子育て世代の家事の時短術 

我が家の家事の時短術を公開

共働き、小学生低学年の子ども二人の家庭です。

食材の買い物は、コープデリの宅配を利用しています。

特に、お米などは定期便で登録しているので、

重くて運ぶのが大変なものがタイミングよく自宅に届くのが、

とても便利です。無洗米を使っています。

 

食材では、冷凍品で、凍ったまますぐにフライパンで

調理できるフライなどが、時短におすめです。

 

コープ商品の「冷凍の甘辛チキン南蛮カツ」は、

電子レンジで解凍後、

フライパンで卵とじにするとカツ丼がお手軽にでき、

子どもたちもお気に入りの味です。

みじん切り野菜の冷凍品も活用しています。

その他の普段の買い物は、夫が仕事帰りに週に数回、

スーパーに寄って買ってきています。

スーパーも、近所の何軒かを、その時買いたいものによって、

より安い店で買えるよう、使い分けています。

 

買い物リストは、夫婦でメールなどを使い共有しています。

週末には、野菜などをゆでて小分けにしたものを冷凍でストックし、

普段の食事で解凍し、彩りを添えたりしています。

 

休日は、夫に子どもたちを外遊びに連れて行ってもらい、

その間に、落ち着いて作業したい家事に取り組むようにしています。

ホワイトボードに、子どもたちの予定や、

やりたいこと等を書き出してもらい、

見える化をすることで、効率よく家事をしたり、

子どもに進んでお手伝いに取り組みたくなるような工夫をしています。

 

特に、掃除機は、子どもたちが使いたがるので、

子どもたちのお手伝いとして、

楽しみながらやってもらうことで、効率よくできます。

子どもの学用品は、残り少なくなってきたものをチェックしておき、

なるべくまとめて一回の買い物で、一気に揃えられるようにしています。

 

洗濯は、夜のうちに洗濯機を回しておき、

子どもが起きる前の早朝に干しています。

夫の職場が自宅に近いので、

会社の昼休みにはいったん自宅へ帰ってもらい、

洗濯物を室内へ取り込んでもらっています。

 

たたんでしまう、アイロンがけは私がすることで、

家事が分担ができてスムーズにこなせています。

 

疲れがひどい時には、あえて少し休んだり、

自分の好きなことをする時間を挟むことで、

その後の家事を頑張る英気を貯めています。

 

お風呂や流しの掃除などは、普段から使用後に、

ちょこっとずつ掃除をして、

汚れを溜めないようにしています。

 

汚れのひどい部分の掃除には、子どもの小さくなった

お古の洋服などをぞうきん代わりにし、

使用後はそのまま処分してしまっています。

雑巾を洗う手間が省けます。

 

調理中は、タイマーを使い、

時間を決めて子どもたちにテレビを見ていてもらい、

その間に完成させられるように心がけながら、

段取りを考えて手際よく料理を完成させます。

 

食事中も、食卓に時計を置き、食事がダラダラと時間がかからないよう、

意識してもらうようにしています。

 

部屋の片づけ・掃除が大変にならないよう、

種類別に入れる大きめのお片付けボックスを用意し、

子どもが続けられる簡単な片づけ方法にして、

部屋の散らかりがひどくならないようにしています。

 

自分の手帳に、家族の予定も書き込んで置き、

家事・育児・仕事をスムーズに並行して

計画を進められるようにしています。

 

夫にも、その情報を共有してもらっています。

ですが、計画通りにいかないことも多いので、

フォローしあっています。

子育て世代は節約術も必須!

節約術は、子供向けのテレビ番組の入れ替わりの時期に、

子ども用品の店に買い物に行きます。

 

そうすると、終了間際のアニメや特撮ヒーローの洋服や

グッズが値下げしているので、安く買うことができます。

 

終了したアニメのキャラクターものでも、

意外と嫌がらずに着てくれます。

 

シーズンが過ぎたものも、来年用にと、

値下げ品を大きめサイズで買いだめしております。

バザーやリサイクルショップも利用しています。

地元のイベントだと、クラフト作家さんが

可愛いものを安く販売していることもあり、

素敵なものが安く手に入ったりもします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA