3人の年子の男の子の子育てをパパが語る

喧嘩が始まるとなかなか収まりません!

私は、現在31歳の3児の子持ちパパです。

結婚してから6年が経ちました。

 

子供は、現在2歳、4歳、6歳の3人がいます。

3人とも男の子なので、

家の中は、常に散らかっています。

 

毎日が騒がしく大変ですが、

私以上に子供たちをしっかり見てくれているのが

妻であります。

1人ずつ子供を紹介したいと思います。

 

長男は、現在保育園に通っていて、

保育園の年長なので、来年から小学校に通います。

 

長男ということもあり、

最も大切に育てられたと思います。

 

そのせいか、少し神経質な性格です。

保育園に行き始めた頃は、なかなか行きたがらずに、

 

毎朝妻は、かなりの苦労をしたと聞いてます。

入園式に号泣して、

とても大変な思いをしたことを今でも覚えています。

 

しかし、時が経つにつれて、

友達も増え、

今では何の心配もなく通うことができています。

 

運動会や行事ごとでは、普段では見られない姿で、

自分の子供ながら感心しました。

 

来年から小学生なので、心配なこともありますが、

長男としてしっかり頑張って欲しいと思います。

 

1番甘やかし、大事に育ててきた子なので、

祖父母の期待も大きいです。

 

2人目は、あまり手がかからない楽な子でした。

上と下に挟まれているため、

1番手をかけてもらっていないので、

少し可哀想な部分もあります。

 

長男とは異なり、とても元気で好奇心旺盛な子です。

見知らぬ人でも、平気で話すことができるし、

人見知りなど、一切しません。

 

なかなかわがままな性格から、

長男にも三男にもあまり好かれていません。

 

ただ、この子は、長男のことも、

三男のことも大好きです。

 

なんとも言えないこと可哀想な状況なんですが、

この子なりに色々考えて生活しています。

 

長男の背中をみて、すくすく育っています。

保育園も長男とは異なり、

最初から嫌がることもなく

スムーズに通うことができています。

 

保育園でも、好き放題やるようで、

保育園の先生に怒られることも多いそうです。

 

この図太さが、私の中では、

これからの人生で役に立つのではと、

勝手に期待しています。

 

3人目は、1番暴れん坊です。

長男も次男も私になついていますが、

三男はまったく寄ってきません。

完全に母ちゃんっ子です。

上2人をみて、育っているので、

何をするにも一番早いです。

 

言葉を喋ることも、歩き始めることも、

3人の中で、1番でした。

体は1番小さいですが、食欲は1番あります。

 

泣き声もとても大きいので、

泣き出すとかないません。

 

この子は、長男のことは好きですが、

次男のことはあまり良く思っておらず、

よく喧嘩しています。

 

3人の特徴は、こんな感じです。

顔は、次男だけ少し違いますが、

よくみんな似ていると言われ、

3人ともわたしによく似ていると言われます。

 

2人が今は保育園に通えているので、

平日は嫁も今はだいぶ楽ですが、

3人ともしばらく妻が1人で見ていたので、

その頃は、本当に大変だったと思います。

 

あと少しで、気が狂いそうなこともあったそうです。

私の仕事上、平日は休みがなく、

土日も仕事があることもあるので、

妻には本当に頭が上がりません。

 

子供の成長とともに、

子育ても楽にはなってきていますが、

まだまだ大変なことも多いように思います。

 

どのような所が、大変だったか嫁に、聞いてみました。

 

大変なこと、1つ目は、

3人にはそれぞれのペースがあるというこです。

 

食べ物の好み、食べるスピード、

好きなことなど、これも様々なので、

困ることが多かったようです。

私も3人を連れて遊びに行ったことがありますが、

数時間で半端なく疲れます。

 

2つ目は、3人とも男の子なので、

何をするにも激しいということです。

 

1人でも女の子がいれば、

もう少し違った展開になるかもしれませんが、

家の中の散らかり方や喧嘩が始まると、

この年でもなかなか大変と妻は言っています。

 

今後体が大きくなり、成長したときには、

妻の手には負えないと言っています。

 

私も子供に負けないように、

しばらくはトレーニングにしっかり励んで、

尊敬される父になりたいと思います。

 

3つ目は、男臭いとよく言われます。

妻以外、我が家には女性がいないので、

よく部屋で男臭いといわれ、

スプレーを吹きかけられることがあります。

これはどうしようもありませんが、

悲しいです。

 

今は年齢的にもとても大変な時期で、

苦労も多いです。

 

さらにこれからは、何をするにも

どんどんお金がかかると思うと不安なことばかりです。

 

私たち、家族が助かっているのは、

近くに私の両親が住んでいることです。

 

私の母親も父親もとても大事に

孫の面倒を見てくれて、

困ったときは、いつでも助けてくれます。

 

母親は、保育士をしていたので、

子供の扱いが上手く、三人ともとても慕っています。

 

父は、私にとってはとても怖い存在でしたが、

孫にはとても甘く、

丁寧に接してくれています。

 

三人の男の子を育てることは、

とても大変です。

妻だけでなく、

私は両親にも助けられています。

 

子供たちのために、

私は仕事を頑張り、

休みの日は、なるべく子供たちと過ごし妻を助けたいと思います。

子供たちのためにこれからも頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA