トイレトレーニングのリアルな経験談

私が辛かった壁はトイトレーニングです

上の子が女の子で幼稚園年中で、

下の子が男の子で満3才入園の幼稚園児です。

子育て中には様々な壁にぶつかります。

 

例えば夜泣きや

離乳食を食べてくれないとかイヤイヤ期です。

 

その中で私が辛かった壁はトイトレです。

まず上の子はトイレすら行ってくれない

という事から壁はスタートしました。

トイトレをしないといけない歳。

同い年の子を持つママ友は

どんどんトイトレの失敗談や

お漏らし対策等を話ししている中で

私は何も進んでいない現実が辛かったです。

 

実際は子どもの方が

急にトイレで排泄しなければならないと言われて

戸惑っていたのかもしれません。

 

トイレへ行こうと誘っても拒否します。

なのでオムツは赤ちゃんしか使えない事や

来年から行く幼稚園にはオムツでは行けない。

 

だからトイレへ行く練習をしようと

何度も根気よく伝えました。

 

トイレへはなかなか行けなかったですが、

尿意と便意は完璧に分かるようになり

普段はお姉さんパンツ(普通のパンツ)で過ごし、

排泄したい時はオムツに履き替えるという

何とも不思議な方法で約半年間過ごしました。

 

その最中でもトイレへ促しますが一向に行く気配はありません。

そこで私が考えたのが子どもの椅子に座って

オムツを履き排泄させるという方法です。

オムツは履いていますが、

椅子を洋式トイレに見立てて

トイレへ移行しやすいようにさせる練習です。

 

何度かその方法で成功したら

今度はおまるを洋式トイレ風に座らせ、

本人のやる気がある時だけオムツを脱いで行うという方法です。

 

一度できたら自信がついたのか

おまるではその後排泄できるようになりました。

 

あとは本物のトイレに置く足台を

お店へ一緒に探しに行って準備を整えました。

 

本人に足台を決めさせたので

その後はトイレでもできるようになりました。

 

早い段階で尿意と便意は分かっていたので

一度トイレでできたら

その後は失敗もせずに過ごすことができました。

次に下の子は尿意も便意もよく分からないけど、

トイレには行ってくれるという感じでした。

 

トイレでオナラを出す練習や

お腹に力を入れる練習を繰り返しました。

この子はトイレへ行く事は

そこまで嫌がらなかったので

何度も何度も同じ事を繰り返し行いました。

 

そうしていくうちに排尿動作はマスターしたもようです。

ただし、でる前に言ってもらえないので

何度もお漏らしをしましたが。

 

なので時間をみながらトイレへ連れて行き

排尿させるという事を今現在も続けています。

 

失敗もたまにあり、

幼稚園の満3歳クラスに入園した今は

週に一度お漏らしのお土産付きで帰ってきます。

 

そして便意の方は分かっているようなのですが

言ってくれないために様子や動作を見て

怪しければトイレへ連れて行っています。

 

なので下の子はまだトイトレ終了とは言えない状況です。

また男の子なので座って排尿するのではなく

立って排尿をするため主人の協力も必要でした。

 

どうしても私たち女性では

細かな動作までは教えることができないので

こういう時は男手が必要です。

 

活躍してもらわないと!

多分このあとは夜間のおねしょに悩む事でしょう。

 

上の子はトイトレ終了とともにおねしょも終了しました。

下の子はまだまだ夜もオムツです。

 

寝る前にトイレへ連れて行ったりできるだけの対策はしていますが、

全く界が見えない状況です。

 

二人の子を育てていますが、

トイトレ一つ見ても全く違う方法で行なっています。

男の子と女の子の違いもあるし性格の違い、

兄弟の上や下の違い等いろいろな違いがあるからなのか

育児本どうりにいかない事だらけです。

 

一人一人どの方法が合っているのか分かりませんが

いろいろな壁にぶつかりながら

これからも子育てをしていきたいです。

 

できれば壁にはぶつかりたくないですが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA