賢いママが実践しているワンオペ育児の時短術と節約術 

野菜の加熱調理にもちょっとした工夫を

私は現在、一歳の子どもを育てている真っ最中です。

ワンオペ育児が主となるので、

時短や節約はものすごく日々考えさせられます。

手探り状態での子育てですが、

その中で、私が見つけて今実践中の方法をご紹介します。

◆離乳食作りの時短

私の子どもは、食に対して好き嫌いが激しく、

好きなものは自分で手掴みで食べてくれるのですが、

嫌いなものになると、見向きもしてくれません。

 

栄養のことも考えて、いろんな物を

まんべんなく食べてほしいのですが、

どうしても甘い果物や、炭水化物ばかりを食べてしまうので、

いろんな料理を作っても結局は食べてくれずに

終わるということもあります。

 

さらに、離乳食というのは、

子どものために野菜を柔らかく煮込んだりと時間がかかります。

それに、時間をかけて火にかけたりすると、

電気代やガス代も結構かかります。

 

そこで、私が行っている、時短プラス節約術は、

炊飯器でお米を炊くときに、

野菜も一緒に炊いてしまうという方法です。

 

お米を炊くときに、お米の上にニンジンや、

ほうれん草などの、子どもが食べてくれない野菜も

一緒に入れてご飯をいつも通り炊きます。

 

すると、野菜を別のお鍋で蒸したり茹でたりしなくても、

しっかりと柔らかく野菜に火が通っているのです。

 

なので、ご飯の中から野菜を取り出して、

他の料理に使ったり、そのままご飯に混ぜこんで、

炊き込みご飯のようにしてしまいます。

 

すると、ご飯に混ざっている野菜には気づかずに、

野菜を食べてくれることが多いです。

 

◆使う期間が短期間の洋服の節約

子育て中で、案外お金がかかると感じるのが、洋服代です。

大人の洋服と違って、子どもの洋服は、

体の成長と共にすぐに着れなくなるものであっても、

季節に応じた洋服を用意していないといけません。

 

ワンシーズンしか着ないものもあったりで、

そのような洋服に数千円かかってしまったりするのは、

なんだかもったいないと感じ、最近は、

フリマアプリを利用して、

子どもの洋服を購入することがあります。

 

フリマアプリでは、まだまだ使えるけれども

子どもがサイズアウトしてしまって着れないので

という理由で洋服がたくさん出品されています。

 

数回しか着ていなかったり、

ほとんど美品だったりする洋服もたくさん売られているので、

お買い得商品を見つけて購入しています。

 

冬用のアウターが数百円で販売されていたりもするので、

子どもが小さいときには本当に

このフリマアプリでの購入で節約をすることができます。

フリマアプリ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

PayPayフリマ

地元の掲示板「ジモティー」

フリマjp-かんたん出品フリマアプリ

 

◆日々の日用品の節約

子どもが小さいと、なかなか買い物にも行く時間がないですし、

重たい買い物や数が多い買い物は大変です。

 

なので、私は日々の時短と節約のために、

ネットで日用品の購入を子どもが

寝静まった夜中にするようにしています。

 

ネットだと、毎週、ポイントが多く付く曜日があったり、

タイムセールで商品が安くなっているときがあります。

 

また、子どもの機嫌が悪くなることも考えずに

自分のペースで日用品の買い物ができます。

 

日々使うものなので、少しストックがあっても問題ないものは、

安いときにまとめて購入したりしています。

 

まとめて買うことで、時短にもなりますし、

節約もできています。

 

まとめて購入することで、送料も無料にすることができたり、

無駄な買い物でなければまとめて

購入をすることはとても良いことだと思います。

ネットショッピングでの購入は、

配達の時間指定もできるのであれば、

自分が家にいる日時を確認していれば

スムーズに配送もしてもらえるので、

再配達の手間も省け、重いものの購入は、

玄関まで届けてくれるというのもすごく助かるシステムです。

体力の温存、時短、節約がすべて叶うという、

とても素晴らしいものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA