4歳の娘は左利ですが、矯正する予定はありません

左利きになりたいと言う子もいる不思議な時代です

現在年中の4歳の娘がいます。

彼女を育てる上で経験したことを書いていきたいと思います。

 

【左利きは遺伝?赤ちゃんの頃から兆候があった】

うちの娘はおそらく左利きです。

母親の私、私の祖母、私の実父も左利きであったため、

おそらく遺伝だと思います。

ちなみにわたしは最近知ったのですが、

交差効きというものらしく、

橋や鉛筆は左で力が必要な作業は右など両方をそれぞれ使っています。

 

これは私の母親が右利きだったこともあり、

教えることができなかった部分もあったからだと思います。

 

ですのでわたしは娘が生まれた時、

もし左利きでも矯正はしないようにしようと思いました。

 

そんな中やはり玩具を左手で持っていたり、

スプーンやフォークを左手に持ち替えたりと

仕草を見ているとそんなことが多く、

ほぼほぼ左利きで間違いないと思いました。

 

【ハサミや包丁は右で持たせたいわたし】

わたし自信、唯一左でなくて良かったものがありました。

それは刃物を持つ手が右だったことです。

 

学校やバイト先にはあまり左利き様の刃物は用意されていません。

現在わたしが働いている先にも左利きの子がいますが、

やはり刃物は持ちにくいと言います。

 

その点わたしは右手で教わっていたため、

特に不便を感じずに生きてきました。

 

ここが一般的な左利きとは違う部分です。

ただでさえ制限のある中で生きる

左利きの子に少しでも普段を減らしてあげたいと、

刃物を握らせる時はなるべく右手で教えるようにしていました。

 

しかしやはり脳の問題です。

左利きは障害でもなんでもありませんが、

生まれつき脳の機能自体が全く違うのですから、

こればかりは強制しても仕方ありません。

 

しかしわたしの様に交差効きの人間も

何人かいることは間違いありません。

現在もなるべく声かけをしていますが。

やはり左で持っています。

これはもう仕方ないことだと諦めてはいます。

 

【ぎっちょなの?と年配の方には聞かれ、哀れまれる】

これはわたし自身も経験しましたが、

年配の方にはぎっちょと呼ばれ哀れまれることが多数あります。

最近ではあまりなくなりましたが、

やはり娘を連れて左手で何かをしているとよく声をかけられます。

わたしは酷くこの言葉が嫌いでした。

何度か悩んだこともあります。

生まれつきとは言え、ぎっちょと呼ばれる苦痛は計り知れません。

 

娘に同じ苦労をさせるのが本当に一時期嫌でたまりませんでした。

しかしある時、姑の言葉に救われました。

 

【左利きは器用で頭が良い証拠】

姑は以前左利きの子は頭がよく、

器用だと思うとよく言いました。

 

わたしは残念ながら器用でも勉強ができたわけでもありません。

しかしその次にはこう言いました。

「人より少し苦労するから、絶対に優しい子になる筈」

とも。

この言葉はなかなかわたしを元気づけてくれた言葉の一つです。

 

【左利き用のものは高い!わたしが経験したグッズたち】

左利き用のグッズはわたしが幼い頃よりも豊富になりました。

それだけ今は矯正しないのが当たり前な風潮だからでしょう。

それは本当に良いと思います。

 

左利きの矯正は実際チック症状がでたり

心身に影響を及ぼします。

わたしは特に矯正はされませんでしたが、

実父や祖母の時代は当たり前のように行われてきたと聞きます。

 

左手を使えないように縛り付けたりと結構荒療治だったようで、

実父は針仕事と包丁以外は右でなんでもこなしていました。

 

祖母も針仕事程度でした左利きな部分は見たことがありませんでした。

現在は本当に矯正しなくても良くなった時代なせいか、

様々なグッズが右手・左手用と売り出されているのを見ます。

その中でも良く見るのがしつけ箸です。

 

しかしこのしつけ箸、あまり左利き用を見ることがありません。

実店舗で見たのは数回でした。

またクチコミではへんな癖がつくと聞き倦厭していました。

しかし最近箸を使いたがることが多くなり、

なかなか左利きを入手することができないため、

100円ショップで可愛い箸に付けるだけの補助具を購入しました。

これならもし右手で持ちたいと言い出しても

大丈夫だと思い使用を始めました。

 

本人はとても気に入り、現在特訓中です。

左利きの子はあまり箸が上手ではないとわたしはよく聞いたため、

娘には同じことを聞かせたくないと思い必死で練習中です。

まずは箸に慣れることからスタートですが。

 

【左利きは矯正するべきか?わたしはこう思う】

現在わたしは30代になりましたが、

未だに矯正すべきだったか否かを問われます。

 

わたし自身、右で使用できることが多いため

特に矯正は必要なかったと思います。

しかし子供が自分から右利きになりたい、

と言ったら別だと思います。

左利きだから虐められる、

なんてことはもう最近ではないと思います。

 

むしろ左利きになりたいと言う子の方が多いと聞き、

時代は変化したんだなぁと思いました。

 

娘が実際この先左利きなのか

交差効きになって行くのかは分かりません。

しかし実際矯正は必要ないと思います。

 

娘を見ていると、実際利き手だけではなく

利き足も左です。

 

実際これは本当に彼女の個性なんだなぁと思います。

これから先、左利きということで

少し大変な思いはするとは思いますが、

きっと人より有利な部分もあると思いながら

見守りたいと思います。

この記事がお役に立てば幸いです!

↓ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA