志摩スペイン村  子連れおすすめスポット情報 三重編 子供といっしょに遊びに行こう

子供と一緒に遊びに行くのにおすすめの場所として

「志摩スペイン村」を挙げます。

 

志摩スペイン村は、三重県志摩市にあるテーマパークで

その名の通りスペインの文化や歴史に触れることのできる施設です。

この施設がおすすめである理由は3つあります。

 

一つ目は、夏休み、GWなどのオンシーズンでも

そこまでひどい混雑はせず、

家族でゆっくりパーク内を回ることが出来るからです。

オンシーズンは家族連れや学生たちの来場も増えますが、

パークの敷地が広大であるため

歩きにくいほど混雑していたり、

子供がはぐれてしまったりする恐れはほとんどないかと思います。

子供がまだ小さければ、

ベビーカーを押してのんびり回ることもできます。

 

また、アトラクションの待ち時間もほとんどないため、

子供が途中で退屈してしまうということもないです。

 

乗りたいと思ったアトラクションにすぐ乗れる、

一日に何度も乗れるというのは

とても大きなメリットだと思います。

 

レストランなどもいくつかあるため、

混雑が緩和されており、

わざわざ時間をずらさなくても入りやすいです。

 

二つ目は、アトラクションのバリエーションが多いからです。

絶叫系が好きな子供であれば、

ピレネーやスチームコースターアイアンブル、グラモンセラーなど

本格的なジェットコースターを楽しむことが出来ます。

 

こちらは、大人が乗っても

かなりスリルを味わうことが出来るジェットコースターです。

 

絶叫系が苦手な子供には、

ドンキホーテ冒険の旅や、

フェリスクルーズ等ゆっくり乗っていられる

ライド型アトラクションがおすすめです。

 

知り合いの子供と来園した際、

ドン・キホーテ冒険の旅に乗ったところ、

パークのキャラクターたちがたくさん登場しており、

船のような乗り物で空を飛んでいるような光景だったので

とても喜んでいました。

また、アルカサルの戦いアデランテでは、

銃を使って怪物を狙っていくシューティングゲームで、

最後にはプレイヤー毎の得点も表示されます。

 

ゲームの中に入り込んだようなアトラクションとなっており、

大人も子供も楽しむことが出来ると思います。

コーヒーカップ(実際にはトマトですが)や、

メリーゴーラウンドといった王道のアトラクションもあり、

一日中楽しむことができます。

 

他の遊園地にみられるような

アトラクション毎に料金がかかるものではなく、

最初に入園券を買っておけば乗り放題であるというのも魅力です。

また、筆者が子供の頃、

大好きだったアトラクションがクエントスの森です。

 

クエントスの森は、

クエントス爺さんがスペインにまつわるおとぎ話を読んでくれる森です。

日本の昔話とは違い、小麦やチーズ、ブドウ等、

西洋の文化を感じることができるお話となっています。

 

すべて置物なのですが、

森の中を歩いていくと生き生きとした場面が切り取られている置物がたくさんあり、

朗読の音声と相まって

まるで動物たちが暮らしているおとぎの森に入り込んだかのような

わくわくするアトラクションです。

 

日本の昔話とスペインの昔話の類似点や違いについて、

親子で話してみると面白いと思います。

三つ目は、スペインの文化に触れることが出来るからです。

先述したピレネーはフランスとスペインの国境にある、

ピレネー山脈から、

キャラクターのドンキホーテはスペインの小説家

セルバンテスの有名な冒険小説「ドン・キホーテ」

から来ていると思いますが、

このパークのいたるところに

そうしたスペインの文化を発見することができます。

 

レストランでは、スペアリブやパエリア等

スペインの料理を食べることもできます。

 

また、スペインの歴史や風土についての展示もあり、

子供でも理解することができる内容となっているので、

楽しいだけではなく異文化について学ぶこともできるという点がおすすめできる理由です。

以上、3つの理由から、「志摩スペイン村」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA