対人恐怖症・拒食症・過食症だった娘が結婚して今では子育て奮闘中

子育ては長期戦、結果が出るまでに時間がかかります。子どもを信じてあげることも大切

私は、息子と娘の2人の子育てをしました。

今回は、娘の話をお話しします。

 

私の娘は、小さいときからおとなしい性格で、

自分からは何か始めたりせずに、

常に大人の影に隠れているような性格でした。

 

友達は一人はいたのですが、

なかなか多くの人とは仲良くなるのが苦手みたいで、

休日も家で遊んでいることが多かったです。

 

親戚の集まりがあったりしても、

普段会わない親戚には、毎年会っていても慣れることがなく、

いつも私が台所にいると、

みんなの和には入らずに私のそばで遊んでいました。

そんな性格は、小学校から大学までずっと続き、

いつかは自立してくれるだろうと思っていたのですが、

なかなか周りに馴染めない性格は変わらず、

結局就職もうまくすることができませんでした。

 

就職に思い悩み、自宅でも塞ぎ込むようになり、

人と関わるのが怖いと言い、心療内科に通ったりもしました。

 

自分は、対人恐怖症なんではないかと思ったりしていて、

病院でクスリを処方されたりしたのですが、

効果はあまり感じませんでした。

 

正社員としての就職は残念ながらできなかったのですが、

派遣社員としての仕事を見つけて仕事を始めることになり、

頑張っていってくれるようになりました。

 

女の子なので、正社員としては働けていなくても

とりあえず仕事をしていてくれればいずれ結婚

ということもあり得るのかなと思っていました。

 

ですが、周りの人の気持ちばかりを考える

優しい性格の娘なので、仕事での、

人間関係がきっかけでご飯が食べれなくなる拒食症になり、

数週間仕事を休むことになりました。

 

仕事は真面目にしていたので、

体調が戻ってからもう一度仕事を始めたのですが、

今度は拒食症からの過食症になり、

本人はまた苦しむことになりました。

私の娘は、気が小さいというか、

周りから自分がどう見られているのだろうかと心配になったり、

周りの様子を伺ってしまうことで、

なかなか自分から行動ができないんだと思います。

 

仕事は、何度か職場を変えたりもしましたが、

無職にはならずに転々と仕事を変わっていきました。

 

親としても今後、娘がどうなるのだろうかと

心配になり続ける子育てで、

成人しても手が離れない娘ではあったのですが、

少しずつではあっても、いろんな経験を積み、

周りの人との接し方が分かるようになり、

成長していってくれました。

 

20代の後半からは、少しずつ友達ができて、

休みの日に遊びにいったりするようになり、

30代では彼氏もできました。

 

さらには、結婚をして今は、

女の子の子育てを頑張っています。

娘と私は住んでいるところが離れているので、

娘の出産は、里帰り出産ではなく、

娘が住んでいるところでの出産で、

産後も私の手助けなしに、

一人で初めての慣れない子育てを頑張っています。

 

実家で暮らしているときには、料理を全くしなかった娘ですが、

結婚をして子どもが生まれて、料理をしないといけないという、

状況になるとなんとかやっていっているようです。

 

今は、毎日大変ながらも、

電話をくれて愚痴を言いながらも一生懸命暮らしています。

 

昔は、何をするにも自分から動けず、引っ込み思案だったのに、

今では子どものためにと毎日色んな所に出掛けたり、

昔は苦手だった人付き合いもしていて、

電話も嫌いだった娘が、

必要があれば電話も自分から進んでしています。

 

小さいときから、20代の前半まで、

この子は将来的どうなるのだろう、

大丈夫だろうかと何度も悩まされたのですが、

今では、妻になり、母になり、

実家を出て新しい土地で人間関係を築いている娘は、

りっぱに成長してくれたと思います。

 

私は、子どもを見守ることしか昔からしていなくて、

結局は今の娘があるのは、

少しずつでもいろんな経験を積んでいったことで、

周りからすると遅くても、

娘なりのペースがあったんだなと思います。

 

娘が、周りの人と馴染めずに家で塞ぎ込みがちなときには、

私自身も気分が重くなり、辛いときもありました。

 

子どもに、「そんな暗い顔してたら、こっちまで鬱になるよ!」

と怒ってしまったこともあります。

 

ですが、今思うと、そんな言葉をかけずにもっと見守って上げれば、

これからのことを信じてあげればよかったなと思います。

子育てとは、子どもだけでなく、親も成長する、

大切な時間なんだろうなと思いました。

 

子育ては、今だけではなく、何年もかかるものです。

さらに、今やっていることの成果は、

数年後にやっと見えてくるものです。

 

一生懸命になりすぎると、疲れてしまうこともあるので、

ある程度肩の力を抜いて、

子どもを信じて上げることが大切かなと思います。

 

今は、なかなかできないことがあって大変でも、

子どもも、やらないといけない状況になると案外できていたり、

いろんな経験を積むうちに、できるようになることもあります。

 

子育てを楽しむことが、親にも子にも良いことなんだと思います。

笑顔でいることが、自分にも子どもにも大切で、

心にゆとりを持つことが、子育てには必要なことだと思います。

この記事がお役に立てば幸いです!

↓ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです!


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA