子どもの体力向上健康のために外遊びは大切だと思います。

子どもの健康維持の基本は運動・食事・休養

私は今現在5才と1才の子供を育てています。

子育てをしていくなかで

家庭それぞれ何を第一に考えて育てるのか違うと思います。

 

例えば頭のいい子になってほしいから習い事されたり、

たくさんの経験をさせてあげたり、

スポーツ選手になってほしいとスポーツクラブに入れてみたり、

逆にのびのびと育ってほしいから

ととことん外遊びをさせてみたり、

これだけはしてほしいなと願ったりと

家庭で全く育て方は違うと思います。

 

私の家庭の考えとしては、

のびのび過ごすことと

健康的に育ってほしいという願いから、

子供らしく外遊びや季節のものを感じてほしいので

散歩に出かけたりして

必ず外に出て遊ぶということを取り入れました。

どうしても真夏真冬は

外に出て遊ぶというのが辛いなと思ってしまいますが、

季節関係なく外で遊ばせていました。

 

それをすることでとても子供が健康的に育ちます。

まだ下の子は一歳なのでわからないところはありますが、

上の子はもうすでに健康的に育っているのがわかります。

 

なぜならば、今幼稚園に通っているのですが、

体調崩して休むことがない、

冬になってもとにかく元気で

鼻水すら出なくなったりしています。

 

同じ幼稚園に通っているお友だちなどを見るとよく体調崩したり、

病院に行くなどよく聞きますが

うちの子はそれがほとんどありません。

それはやはり外遊びで免疫を作っていたからなのかなと思います。

そのお友だちなどは

やはり季節のいいときに少し外遊びをさせる程度で

ほとんど外に出て遊ぶということをしないと言っていました。

 

真夏真冬でも遊ぶ時間さえ選べば遊べます。

 

例えば真夏は10時から16時くらいまではとても暑いので

外で遊ぶことは出来ません。

 

でも、朝の10時までかもしくは夕方に外に出て遊ぶのは

そこまで暑くなくて遊ばせることができます。

 

夏は夏でセミがいたり、季節の花が咲いていたりもします。

また真冬は反対で昼間の暖かい時間を狙って遊ばせてあげることで

真冬でも遊ばせてあげることができます。

 

なので、季節関係なく遊ぶことが出来るので

時間があるときにはしっかりと外に出して

遊ばせてあげることが大切です。

 

そして子育てだけでなく、

親も一緒に遊ぶことで一緒に免疫ができたり、

 

風邪を引かない体を作り出すことが出来るようになり、

一石二鳥です。

そして、外遊びをしっかりとした子供たちは当然疲れるし、

お腹がすくし、眠くなります。

 

そのため、夜更かしは当然のことながら出来ませんので

夜になると自然に寝てしまうようになるので

生活習慣が整うようになります。

 

外遊びに親が付き合うとなると大変だし、

家で遊ばせていた方が楽だなと感じることもあるかもしれませんが、

夜にゆっくりとした時間を過ごそうかなと思うと

少し昼間頑張って遊ばせてあげる方が後々楽になるし、

小さいうちは体を作る基礎になるので

しっかりと親子で遊ぶことが大切になってくるのかなと思います。

 

小さいときに基礎が出来ていたら

大きくなって学校に行くようになってきたときには

生活習慣が身に付いているため、朝起こしたり、

一緒になってあわてて送り出したり、

もしくは間に合わないから送っていかないと

いけなくなってしまうことにもなりかねません。

 

だから、小さいときにやっておくことが

とても大切なのかもしれません。

子供の仕事はしっかり食べて、

遊んで、寝ることが何よりも大切です。

 

それを怠ってしまうと

成長にも影響が出てきてしまうことも考えられます。

なので、子育てをしていくにあたり、

この三つをさせてあげるようにすることが

大切になってくるのかなと思います。

 

たまには息抜きをしながら

子供たちと遊ぶことを楽しむことがいいのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA