20人のママたちに聞きました。パパは育児・家事 手伝ってくれますか?

世の男性諸氏へ、あなたはアタリ・ハズレ? 子どもが生まれてからが夫(パパ)としての真価が問われます。

まず最初に20人のママたちの意見を総括します。
子どもは成長しますが、パパも成長します。
子育て初心者パパは何もわかりません。新1年生です。上手にパパを育てましょう。
ママも最初は初心者、パパも初心者です。
子育ては親育て、子どもと共に親も成長します。
最初がダメだからと言ってすぐにあきらめないで、
子育て・家事におけるパパの得意分野を見つけて夫婦で共に成長していきましょう!
目次
1. 献身的に子育てに協力してくれた夫に感謝しています
2. 子どもの相手をしている時にスマートフォンをいじるのをやめてほしい
3. 夫婦円満の重要ポイント⇒夫は私が話す内容に真剣に受け答えをしてくれる!
4.  家事・育児にたいへん協力的な夫はいわゆる主夫です。
5.  飲食店を営んでいる夫が夕食担当
6.  当サイトの管理人も脱帽!   理想のお父さん、いました!
7.  子供たちがパパを尊敬の対象として見ている点がすばらしいと思います
8.  家族サービスって大切ですね!
9.  父性に目覚めたから? 育児はよく手伝ってくれています。
10. マイペースで育児を手伝う旦那さん
11. ママ1人で頑張りすぎないで、パパにヘルプを
12. パパに求められているのはママをねぎらう気持ち
13. お父さん!  子育ては夫婦の共同作業です。頑張ってもう少し子育てを手伝って
14. パパ自身がまだ子供で頼りにならない、奥さんは子育てに懸命
15. 奥さんも惚れ直す!   献身的に育児を手伝ってくれるパパ💛
16. 適材適所でお互いに得意なことを担当するようにしています。
17. 旦那さんを上手に教育している奥さんと愛妻家の旦那さん! お幸せに!
18. 奥さんが深夜勤務できているのは旦那さんの手厚い協力があるから
19. 洗濯が好きな旦那さん!!   いいと思います!
20. 旦那さんとの役割分担が上手にできている事例

1.  献身的に子育てに協力してくれた夫に感謝しています

45歳 主婦 パート 息子二人 19歳 16歳です。

長男が生まれた時には、夫は仕事が激務でしたが、
授乳以外の全ての育児を積極的にしてくれていました。

何でも興味津々で、子供が大好きな気持ちが日々伝わってきました。
母性本能に溢れている様な、私よりも熱心だった様に思います。

子供は、だいたい夫の寝ている夜中に泣いたり、
夫が仕事に行っている間に初めてのことに慌てふためき、
母親は不安でたまらない時間を過ごすと思いますが、
うちの夫は、仕事があるにもかかわらず、
子供を間に挟んで同じ部屋で寝てくれて、
夜中の数時間毎の授乳も一緒に起きてゲップをさせたり
オムツを替えてくれたりしました。

私の姉妹や友人と、産後に話していたことは、
たいていみんな旦那さんの愚痴でした。

「結婚した時にはわからないけど、
子供が生まれてみて初めてアタリ ハズレがわかるよね!」 😉 
と言っていましたが、とても納得できました。

どんなに日頃優しい人でも、
産後の一番不安で大変な時にされたことや
ちょっとした言動は、一生忘れないと言っていました。

私は、夫が育児に対してアタリだったので、
二人目を望むことができました。二男が生まれると、
夫は、長男の精神面をケアしてくれて、
私が二男のことを見ている間は、
長男と一緒に遊んでくれました。

最も過酷だった時期は、私の親が倒れて介護をすることになった時でした。

2歳と数ヶ月の二人の息子の育児に、
親の介護が加わった訳です。さすがに私は限界でした。

精神的にもぎりぎりで、この時期は子供の可愛い日々の
小さな変化を見逃していたと思い、今でも後悔しています。

先日、アルバムを見返してみると、
その時期の写真は少なかったですが、
そこには夫が夜中に息子をあやしてミルクをあげている写真や
息子の寝顔や笑顔がたくさんありました。

あの時、とても支えてもらったんだなと改めて感謝しました。

夫婦ですから、山あり谷ありです。喧嘩もしますし、
出会ってからもう30年にもなり、
息子は長男は大学生になり、家を出ました。

どんなことがあっても、
あの時の子供を一緒に育てようと協力し合った日々を思い出すと、
そこが夫婦の芯になっていて、揺らぐことがありません。

息子たちには、直接こんな話をしたことがありませんが、
きっと父親の気持ちは伝わっているはずです。

私が手をかけてあげられない時期もありましたが、
いつか長男に「役割分担がハッキリしていて
バランスいいよね」と言われました。

いつか、息子たちが父親になった時に、
夫の様な父親になってくれたら嬉しいなと願っています。

 

2.  子どもの相手をしている時にスマートフォンをいじるのをやめてほしい

私は20代の専業主婦です。

子供は3歳の未就学男児、1歳の未就学女児がいます。

夫の協力状況ですが、ある程度は協力してくれていると思います。

協力してくれている家事の内容としては、
皿洗い、風呂掃除、ゴミ捨て、掃除などを行ってくれています。

ただ、子供の面倒を見るよりも家事を手伝ってくれる頻度の方が高く、
その点は多少不満です。

家事を手伝うよりも平日に見ることのできない
子供の面倒を見て欲しいと思ってしまいます。

また、子供の相手をしているときに
スマートフォンをいじるのもやめて欲しいです。

スマートフォンを触りながら相手をしているので
子供達が結局はこちらに来たりしてしまうので、
真面目に子育てをして欲しいです。

また、子供達を寝かしつけるときに、
夫だと寝かしつけることが出来ないことも不満です。

夜でもお昼寝でも子供達が母親でしか寝付けなくなりました。

これは夫が子育てにおいて子供が小さいときに
寝かしつける努力をしなかったからだと思っています。

もう一点不満な点は私に1人の時間を与えてくれないことです。

前述のように子供たちは私の添い寝がないと寝付けることが出来ません。

そのため、お昼寝の時でも私がいないと泣き止まず、
寝付けることが出来ません。

自分は外で仕事をして好きな時に出かけたり
好きな時に飲み会に行ったりするのに
私にはそのような時間がありません。

休日のお昼くらい1人でいたいのですが、
外でお茶をしてくることも許してくれないことに非常に不満を感じます。

今後、夫に直して欲しい点としては、
まずスマートフォンをいじる頻度を減らして欲しいと思います。

スマートフォンをいじらずに
子供達と真剣に向き合って子育てをして欲しいと感じています。

また、家事だけではなく
子育てについての協力する頻度を高めて欲しいです。

子供達のおむつを変えるときなど、
うんちしてるみたいと報告がありますが、
夫は子供ではないのだからわかっているなら
自主的に変えて欲しいと思いますし、
何をするにも自分で判断して子育てをやって欲しいと思います。

また、夫婦喧嘩をしてしまった場合に、
夫から家事や子育てについて手伝っていると言われたことがあります。

私は家事や子育ては手伝うものではなく、
分担して行うものであるという認識ですので
そういった感覚の違いがあることも不満に感じています。

実際に家事や子育てはある程度行ってくれてはいますが、
手伝うのではなくやらなくてはならないことであるという
意識を変えて欲しいと思います。 😐 

3.  夫婦円満の重要ポイント⇒夫は私が話す内容に真剣に受け答えをしてくれる!

30代・専業主婦
子どもは3歳と0歳の2人です。

現在、子育て真っ最中の専業主婦です。

初めての子育てが始まってから約3年、
去年には第二子にも恵まれて忙しくも幸せな日々を送っています。

その幸せがあるのは旦那さんの協力があってこそだと、
年々強く感じるようになってきました。

というのも、私はもちろん旦那さんも子育てが初めてな訳で、
最初から協力的だった訳でもなく
たくさん喧嘩をしたり話し合ったりしながら
少しずつ「ありがとう」と素直に感謝できるような関係になっていったからです。

結論から言うと、旦那さんの協力で最も助かるのは
「臨機応変に動いてくれること。」と、
「私が話す内容に真剣に受け答えをしてくれること。」です。 😀 

初めの頃は、自分でもどのタイミングで何をお願いしたら良いかもわからないし、
旦那さんに対しても
「空気読んでよ」「なんでこんなに気が利かないんだろう」
「聞き流してんじゃないよ」等々、
挙げればきりがないほどやることなすこと不満に繋がるばかりでした。

でも、今思えばそれは自分が母親になって
子育てという主導権を握ったことにより、
旦那には出来ないと初めからどこかで思い込んでいて
子育という分野ではかなり上から目線になっていたからだと思います。

それに、1人目ということもあり
一人でもじっくりと手をかけてあげられていたので、
私自身も完璧な子育てが出来ているつもりになって
旦那さんの存在自体を否定していたように思います。

そんな旦那さんとの子育ての日々が
大きく感謝に変わったなと感じるようになったのは
第二子が誕生してからです。

これまで育てやすいと思っていた上の子が、
イヤイヤ期と第一反応期、
赤ちゃん返りが一気にきたようで、
どうにも手をつけられないくらい大変になり
私自身が日々悩みと疲労感でいっぱいになってしまっていました。

そんな時、これまでは旦那さんは仕事があるし
子育ては自分の仕事だと思って
気を使ってあまり頼ることも出来なかった私は
気を使う余裕すらなくなってしまい、
その都度「ごめん、これお願い」「ちょっとお願い」
「これやってもらってもいい」
などありとあらゆることをパスするようにお願いするようになったのです。

すると、これまでは言ってもなかなか動いてくれないし
言われないと動けないのかななんて不満に思っていた旦那さんが
テキパキと動いて協力してくれるようになったのです。

更に、毎日悩んでは消化しきれない部分を
思い切って旦那さんに相談してみたところ、
思いもよらない子供目線からのアドバイスや代弁をしてくれたりと
私の気持ちを癒してくれて安心させてくれるような場面が増えていきました。

そして私自身が感じたことは、
旦那さんはこれまでも本人なりに精一杯子育てに協力してくれていて、
たとえ自分が不満を持たれてもぞんざいに扱われても、
いろんな場面で我慢を繰り返しながら、
私たち親子を無言でしっかり支えてくれていたんだなと感じました。

これは我が家の場合の協力の仕方なので、
それでは意味がないと思う家庭も多いとは思いますが、
我が家の旦那さんの協力はとても立派で尊敬に値すると思います。

 

4.  家事・育児にたいへん協力的な夫はいわゆる主夫です。

20代の専業主婦
2歳の男の子と0歳の女の子がいます。

正直に言って旦那は主夫です。
子供が産まれる前から家事やお金など
家の管理は旦那がしてくれています。

家計簿を付けてくれて、家や子供に関する保険など
全て旦那が調べてやってくれてます。

子供が産まれるときに旦那に
「子供が幼稚園に行くまでは働かなくていいから」
と言ってくれて、私の奨学金もそれまで肩代わりしてくれてもいます。

私自身も産後は子供の成長を見ていたいと思っていたし
保育園よりも幼稚園がいいなと思っていたのでとても有りがたかったです。

それに旦那は「掃除、洗濯、買い物、
作れる物なら料理全て自分がやるから」と言ってくれました。

その代わりに私は子供に100%付きっきりで
子育て頑張って欲しいと言われました。

旦那の仕事は日勤と夜勤が交互にくるシフト制で、
4日に1回は休みなのです。

なので私が1日家事をしながら
子育てをしなければならない日が週に2日くらいしかないので
、負担がほとんどありません。

仕事行く前や帰ってきた後でも
時間があれば家事をやってくれます。

旦那が夜勤前とかならもちろん私もやりますが、
旦那がやってくれるし…と思って
今は子供と遊ぼうとか心に余裕を持って子供に接することが出来ます。

また去年下の子が産まれたときには
1ヵ月育児を取っ手くれて、
私が下の子の授乳に嫌がる上の子のケアを頑張ってしてくれました。

旦那も家事だけじゃなくて子供のお風呂やご飯を食べさせたり、
お散歩行ったりもしてくれるので、
上の子は今のところパパ大好きです。

子供ともちゃんと遊んでくれるおかげで
旦那の育児中に上の子が赤ちゃんのいる生活にすぐになれてくれて、
旦那が仕事に復帰したあとでも
今まで通りの生活リズムに戻すことが出来ました。

旦那が全面的に協力してくれて本当に感謝しています。

しいて不満を言うなら、私の1人の時間が無いことです。

旦那はタバコ吸わないし、
飲み会とかギャンブルとか行かないので
1人の時間が無いから文句は言えません。

ですが家事をしなくていいからと言って
24時間ずっと子供と一緒はやっぱり疲れます。

遊びに行くとなると絶対子供も連れて行き、
ゆっくりご飯も食べれないしお友達と話も出来ません。

なので3ヵ月に1回でもいいから
1人で出かける時間が欲しいなと思います。 😮 

でも旦那は2人いっぺんに面倒見るのは無理と言って
なかなか許可してくれまん。

下の子が幼稚園に行ったら私もパートをしなきゃいけないし、
行事なども入ってくるので
まだまだ我慢しなきゃいけないのかなと思っています。

 

5.  飲食店を営んでいる夫が夕食担当

35歳会社員として働きながら二人の子どもを育てています。

20代後半で初めての子どもを産み、
子どもは小学校一年生と未就学児です。

その間、転職もしましたが
期間を開けずに正社員のまま働き続けています。

子育てを始めた頃は主人の考えに全く納得いきませんでした。
主人よりも稼いでいると言う自負もあったので
私が仕事を変更する事、
子育てを主体とする事に違和感がありました。

もし、専業主婦ならせっせと夜泣きにも対応していましたが、
家事も育児も家計も半分と言うのは普通だろうと思っていました。

主人は自営業で飲食店をしています。
私も仕事で夜勤があります。
私も夜勤を続けたいと訴えました。
未だに訴え続けていますが、
その夢は叶わずに7年経過しています。

彼は「俺が夜の仕事をするなと言う意味か?」
と言ってきました。
反対にそれは私に夜の仕事をするなと言っている事です。
本人は気付いていません。

私の両親は看護師と消防士で上手に夜勤を回していました。
そんな家庭で育ったので、
普通に女性も夜勤をこなす物だと思っていました。
その人の技量や考え方では通らないと言う事を理解した瞬間でした。

その為、夜は全く家にいない状態が今もまだ継続してあります。

私は仕事を終えて帰宅し、保育所のお迎えから
食事、入浴、歯磨き、遊び、寝かしつけ、朝の準備、保育所への送りを
ずっと一人でこなしています。
私の体調が悪い時も私はこなしています。

ただ、主人が体調が悪い時には帰宅し、
自分一人でゆっくりと寝ています。

そこにも理不尽さと言うか、
人の気持ちが分からないなと思う場面です。

ほぼワンオペ育児だと感じていたので、
早い段階で食事は主人の仕事に任命しました。

彼なりに育児に関わるイクメンを
友人に吹聴していた時期でもあったので、
子どもに全く関われないなら食事で関わるのはどうか?と言いました。

頼まれるとこなしてしまう性格を私は理解して頼みました。
彼は飲食店で働いている事もあり、料理はお手の物です。

私が仕事から帰宅して調理をして食べさせるよりも
効率的だ実感しました。

仕事復帰した数カ月は行っていましたが、
それ以降年単位で彼が夕飯の係です。

お店と家が自転車圏内なので、
夕飯までにキッチンに届けてくれるシステムです・・・主人が。 😛 

夕飯を作らない事で私の家事労力はかなり楽になりました。
買い物の手間もありません。

仕事が遅く、帰宅は19時になってしまいますが、
その時間から食事にする事ができるので、
子どもの生活リズムとしても良いと思っています。
(可能であれば、もう少し早めたいのですが。)

友人や先輩ママに話すと
家事の中で料理が一番助かると羨ましがられます。

主婦が言うんだからきっとそうなんだろうと思っています。

主人の子育てへの参加の程度は
週5日の夕飯作りと、月に一度の洗濯物
(干しっぱなし、畳んでも畳みっぱなしで片付けない)、
年に一度のキッチンの換気扇、
お風呂の漂白、週に一度の子どもと一緒に入浴、
そのまま歯磨きです。

圧倒的に私の負担の方が多いです。

特に小さい頃には泣いたら私が抱く物と言う感じで、
泣いても微動だにしないのです。
気付いていない時もあります。
夜泣きもそうです。全く起きずに寝ています。

この泣き声でよく起きないなと感心してしまいます。
オムツは言えば交換してくれました。
トイレ誘導も言えばしてくれました。
ただ、言わないとしません。率先してしません。
しかも、毎回です。

今が子どもにとってどんな時期が理解出来ていないのです。

彼の意識の中に子育てを手伝っていると言う感覚があるのが
言葉の端々で感じ取れました。

例えば、「こんなに手伝ってるだろ?」
「他のパパよりもやっているほうだろ?」
「あいつはオムツさえも交換しないんだぜ?」
そこの家庭は専業主婦でも
家計が回る程しっかりパパが稼いでいる事は関係無いと言わんばかりです。

子どもと遊ぶのも、自分が元気な時だけです。
年に数回、気が向いたら日曜日に遊ばせにいきます。

ただ、数分で戻ってきます。
子育てと子守を混合していると思っています。
その時間を潰せば子どもを見ていたと自身で評価しています。

よその子ならそれでいいのですが、躾に関しては全く行いません。
トイレットトレーニングも声を発して促すだけです。

泣いている子どもにも泣くなと言うだけです。
言って事が済むなら、そんな簡単な事はありません。

主人は広範囲で育児や家事に携わってくれていますが、
それは彼自身の気分が乗った時だと感じています。

どれだけ仕事で嫌な事があっても、
週末でも子どもに関わるべきだと思うのですが、
彼の場合は彼の体調アリ気だと解釈しています。

子育てに参加している分、
自分はイクメンだと自己満足な評価をしていると感じています。

主人は家は憩いの場だと思っています。
私は職場だと思っています。

子どもを見るのは親としての仕事をこなしている感覚です。
そうでないと自分の気分でムラがあるからです。

 

6.  当サイトの管理人も脱帽!   理想のお父さん、いました!

現在40代常勤の母親です。

子育てで最も辛かったのは中学校に上がるまでの
12年間位だったと思います。

特に主人が協力してくれたのは、息子の入浴です。
どんなに仕事が遅くなっても必ず沐浴をしてくれました。
それがずっと続き「お風呂に入るのはお父さんと」
と息子たちはお風呂タイムをとても楽しみにしていました。

保育園に通う間は、保育園の送迎や夏祭りなど
保護者の協力を必要とする場面には
積極的に関わってくれました。

また子供が具合が悪くなったときに
私と交代で仕事を休むなど、
お願いをすればやってくれていました。

自転車に乗る時は毎週のように公園に連れて行き、
補助輪をつけての走行、補助輪をはずし、
後ろを支えながら走らせ、そして手放し、
と、よく付き合ってくれたと思います。

子供の服選びなども本人を連れて
その子の趣味にあったものをよく吟味して買っていたと思います。

仮面ライダーのファンだった息子に合わせ、
毎晩のように闘いごっこに付き合ってくれました。

写真は事あるごとに撮影。月ごとにまとめています。

小学校に上がると自由研究という名の
理科の実験をしなくてはいけないのですが、
それは全面的に協力していました。

課題設定から、実験方法の提案、実験、まとめなど。
子供が嫌がらず、面白いと思う範疇でまとめていました。

逆に書道については厳しく、何度も練習をさせ、
何日もかかって清書させていました。
毎年泣きながら書道をしている息子たちでした。

息子たちが音楽に興味を持ち始めると、
自分も聞いてみたり、
自分の好きな曲を聴かせてみたりもしていました。

お互いアーティストについて語りあったり、
写真集をプレゼントしたりして、楽しんでいます。
親子というより、よき理解者という感じです。

アウトドア派の主人の影響で、山に行ったり、
自転車でオフロード走行したりと楽しんでいます。

毎年、キャンプもして、野外炊飯の仕方も教えてくれましたし、
テントのペグの打ち方なども
上手になったのは主人のおかげだと思います。

小学生になってからスキーを教えると、
息子たちはハマり、
毎年、毎週のようにスキー場に行くこともありました。
そういうことにも嫌がらず付き合ってくれました。

今は高校生と大学生となりましたが、
幼少期から密な関わりを持ってくれたから、
今も程よい関係を保っています。

特に男同士ということもあり、
好みややりたいことに共通点があったことも良かったのだと思います。
これからもずっと一緒に人生を楽しみ、
息子たちの良き理解者であり、
良き手本でい続けてほしいと思っています。 😀

 

7.  子供たちがパパを尊敬の対象として見ている点がすばらしいと思います

29歳の主婦です。子供は小学1年生の男の子と、

幼稚園の年中さんの女の子がいます。

結婚してから暫く私は専業主婦だったのですが、
下の子が幼稚園に入ったあと時間に余裕が生まれ、
日中だけパートに行くようになりました。

朝旦那さんと子どもたちを送り出してから自分もパートへ行き、
夕方子供たちが帰ってくる前に仕事を終えて帰るという生活です。

家事に関する旦那の協力は、
部分的に得られているという感じです。

というのも、私がパートを始めるなる前は、
旦那は家事に関与せずほとんど私がやっていました。

唯一やってくれたのは、
妊娠中のお米の買い物とごみだしくらいです。

それさえも子供が生まれてからは普通に私の仕事でした。

しかしパートに出始めてからは、
朝バタバタと準備をしている私を見て、
ようやく「なにか手伝う?」と聞いてくれるようになりました。

そこで以前と同じごみだしと、食器の片付け等をお願いし、
それ以来何度か頼んだことだけは
やってくれるようになったという感じです。

旦那の場合、家事は進んでやろうとしない以上に
やり方を知らないというのが大きいのです。

だから頼もうと決めたらまず
私が自分でやり方を教えなければならなくて、
それがついつい面倒で
自分でやった方がいいんじゃないかと思う部分もあります。

旦那を見ていても、そんなに家事が好きには見えないので。

ただ子育てに関しては、ちゃんと助けられているなと感じています。

勿論母親には母親の、父親には父親の役割があると思うので、
父親の役割を果たしてくれているという意味です。

肩車やキャッチボールで遊び子供たちを喜ばせてくれたり、
自転車の乗り方を教えてくれたり。

父親参観に行くだけでなく、
普通の音楽会や父母会等行事の参加率も
他のパパと比べて高めです。

母親の私でも出来ないことはないけれど、
ちょっと大変だなと思うようなことを、
しっかりやって来てくれてます。
だからその点は、とても感謝しています。

そういうのは子供の体の成長だけでなく、
心の成長にもいい影響があると思うのです。

家事ではあんまり協力的でなくても、
子育てで頑張ってくれている分、
子供たちはパパを尊敬の対象として見ているからです。

パパを敬う心は、健全な精神面の成長でとても重要であり、
それは父親にしか出来ないことです。 😀 

だからちょっと家事が出来なくても、
あまり文句を言わず夫婦として協力していますね。

時にもうちょっと手伝ってよと言いたくなりますが、
自分が出来ないこともやってくれている旦那を思うと
謙虚な気持ちになれます。

 

8.  家族サービスって大切ですね!

30歳専業主婦

子供は上から高2、中2、3歳(来年度より幼稚園)

普段の仕事のときは、定時に帰ることができ、
末っ子の寝る時間(19:00)までに帰って来れるなら
末っ子のお風呂はお願いしています。

それくらいで後はなにも手伝ってくれません。
自分の食べた食器すら置きっぱなし。

とりあえず今は専業主婦をやれせていただいてるので
不満というものはそこまでありませんが、
春から末っ子が幼稚園に行き私も働きに出るつもりなので、
なにかしらもう少し手伝ってほしいとは思うかもしれません。

休みの日には、子供の朝ごはんを受け持ってくてるので、
少し長く寝れるので助かっています。

上の子たちが午前中に勉強をしてる中、
末っ子と遊んでくれるのも助かっています。

しかし、少しテレビやスマートフォンに頼り過ぎている気がします。

お父さんと遊ぶ=スマートフォンで遊べる
という認識があるので、お父さんがいると
携帯かして〜携帯でなにかしよ〜となってしまっているのが不満です。

上の子たちに関しては基本的にノータッチで困ります。

威厳のあるお父さんでいてほしいものの
優しいお父さんでとまっていて、
甘すぎると思ってしまいます。

もう受験や就職でいろいろ塾など考えないといけないのに
わからんから任せるわとなんでも投げてきて困ります。

学校の行事ごとも不参加が多いです。

今はまだ末っ子が3歳になり
学校に連れて行くのも楽になりましたが、
赤ちゃんの頃は本当に大変でした。

授業参観なんかはもちろん、
文化祭も体育館で静かに見てないと行けなかったので。

文化祭に関しては、3歳になった今でも一人で連れて行くのは辛いです。

個別懇談なんかは私自身苦手で、
さらに末っ子連れては話にならず迷惑かけるので
今年の夏に行ってくれたときは本当に感謝しました。

役員活動はわりと好きなようで、
役員決めには参加しにいかないのですが、
なったらなったでやってくれるのでとても助かります。

家族旅行なども丸投げで困ります。
行き先から宿泊先なんでもいい。
と言われると本当に困ります。

みんなで行くんだからみんなでワイワイ決めたいのに。

しかし、普段の休み長期休みなどは家族サービスしてくれるので
子供もお父さんが大好きでとっても助かっています。 😀 

自分が働き始めたらもっと家事や子育てに
積極的に参加してほしいと感じるかもしれませんが、
今のことろはこれ以上のことは望んでいません。
手を出されて2度手間になっちゃうこともありますからね。

 

9.  父性に目覚めたから? 育児はよく手伝ってくれています。

私は30代で、パートで事務員をしております。
子どもは3人で、小学生が1人と保育園児が2人です。

最初の子どもが生まれた直後は、
主人は全く家事や育児をしませんでした。

子どもが生まれたばかりは私も子育てには不慣れで、
家事もままならない日々が続いていたのでイライラしてしまい、
主人も仕事と家庭に挟まれて大変だったと思います。
そのせいでぎくしゃくしてしまい、
離婚を考えたこともありました。

夜泣きで眠れない日々、
それなのに隣ではグースカ寝てる主人。

何度も怒鳴り付けてやりたくなりましたがぐっと堪えました。

そんな日々を耐え、子どもが離乳食を始めた頃、
子どもが主人に対して慣れてきたのか、
抱っこされてもさほど泣かなくなってきました。

それから主人は父性に目覚めたのか、
子どもを可愛がってくれるようになりました。 😀 

抱っこをしてみたり、おむつを替えてみたり。
子どもと一緒に遊んだり、
たまには子どもと二人でお出かけしてみたり。

家事の手伝いはあまりしてくれませんでしたが、
その分子どもと遊んでくれるので
私はその間家事を片付けることが出来るようになりました。

やはり、赤ちゃんの頃は意思疎通がうまくいかないので
自分が父親という自覚が湧きにくいのでしょう。
抱っこしてもすぐ泣き止むママに任せた方が合理的なのも分かりますし。
手伝ってくれるようになったのは、
子どもも成長してくれた、
というのが大きい部分を占めていると思います。

それから第二子を妊娠し、出産すると、
初めの子どもはより主人になつくようになりました。
第一子はパパ。第二子の赤ちゃんはママ、
と、自然と役割分担が出来ていたのかもしれません。
家事の手伝いは相変わらず殆どありませんが、
子どもの面倒を見てくれるだけでも随分違います。

また、子どもたちのお風呂関係は完全に主人に任せています。
それこそ、新生児の時の沐浴は私は殆どしたことがありません。
それだけは主人にお願いし、主人も「自分の仕事」
だと認識しているようで文句も言わずにやってくれます。
新生児の沐浴は案外重労働なので、
産褥期の私からしたら随分助かりました。
その延長上で、子どもたちの入浴はパパの仕事になっています(笑)

総じて、私の主人は家事の手伝いは殆どしないのですが
子育てについては協力してくれている方だと思います。
「もっと手伝ってもらいなよ」と言われることもありますが、
私はこれでも十分満足なので、
うちはこういう形でいいと思っています。

 

10.  マイペースで育児を手伝う旦那さん

31歳の専業主婦です。4歳と2歳の子供がいます。

私の旦那はお風呂は積極的にいれてくれます。
旦那は仕事が終わる時間が日によって違うのですが、
子どもがお風呂の前であれば、こども二人とお風呂に入ってくれます。

その間、20分くらいは食卓や部屋の片付けが出来るので、助かっています。

また、お休みの日は車で公園やショッピングセンターなどに連れていってくれます。

旦那は休みの日は、家で過ごしてどこにも行きたくないと言っているのですが、
公園では子供と遊具で遊んだり、相手をしたり、子供も嬉しそうに遊んでいます。

家事の部分では、旦那が帰宅するのが遅く、
夕食を別で食べたとき、
自分の使った食器は自分で洗って片付けてくれるときがあるので、
感謝しています。

不満といえば、家にいるときに子供にスマホやテレビで動画をみせたり、
ゲームをさせている時間が長いことです。
メディアに任せっぱなしというのが、
私からしたら、家のなかでも
子供と一緒に遊ぶということをしてくれたらいいなと思います。

また、家族で出かける前の子供の支度はほとんど私がします。
子供のトイレ、着替え、水筒やお菓子の準備など、
いろいろとやることがあるのですが、
旦那は知らん顔です。
手伝ってくれたら早く家を出られるのですが、
旦那は寝転がってテレビを見ていたり、
まだママが準備できてないから
もう少し待っててね~と子供に言ったりしています。
それが毎回イラッとします。

子供がそばにいるのに、ずっとスマホを見ていることや、
寝転がっていることも、普段私が出来ない、
しないようにしていることなので、不満がたまっています。

夜の寝かしつけのときは一緒に布団にはいるのですが、
なかなか子供が寝なくてはしゃいでしまっているとき、
「早く寝て!!寝ないなら閉じ込めるよ!」
と脅すような言葉を使ったり、
子供を無視して背中を向けて一人で先に寝てしまいます。

普段お仕事で疲れているのはわかるけど、
子供に乱暴な言葉を言ったりするのは
悲しい気持ちになるし、関心しません。 😥 

子供の歯磨きは絶対やらないところも不満です。
「パパがやったら上手くみがけないから、ママがやって」
「虫歯になったら困るでしょ」
とかたくなにやろうとしません。
子供は大人しく歯磨きさせてくれることはほとんどないので、
結構大変です。
なので、歯磨きするのが苦手でも
やろうとしてくれたらいいのになぁと思っています。

いろいろなことを求めてしまうのは良くないと思ってはいますが、
もっとこうしてくれたら嬉しいと思うことはよくあります。

 

11.  ママ1人で頑張りすぎないで、パパにヘルプを

私は現在4歳と2歳の男の子を子育て中の20代の専業主婦です。

転勤族で周りの協力を得ることが難しく主人の協力は必要でした。
しかし、主人は仕事で忙しく
家にいることがほとんどなく
手伝うことはほとんどありませんでした。

たまにしか休みがないため、
リフレッシュしたいと休みの日でも一人で出掛けるため
子どもも私も主人に期待しないようにしていました。

子どもが一人のうちはそれでもどうにかなっていましたが
二人になるとその状態にも限界がきました。

特にうちは二歳差のため2歳と0歳の時は特に大変でした。
まず2歳の子どもは精神的にしんどかったです。
意志も強くなり言葉で伝えようにも上手く伝えることができず、
癇癪をよく起こしていました。
体力もつき昼寝もしないため
1日中対応しないといけない状態です。

次に0歳の子どもは体力的にこたえました。
下ろすと泣くため日中は常に抱っこかおんぶで過ごしました。

そして夜は眠りが浅かったため1,2時間起きに起き
授乳や抱っこで対応していました。
そのような状態で私自身もストレスで体調を崩し
病院に通うことになりましたが、
私が一番に頼りにした先は保育園の一時預かりでした。

そこに上の子どもを預け、
下の子どもが昼寝する時間を狙い通院しました。
そのような状態になり主人も私の体調を心配してくれるようになり、
少しだけ変化がありました。

まずは私の話を聞いてくれるようになりました。
今日の子どもの様子や大変だったことを吐き出せる時間ができました。
そうすることで、主人と子どものことを考える時間ができました。
明確な答えはなくとも、聞いてくれるだけで気持ちが楽になりました。

次に月に一度有給をくれました。
その日は育児と食事の準備はお休みです。
主人が子ども達を連れ出し、
お昼は外食し夕食はお惣菜を買ってきてくれました。
その間私は温泉に行ったり、
買い物やマッサージに行ったりと好きなことをして過ごせました。
この日はほんとに幸せな時間でした。

仕事で忙しい主人ができることは上記のことくらいで
一般的には少ないかもしれませんが、
慣れない家事や育児を中途半端に手伝ってもらうよりは、
月に一度完全に任せるという方式の方が私は嬉しかったです。

今振り返ると、体調を崩す前に
主人にヘルプを出したらよかったなと思いました。 😉 

赤ちゃんじゃない、私にはお口があるんだから。
それぞれの家庭で事情は違うと思いますが
できることは必ずあるはずです

 

12.  パパに求められているのはママをねぎらう気持ち

20代のママです。

今は専業主婦で2歳の男の子を子育て中です。

旦那さんは大変なお仕事をしていますし、
私が働きに行かなくても生活できているので
すごくありがたく思っています。

なので私が家のことをするのは当たり前とも思っていますし、
家事を手伝って欲しい〜とは思いません。

だけど、やっぱり子育ては2人でしたいと思っています。

今、一時的ですが旦那の実家で同居させてもらっているので
助けてくれる方はいますが、
私的にはできるだけ旦那と二人で子育てをしたいと思っています。

それは義理父や義理母が邪魔だからとかではなく
二人が助けてくれることによって
旦那が子育てをしなくなってしまうからです。

また、やっぱり息子からしたら
おじいちゃんおばあちゃんになるので
可愛がってもらえるのをわかっています。

私が怒ってもすぐに泣きついていきます。
とてもしんどくなります。

また、旦那も仕事で家に居なくて
そのサポートとして義理父や義理母が助けてくれているのならすごくありがたく
素直に感謝できると思うのですが、
旦那は趣味で遊びに行ってしまいます。

夜泣きがひどくても夜に釣りに行ったり
朝方行ってみたり、夕方釣りに行って夕飯時にも帰って
子供が寝る頃に帰ってきて子供の寝かしつけもせずに
ゲームをし始めたり・・・。

働いてきてくれているありがたさがあるので行くのは許せるのですが
こっちの頼みごとをしたら眠たいからと
なかなか動いてくれなかったりしますし
子供がまだ保育所に入れていないので
ずっと子供と一緒に生活している私からしたら
自由に遠慮もなく好きなように時間を過ごされているのを
目の前で見せられるのは結構イラっとします。

旦那も仕事中は好きなこともできなくて、
休みぐらい自由にさせろ!ってことなんだろうけど
それは一児の父としてどうなの?
とも思えてきてしんどくなります。 🙁 

旦那がいないときのサポートを義父義母がしてくれるので
そんなに大変そうに見えないのか
することがないと思うのかはわかりませんが、
もう少し旦那と子育てをしたいし
子供の成長を一緒に見ていきたいと思っています。

自分の時間を作るなとは言いません。
仕事でもストレスもあるでしょうし溜めて欲しくないので
発散として好きなことをするのは賛成です。

ですが、奥さんも一緒だと思います。
たまには子守するから好きなことしてきなと
言うてあげるだけでもだいぶ違うと思うますし、
自分が出て行く前に何か一つでも子育てを手伝ってあげたり
感謝を伝えてくれるだけで私は嬉しくなります。 😀 

 

13.  お父さん!  子育ては夫婦の共同作業です。頑張ってもう少し子育てを手伝って

専業主婦の40代の私には、小6、小3、年長の男の子がいます。

以前から自分中心の部分はありましたが、
最近は特にそれがひどくなっています。

週末の休みには子供たちの遊び相手をしてくれていました。
でも、私としてはそれも不満があります。
なぜなら、子供や私が言わないと、何もしないからです。

言えば遊んでくれますが、言わなければ相手もせず、
寝て休みを過ごしています。

本来ならば主人から子供たちを誘って欲しいのです。
子供から見たら、
「パパはどこも連れて行ってくれないし遊んでくれない。いつも寝ている」
と思っているようです。

どこか遠出をして欲しいわけでもなく、
近所の公園でも子供たちは満足するんです。
一緒に行って遊ぶと言う事に意味があるんです。

母親は父親にはなれません。
代わりに出来ることはあります。
でも、それはあくまでも母親としてやっているだけです。

家にただ父親がいるだけでは、ダメなんです。
どれだけ子育てに関わっているか、
それが将来大きく左右すると思います。

自分がされていないから、
子供が産まれても自分の父親と同じように子育てに関われない。
子育てがどのようなものか分からない。
今、そんな状況です。

子供たちの衣類が誰のものかも主人は分かりません。
全て私一人に任せてきた結果が最近すごく出てきています。

家事もそうですが、子育ては二人でするものです。
夫婦で同じ家に住んでいる以上、私はそう思います。

必ずしも母親がやらなければならない事ばかりではないと思います。
父親でもできる事はたくさんあります。
でも、それを逃げているのが許せないです。

子供に「いやだ」と言われたから、
グズグズ言う事を聞かない。との理由でその場から逃げてしまう。
そんな事ばかりです。

そのあとは結局、私に全て回ってきます。
本当にズルいです。嫌だから逃げる。母親はできません。

逃げる前にどうしたらうまく物事が進むのか、
考える事が出来ないのでしょうか?
逃げてばかりでは何の改善もしないです。
それがわかっていないのです。

時間が経てば何とかなると、
甘い考えでいるのは父親に多いのではと思います。
その裏で母親は1分1秒を必死に戦っている事。
ましてや、家事をしながら子供たちの面倒を見ている事。

何とも思っていない、当たり前だと思っているとすごく感じます。
子育てだけやっていた方が楽です。
しかし。実際は家の中の事もやりながら子供の面倒も見ているのです。

反対の立場になったら、確実にできないと思います。
どちらか一方で精一杯になる事でしょう。
しかし、普段から子育てや家の事に対して協力したり、
興味を持って接してくれていれば全然違ってくると思います。

仕事で忙しくとも休みはある。
工夫、心遣いでいくらでも状況を変える事が出来ると思います。

一番、言いたいのは相手を思いやる事だと思います。
そして感謝の気持ちをいつも持つ事です。 😀 
それがやってもらって当たり前だと思う事が、
薄れていく事につながるのではないかと思います。

14.  パパ自身がまだ子供で頼りにならない、奥さんは子育てに懸命

20代 専業主婦
子どもは長女:1歳10ヵ月  長男1歳の2人です。

私の旦那11歳年上です。

基本、家事や育児に参加する事は
ありませんが2交代制の会社に勤めていています。

日勤の日にお風呂に入れてくれても
週2回~3回で家事はノータッチ。

会社へ行く準備まで私にさせます。

働いてやってるんだから
専業主婦なんて楽なんだから
家の事は手を抜くな。

休日も遊び歩いていて家にはいません。
(日勤の日でも家に帰って来るのは
仕事に行って遊び歩いていて
夜中10時近くにかえってきます。)

自宅にたまにいる時(数ヶ月に1度)は
・洗濯物を取り込む
・部屋1箇所掃除機かける
・何ヶ月に1回洗濯物

育児では…
・日勤のある時は週2回~週3
(全く入れてくれない週もあります。)
・土日のどちらか30分くらい公園に
連れていく。

自分の遊び費用は生活費も持っていかれるので
7~10万使われています。

食費に使用できるのは1〜2万、
多くて3万なのにやりくりできない
私が悪いと言われます。

どこの旦那に聞いてもお前は捨てられると
言われます。

主人が3人前と1番食べているはずなのに
お前らの食費とか生活費が無駄遣い。
生活費=私の小遣いだから浪費家と言われます。

それでも食費4万以下。
本当に使っていないと2~3万で
やりくりしているのに…

お金無くてお肉食べていないと騒ぎますし…
金食い虫と言われますがどこが?と
思います。

1人の方が楽と言うなら離婚届けを
書いて欲しいと言っても書いては貰えません。

毎日文句しか言わないと言われますが
黙ってやりくり考えていて
実際に毎日言っているのは主人で
精神的にきついです…

挙句の果てにオムツ代やミルク代を無駄と
言われます。 🙁 

2人の育児と旦那のお世話で体力的にも
精神的にも精一杯なのは私です。

スマホは毎日チェックされます。

電話やLINEのやり取りでは返信や
すぐに出れないと怒り始めます。

子供の泣き声がうるさい。
母親の躾が悪いからだと言われますし…

長時間寝ているのにも関わらず
2、3時間置きに起きていた私には
寝てばかりいるといってきます。

体力的にも余裕がなく在宅ワークも
疎かになってしまっていて数百円しか
稼げない時はクズ呼びされてましたし
死ねなども言われていて本当にキツかったです。

妊娠中であっても家事・育児は
完璧にしなさい。

買い物はお米10㌔くらい持てるでしょ。

理解も協力もないです。

外ではいい人。
子供見てるフリしてイクメンと自分では
言っていたり・・・

家事育児普通にしているのに
嫁が・・・と
言って旦那がしている事を
私がしているように言って自分はいい人
アピールしています。

ママさん同士で話していると
外ではイクメンや良い旦那してます感
出している男の人が多いと
よく聞きます。

勿論、中には積極的にしている旦那さんも
いると聞きますが少数です。

《管理人のクレヨンしのちゃんです》

この方の旦那さんは、まだ子供です。
大人になっていません。

この方の投稿内容に対して、後日、アドバイスのページを設けて、直接この方へ
夫婦関係についてアドバイスをする予定です。

 

 

15.  奥さんも惚れ直す!   献身的に育児を手伝ってくれるパパ💛

30代 専業主婦 未就学2人

結婚する前から、ずっと子供は苦手だと言っていて、
友達の子供がどんどん生まれて増えていき、
それでも接するのが苦手な感じでした。

姪っ子にもぎこちなかったので、
懐かれず、あまりコミュニケーションを取っているのを見たことがありませんでした。

なので、結婚が決まって、子供は大丈夫なのかな
という心配はありました。

でも、上の子の妊娠がわかってから、
旦那さんは一気に変わりました。 😮 

つわりがきつい時は、休んでいいよ!と言ってくれて、
できない料理を進んでしてくれたり、
掃除や洗濯、買い物も行くようになりました。

亭主関白な感じだったのが急に変わりだしたので、
驚くことばかりでした。

出産の時も立ち会ってくれて、
助産師さんと一緒にサポートしてくれました。

生まれてからは、里帰り中の時は毎日泊まりに来て、
夜中はオムツ換えとミルクを飲ませてくれて、
私を寝かせてくれたので、
旦那さんの方がきつかったんじゃないかな?と思うほどでした。

私の両親も、変わったね〜と褒めていました。
里帰りが終わってから、仕事から早く帰るようになり、
できる時はお風呂に入れてくれたりして、
家にいる時間はほとんど子供につきっきりでした。

なので、私も家事ができたり、
一人でゆっくりする時間もできたので本当に助かりました。

子供が大きくなるにつれて、
一緒に遊ぶ内容も子供に合わせていき、
私より遊ぶのが上手じゃないか?と感じるほど、
子供が旦那と遊ぶ時はすごく楽しそうでした。

下の子が生まれて、もっと協力的になり、
二人を連れて出かけてくれたりして、
私の自由時間を作ろうとしてくれるのですごく感謝しています。

その中でも不満はあって、日頃子供たちに、
これをしたら怪我するからしないでと注意していることを、
旦那さんは知らずに子供たちと一緒になって遊んでいる時があります。

その時は、毎日危ないって言ってるのに!と言ってしまいます。
あとは、子供たちに全く怒らないので、
もう赤ちゃんじゃないし、
少しはダメなことは怒ってほしいな〜と思っています。

私が怒っても聞かなくなってきているので、
そこでパパがガツンと言ってくれると助かります。

いつも仕事から帰ってきたら、子供たちと遊んでくれて、
文句も言わずに接してくれる所は尊敬しています。

私の方が文句言ってる気がします。
子供たちもパパが帰ってくるとすごく喜ぶので、
それを見ると、この人と結婚してよかったな〜とつくづく思います。

 

16.  適材適所でお互いに得意なことを担当するようにしています。

わたしは20代で、現在はフルタイムで事務職をしています。

子どもは2歳の男の子です。

わたしの主人は比較的家事にも育児にも協力的な方だと感じています。

わたしの子どもは、わたしが週6日働いているので、
わたしの休みに合わせると
週に6日も保育園に行くことになってしまうのですが、
それだと体調を崩しがちになってしまうので
平日に主人の休みがあれば、
その日は子どもと1日家で過ごしてくれます。

以前は休みの日も保育園に
連れて行ってほしいと頼まれていたのですが、
子どもに無理をさせてしまい、
体調が悪化して入院することになってしまったことがあり、
それからは自分から進んで
子どもを休ませてくれるようになりました。

また、母親は子どもの病気を貰いがちなので、
胃腸炎などの感染症にかかってしまったときは
子どもの世話も家事も全て代わってくれます。

なぜかいつも主人にはうつらないのが不思議ですが、
その体の強さにも助けられています。

我が家では育児も家事も役割分担を決めています。
育児に関しては主に子どもをお風呂に入れることや、
わたしが食事の準備をしているときに
子どもの相手をすること、
夜の寝かしつけが主人の担当です。

家事の分担は、お風呂掃除とトイレ掃除、
リビングの掃除機、子どものおもちゃの片付け、
ごみ捨てを主人が担当しています。

わたしが片付けが苦手なので、
適材適所でお互いに得意なことを担当するようにしています。 🙂 

苦手なことをしないといけないと思うと、
いくら家族のためでも苦痛に感じてしまうので、
得意なことを担当するという役割分担には
夫婦ともに納得しています。 🙂 

料理や洗い物などはわたしがすることが多いですが、
休日は主人が料理をしてくれることもあります。

頼み事をしてもなかなか動いてくれなかったり、
子どもが遊びたがっていてもスマホを見ていて
遊んであげなかったりすることもあるので、
イライラすることも多いのですが、
周りのママ友さんの話を聞いていると、
うちの主人は協力的なタイプなんだなと実感します。

主人曰く、お互いにフルタイムで働いていて、
収入にもあまり差がないし、
勤務時間も同じくらいだから
家事も育児も分担することには不満はないそうです。

子どもが一人っ子でやりやすい子なのもあって、
子どものことはとても可愛いみたいで、
子どもに関する頼み事は嫌がらずにしてくれますし、
保育園の参観日などもわたしが仕事で行けないときは
代わりに行ってくれたりするので助かっています。

 

17.  旦那さんを上手に教育している奥さんと愛妻家の旦那さん! お幸せに!

私は29歳の専業主婦て3歳の女の子がいます。

旦那さんの給料のみで生活をしています。
転勤族なので近くに両親や知人も少なく頼れるのは旦那さんのみです。

私の旦那さん周りからイクメンだねとよく言われます。
出産後も福利厚生の休暇を5日くらい取ってくれて助かりました。

娘が1カ月や2カ月の時は私もいっぱいいっぱいで
赤ちゃんのリズムを掴めなくて
自分にも旦那さんにイライラすることも多く強く当たることが多かったです。
でも黙って皿洗いやご飯作りなどをしてくれて本当助かりました。

娘は未熟児だったためNICUに1カ月くらい通いました。
娘が心配でいつも泣いてた時期もあったけど旦那さんが大丈夫だよ
NICUに入ってる分家で赤ちゃんを迎える準備や
沐浴とか他の人より出来ていいんだよって励ましてくれたのが今でも覚えています。

旦那さんは平日7時くらいに帰宅してくれるので
夜お風呂などミルクは全部任せてひたすら寝てました。

でも泣き声が聞こえたら寝てもいられず大変でした。
土日休みなので三人で出かけることが多かったです。

SNSで見るようなキラキラママに憧れてたけど全くそんなことなく
出かけるからってメイクしたり髪巻いたりおしゃれすることなく、
ズボンにスニーカーで行くことが多かったです。

でも平日は引きこもってることが多かったため
外に出るのがとても気分転換になりました。

全然オシャレじゃなくても旦那さんはいつも可愛いよ、
頑張ってるママだよって言ってくれて嬉しかったです。

1歳くらいになってからは支援センターに良く行くようになり
ママ友さんと仲良くなって
ランチ行くようになり旦那さん以外と話すのが凄く新鮮でした。

交流が増えると情報も増え子育てが楽しくなる反面
子供同士ママ同士比べるようになり
ふさぎ込むこともあったのですが
旦那さんに今のままで娘ちゃんのペースでやっていこうと言ってくれました。

私は本当毎日子育てが辛くてしんどくて
ママやっていけないママ辞めたいと言ってました。
だから各月の行事クリスマスや
月バースデーや雛祭りや手形アートや
寝相アートなどを積極的にやって子育てを楽しもうとしてました。
旦那さんも一緒に盛り上げてくれたりして今は凄く楽しみの1つになりました。

0歳の頃は1歳になれば手がかからないとか言われてたのに
3歳になった今でも悩みは尽きないし、
旦那さんと育て方で違いがあったり喧嘩することもあります。

でも2歳過ぎくらいから旦那さんはだいぶ娘に寄り添って
待ったりしてくれるようになり私は嬉しいです。

娘だけでなくパパとしても凄く成長してくれてると感じてます。
言われたら伸びるタイプなのでいいことは特に褒めるようにしています。 😛 

最近は土日2人で弁当もって公園に行き
その間にハンドメイド したり
YouTubeみたり自分時間が作れるのが1番嬉しいです。

旦那さんあっての今の生活だなと思っています。

18.  奥さんが深夜勤務できているのは旦那さんの手厚い協力があるから

30代の小売店で深夜のパートをしているココと申します。

4歳の女児を育てています。

我が家の夫はわりと家事を手伝ってくれていますが、
子供が1歳になる前後はほとんど手伝いはありませんでした。

【0歳から1歳までは】

夫は警備の仕事をしながら、
わたしは子供が生まれた頃は専業主婦になっていました。
働いていたお店には籍はありましたが、収入はありません。
そんな中の24時間365日の育児を担いました。

夫は夜中に娘が泣く度に一緒に起きてくれました。
しかし授乳はミルクではなく母乳だったため、
優しさなのですが特に起きてくれなくて良いと思っていました。

しかし夫が休日の日は寝不足解消のために
授乳の合間をぬって横にならせてもらったりしていたので、
だいぶ助かりました。

そのうち動けるようになった1歳から2歳になるまでは、
あまり記憶がありません。

私自身仕事にも復帰し、家事育児は相変わらず。
そんな中夫も相変わらずで何度かぶつかりました。

1人で外食に行ったり、趣味に行ってしまったり。
わたしは気が休まる時間があまりなく、
何度も八つ当たりしてしまったのを覚えています。
何度か話し合い、
夫も少しづつ家事を手伝ってくれるようになりました。

洗濯をしていれば一緒に干してくれたり、畳んでくれたり。
たまに進んで掃除機もかけてくれていたりと、
少しづつですが協力をしてくれる
ようになりました。

【子供のことは相変わらず】

うちの夫は娘をとても溺愛しています。
そのせいなのか結構休日・帰宅後問わず娘をあやしてくれています。
その時間めがけてわたしも夕飯作りなどしているため、
とても助かっています。
しかし最近ではまたあまり家事を手伝ってくれていないので、
少しわたしの負担が多いように感じます。

【転職してからの分担変更】

娘が3歳前に転職したため、
現在深夜勤に変わったわたしの代わりに夫が現在は夜娘を見ています。

娘のことはだいたい歯磨き・飲んでいる薬の服用、
寝かしつけなどなのであまり夫には負担がないように
わたしが現在は調整しています。

たまにお昼寝をしてしまった関係などで
お風呂やご飯などがズレ頼むことはありますが、
ほとんどお風呂やご飯はわたしが仕事に行く前に済ませてしまいます。

それでも最近は夫は負担が多いと言い出すことが多いため、
そろそろもう一度話し合いが必要な頃なのかな?と考えています。
夫も仕事が忙しい時期もある為、
仕方ないことだとは思うのですがわたしはいつもほとんど変化がないため
やはり負担を大きく感じてしまうのは否めません。

しかしわたしが深夜に勤務できるのも、
夫との関係が良好だからだと思い感謝しています。 😀 

 

19.  洗濯が好きな旦那さん!!   いいと思います!

主婦20代前半
子ども 2歳

2年ほど前のことになります。
私が結婚と同時に退職した為、しばらく専業主婦でした。

しかし経済的な理由もあって私も働くことになりましたが、
なかなか保育園が見つからず、
旦那の職場の託児所に預けることになりました。

医療系の職場で不規則勤務だったので
基本的には就労者のシフトに合わせ
土日祝関係なく預けれるようになっていました。

私も就職活動を始め、退職前の職場に復帰させてもらうことが決まり、
夫婦で不規則勤務で働くことになりました。

私の職場は自宅から車で東に15分程、
旦那の職場と託児所は車で西に15分程と真逆になってしまったこともあり、
旦那が主で保育園の送迎をしていました
(旦那が夜勤の日等は もちろん私が迎えに行きます)。

上記にも書いたように託児所は
就労者の勤務に合わせることが基本だったので
旦那が休み=子どもも休みになっていました。

私は不規則勤務なので旦那が休みだから休みとなるはずもなく、
そういう日には旦那が1人で子どもの面倒を見ます。

ドライブに行ったり公園に行ったり、
2人で外食にも行っていました。
私が遅番や夜勤でいない日も2人でご飯を食べて、
お風呂に入って寝ていました。

唯一旦那がしないことといえば料理だったので、
私がいない日にはご飯を作ってから仕事に行っていましたが、
仕事に出ることに不安はなく、しっかり仕事ができました。

現在、保育園に通い出してからも送迎は分担して出来ています。
ここからは現在も継続してのことになります。

医療系の仕事をしていることもあってか
子どものオムツ替えや更衣、お風呂に入れたり、
ご飯を食べさせたり、
生活全般のお世話に何の抵抗もなくしてくれていたので、
手が離せない時や体調不良の時には、とても助かります。

家事について、これは付き合っていた頃からですが、
洗濯が大好きな旦那さんなので、
洗濯はほとんどしてくれています。 😀 

洗濯まわす、干す、畳む、全ての工程が私より丁寧です。
私は干すまではしても畳むのが面倒で
積み上げてしまうこともあるので、とても助かります。

不満と言えば、私がいると思うと
携帯ゲームに没頭し始めることかなと思います。

家事は基本的に私がいれば私がするというのがベースにあるので、
ダラダラゴロゴロとゲームをしています。
かと思えば、いつの間にか寝落ち…ということもあるので、
その時にはイラッとしてしまいますが(笑)

でも、お互い休みの日は旦那の方が早起きなので、 😛 
子どもとパン屋さんに行って朝ご飯を買ってきてくれたり、
私が休めるようにと気を使ってくれる時もあるので、
家事育児仕事と出来ています。

20.  旦那さんとの役割分担が上手にできている事例

私は32代の女性で子供が3人いて、
現在はパートタイマーとしてスーパーマーケットで働いています。

3人の子供のうち一番下の子は、4歳で保育園に通っています。

保育園に預けることで働くことが出来るのですが、
同時に保育園で風邪などの病気をもらってくることが多い状態です。

軽い風邪くらいであれば、
保育園を休まなくてもそのまま通園することが出来ます。

しかし38度以上くらいの発熱を起こすと、
通園中の時間内であっても、
迎えに来るように保育園から電話がかかってくるのです。

ところがパートタイマーですから、
その時間内に仕事を抜けると、
職場に多大な迷惑をかけることになります。

そのため発熱などで保育園から呼び出しを受けたときは、
旦那に保育園へのお迎えを依頼することにしているのです。

私の旦那は会社に行って仕事をしているのですが、
時間の制約が少ない仕事をしています。

その理由は旦那の仕事が、
コンピューターのソフト開発だからです。

コンピューターのソフト開発というのは、
極端に言えば自宅でも行うことが可能な作業です。

そのため急用がある場合ならば会社を早退して、
仕事の続きは自宅で行って、
それを後日会社に提出しても良いのです。

そんな具合ですから、
子供が病気で保育園から呼び出しを受けると、
私はすぐに旦那の携帯電話に連絡します。

すると旦那はすぐに会社を早退してくれて、
子供のお迎えをしてくれるわけです。

お迎えをして帰宅すると、
子供が病気なので病院に連れて行かなければなりませんが、
それもたいていは旦那が行ってくれます。

もちろん母親である私が、
病院に連れて行くことがベストなのですが、
私の仕事の終了時刻は17時までです。

17時に終了して自宅に到着すると、
18時くらいになりますから、
そこまで待たせると昼間から病気で苦しんでいる子供が可哀そうです。

このようにいつも子供を病院に
旦那が連れて行ってくれているので、
子供の病気のことは私よりも旦那のほうが詳しいくらいです。 😀 

またそうした早退をしてきた日に旦那は、
子供のためにお粥などを作って食べさせてくれます。

小さな子供は高熱のときは食欲が減退しますが、
少し解熱してくるとある程度発熱していても食欲が旺盛です。

お粥程度ですから、大した料理というわけではありませんが、
それでも急場を凌ぐには十分です。

そのため私が仕事から帰宅すると、
子供がお腹を空かせて困っていることはありません。

このように私の旦那は、子供が病気のときに駆けつけてくれて、
面倒も見てくれるのでとても助かっています。

この記事がお役に立てば幸いです!

↓ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA