母乳が出ないことで悩んでしまったお母さん

辛い時は辛いと言う勇気も必要、なんでも相談できる人も必要!

現在1歳4ヶ月の女の子を育てているママです。

子育てで大変だったことは、母乳が出なかったことです。

 

初めての育児ということもあり、知識もなく、

出産したら当たり前に母乳が出ると思っていました。

しかし、私は母乳が出たは出たものの、

娘が満足いく量の母乳がでず、

いつも足りなくて泣かせてしまっていました。

 

そこでミルクをあげればよかったのですが、

完全母乳で育てたかった私は、

変な意地でひたすら出ないおっぱいを吸わせていました。

吸わせ続ければ出ると言うネットの記事を鵜呑みにしてしまった

のです。

 

時間があれば、“母乳が出るには”や”母乳 出ない“など、

たくさんのキーワードを入れ、ネットで調べ続けました。

検索魔になっていたのです。

 

母乳が出るように病院の母乳外来にも通いましが、

残念ながら成果は出ませんでした。

出ないものをあげ続けるわけにはいかない為、

ミルクにも少しずつ手を出すようにしました。

 

そこで、辛かったことは、主人も育児の知識がないため、

子供はミルクではなくおっぱいで育てると思っていること。

周りの人に、娘が泣いていると当たり前のように

おっぱいあげてきなと言われ、ミルクなんだと言えず、

ミルクを作り損ねてしまうこと。

 

ショッピングモールなどで授乳室に行くお母さんが多い中、

何故か肩身が狭いを思いをしながらミルクを作ることでした。

 

全て私の変なプライドのせいで赤ちゃんとコミュニケーションが

1番取れる食事の時間を辛いものにしていたのです。

 

一言、”娘はミルクで育ててるの”と主人に、

家族に、友達に言えばそれで良かったのに、言えませんでした。

 

おっぱいが出ないため、娘はずっと機嫌が悪く、

お腹が空いているため、眠りも浅く、

寝る時間も短く、わたしは疲れ果てると言う悪循環に陥り、

全てがうまくいきませんでした。

今となって思えば娘に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

そんな私を変えてくれたのは、他のままさんのブログや、

まま同士がコミュニケーションをとれるアプリでした。

 

わたしと同じ悩みを抱えるままさんが、

どうやって悩みを解決したかが書いてあるブログを読んだり、

ミルク育児に引け目を感じることなく堂々と書いてあるブログを

読んだりしました。

 

また、自分は参加しませんでしたが、

ミルク育児に抵抗がある人と、

ミルク育児をしている人のやりとりをアプリで見たりしました。

 

わたしはただ単に母乳が出ない体質でしたが、

中には病気のため、母乳をあげたくてもあげられず、

搾乳をして母乳を捨てているという方もいました。

 

そのようなもの読んでいると、自分のプライドが本当に

馬鹿馬鹿しく感じるようになりました。

 

完全母乳で育ててる人のブログを読まないようにしたことも、

自分の考えを変えることに繋がったのかもしれません。

 

大事なことは同じ悩みをもつ人と繋がることだと思いました。

(実際にはブログを読んだだけですが、

自分の中では仲間意識が芽生え、身近に感じていました。)

 

少しずつ気持ちが明るくなってきたところで、

たまたま、産婦人科の看護師さんに

話を聞いてもらえる機会がありました。

(毎月1回スーパーなどでやっているものです。)

 

その時に母乳が出ないという悩みを相談したら、

とても親身になって聞いてくれ、

ミルク育児の良さを教えてくれました。

 

母乳が出ないことに対して、

何も突っ込まれなかったことは嬉しかったです。

 

そこで思ったことは、1人で悩まないこと、

そして、話を聞いてもらう人を見つけることが

とても大切だと思いました。

 

わたしの場合は母親には相談できず

(母親は、わたしの娘がおっぱいを飲む姿が大好きだった為、

なんとなくミルクにすると言えませんでした。

 

そして、母親自身母乳で私を育てたため、

ミルク育児は嫌だろうなと勝手に判断したのです。)

 

初対面の先生に相談しましたが、逆に初対面だからこそ

素直に話せ、素直に話を聞けたた部分もありました。

 

育児に悩みはつきものです。

限界が来る前にどんなくだらないこと、

些細なことでも、相談できる相手を見つけることが

大切だと思いました。

 

辛い時は辛いと言う勇気も必要です。

わたしの場合、誰かに話を聞いてもらうことで、

驚く程スッキリしました。

 

先生、そして、全然知らない方ですが、

ブログを書いてくれた方、

悩みのやり取りをアプリ上で公開してくれた方のおかげで、

私は娘が最後半年の時に、

母乳をあげなくなることに抵抗なく、

完全ミルクに移行することができました。

ミルク1つとっても、色々な種類があり、

ミルクごとに栄養分なども違うなど、

楽しくミルクを勉強することができるまで

ミルクが好きになりました。

 

娘はミルクに変えたことでぷくぷく太るようになりましたが、

風邪一つ引かず元気いっぱいに育っています。

 

この経験を通して、私はありがたいことに成長することができ、

新たな育児の壁にぶつかっても、

自分の気持ちを素直に話すことができるようになりました。

 

今までのようにどん底に落ちることも無くなりました。

今では育児が楽しい!!と自信を持って言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA