薦状が出たのを機に、

より速くなりたいという気持ちで取り組むようになりました。

 

5年生の春に参加したクラブ主催の大会で

リレーのメンバーとして呼んでいただき、

そこで優勝し、「選手コースに移って、もっともっと頑張ってみないか。」

と先輩やコーチから声を掛けていただき、

推薦状と体験を経て、6年生の7月からは選手コースに移籍し、

週に3~4回レッスンに通うようになりました。

9月の大会で、ますますタイムに関して課題が増えたようです。

練習用のフィンなどの用具も新調しました。

 

一生懸命頑張って、春の大会で成長していたいし、

中学に上がったら部活として水泳をするかどうかなど、

いろいろ考えながら努力していきたいということで、

私は送り迎え等で応援させてもらいます。

 

スイミングを通じて、

コーチや先輩や素敵な仲間にも出会えました。

 

中学に上がる前に「先輩」という存在を知ることができたのは、

とても大きなことだったと思います。

 

本格的な部活動が小学校にありませんでしたので、

頑張ってスイミングを続けたことから、

お互いに競い合って伸びていける環境に身を置くことができたことは

とても喜ばしいことだと思いました。

水着や用具や大会の費用など結構かかっていますし、

夜間の練習なので下の娘には現時点でいろいろ迷惑を掛けてしまい、

本当に申し訳ないと思っています。

 

しかし、彼女にもチャンスがあれば

上のコースで頑張ることのすばらしさを

教えてあげられたらと願っています。

 

また、スイミングをするようになってから

カラダが丈夫になったのも事実です。

学校を休みことが少なくなりましたし、

振替がきかないレッスンでしたので、

「休みたくない」という気持ちで

体調管理をしてくれたのもうれしかったです。

 

カラダも丈夫になり、子どもが熱中するものも見つかり、

一石二鳥以上の収穫だったかもしれません。

 

安心して競技を続けていけるよう、

私ももっと稼がないといけませんね。

 

主人にも協力を得られるような結果を残してくれるとうれしいところですが、

何はともあれ自分自身のために頑張ってほしいです。

 

送り迎えをする中で、

一緒に頑張っているお母さま方ともお話しできるようになりました。

 

私も頑張らなきゃと刺激を受けるところもあります。

スイミングがつなげてくれたご縁を大切に、

親子ともども頑張っていきたいです。

 

練習や環境など、

いろいろな厳しい場面に遭遇することでしょうが、

厳しい中でも楽しむ余裕を持ちながら、

長く頑張っていってほしいという気持ちで、

応援し続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA