年子の育児は大変でした!

初めまして13歳と12歳の誕生日が全く同じ奇跡的年子、

上が女の子、

下が男の子

2人とも8月10日生まれ

現在2歳になる離れた息子子育て中、

36歳介護職です。

 

私が出産したのは23歳24歳と立て続けで

2人目の妊娠中はお腹が大きくなりながら

下の子を育てるという結構ハードな毎日でした。

 

おかげ様で無事2人目を産み

2人目が親の意を汲んでくれたのか

とにかく大人しくてよく寝る男の子でした。

反対に上の女の子は寝るのが嫌いで

1歳になる頃には眠くてぐずるのではなく

お昼寝させられるのがいやで泣くような子でした。

 

幼少期に大変だった事と言えばとにかく移動が大変でした。

旦那は仕事で家にいることがほとんどなく、

私は車も持っていなかったため、

横型双子用ベビーカーに2人を乗せ

毎日スーパーや、公園に通っていました。

 

顔立ちも小さい頃はそっくりで

下の男の子が女の子のような顔立ちだったため

見知らぬ人にあら?双子?可愛いいわね!

と必ずのように声をかけられていました。

 

最初は嬉しい反応でもともと双子が産みたかった私は

違うんです。年子なんです。

のやりとりに答えてたち止まらなきゃいけないのに

面倒くさくなった私はある日からあら?双子可愛いわね!

と声をかけられてもそうなんです。

ありがとうございます。

と立ち話から逃げる術を学んでいきました。

今となっては笑い話しです。

双子用ベビーカーはなかなか幅を取るため

私の当時住んでいた近所では通れなかったり、

歩道が狭かったりと結構な重労働でした。

 

その当時私の趣味といえば

2人に自分の好きなブランドの子供服を

全身双子コーデで出かける事でした。

 

2.3歳になる頃には2人は自分達は双子だと思い込んでおり、

近所や、見知らぬ人に可愛いわね?双子なの?

と声をかけられると

うん。

と普通に答えていました。笑

他にも大変だった事は顔もそっくりな2人は体質もそっくりで、

1人が熱を出せば必ずもう1人が熱をだす。

 

1人が胃腸炎になればまたまた2人目が胃腸炎になる。

といった様に病気も2人で一つでした。

 

中でも一番大変だったのが旦那の家系の遺伝で熱性痙攣です。

38度を超える熱を出すといきなり白目をむき手が震えだすという

一瞬死んじゃうかも?

と焦ったのをよく覚えています。

 

初めて発症したのが上の子1歳半の時

一緒に風邪をひいていた2人が寝ていて一瞬目を離した隙に

上の子が何の前触れもなくいきなり呼吸が浅くなり

白目をむき、読んでも反応がなかったのです。

 

びっくりした私はすぐに救急車を呼び医療センターへ救急搬送。

結果は遺伝性熱性痙攣で、大きくなると自然と治る。

とのお話しでした。

 

 

それからは高熱が出るたび2人とも熱性痙攣を頻繁に起こし、

小学校低学年までは救急車を年に一度は呼んでいました。

その他は熱性痙攣予防のダイアップを38度出る前に飲ませて痙攣予防。

それでも子供なんでいきなり熱が出て痙攣。

なんてことも多々ありました。

 

最後に熱性痙攣を発症したのは下の子で小学校2年生の時、

久々だったので慌ててしまい

またまた救急車で搬送されました。

それ以降は2人とも熱が出ても痙攣症状が全く出ず現在に至ります。

 

上の子が小学校3年性の時

夫婦の都合で子供は全く悪くないのですが、

離婚調停、親権争い裁判を行い

私が勝訴し子供と3人の暮らしをしておりました。

 

もともと上の子はパパっ子で

パパが大好きだったのに離れるのが嫌だと

離婚しても近所に住んでいた私のアパートからよく家出をして

警察沙汰になったこともあるくらい頻繁に逃げだしました。

 

反対に息子はママっ子だったので

いつも私の側を離れずパパに会いたいなんて

現在12歳ですが一度も聞いたことが無いくらいです。

 

そんな早くに反抗期を迎えてしまった娘は

家出が収まっても私の財布からお金を抜いて

雑貨や消しゴムを買い何故だかクラスの子に配る。

 

配られた子供が親に報告、

学校から連絡、呼び出しが何度もありました。

 

怒るとママのせいで離婚したんだ。

パパと住みたいと何度も泣いて訴えられたのは辛かったです。

 

そんな娘も小学校高学年になると落ちつき

家出も財布からお金を抜く行為もなくなり

毎月裁判で決められてパパの家に行かなければ行けない約束ですら

行きたくないと言うくらい

パパの事は忘れたようでした。

 

そんな時再婚・現在の旦那と結婚出産しました。

上と丁度10個違いで、

娘は年の離れた弟が可愛くて可愛くてしかたなく

もう半分おかぁさん気取り。

一番下が1歳になるころには、

おねーちゃんと寝る。

おねーちゃんとご飯食べる。

おねーちゃんとお風呂入る。

とどちらが母親か?

くらい10個上の姉に懐いていました。

 

年子の下の息子は反抗期も迎えず

現在12歳、弟の面倒をよく見て何故だか勉強はしないのに頭がいい。

と先生に言われるくらい私に似ず頭脳明晰です。

 

一番下の息子が1歳になってから

私は当時家計も大変だったため

企業内保育所付きの今の職場で働きだしました。

 

朝8時半から5時半まで時には残業もし、

帰宅は7時を過ぎることもざらにあり、

家事は分担性で上の娘が料理担当、

息子が洗濯担当と

2人ともよく手伝ってくれています。

 

現在は旦那の連れ子14歳も引き取り

家族6人狭い団地で暮らしています。

 

小さな頃は病気、

娘の反抗期、

ととにかく大変でしたが今となってはいい思い出です。

 

引き取った14歳の息子とも

ホントの兄弟の様に仲良く相変わらず

家事分担で頑張ってくれて、助かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA