嫁姑問題で離婚しました。 お姑さんが海外の方の場合

旦那さんは基本的に奥さんの味方でなければなりません。

私の過去にあった子育てを巡った嫁姑問題のお話です。

子供が出来ると幸せでもありますが様々な問題も出てきます。

 

「嫁姑問題」や「夫婦関係」

その他にも子供の育て方についてだったり…

そんな子育てでよく聞く「嫁姑問題」で

実際に私が体験したことをお話します。

私の結婚は子供が出来た事がきっかけでした。

旦那さんになる人はハーフで

お父さんは日本人でお母さんがタイ人の方でした。

 

当時私は結婚をしたらゴールだと思っていて

嫁姑問題なんて深刻には考えていませんでした。

 

子供が出来て結婚が決まってから旦那さんの

実家にちょくちょくお邪魔させてもらって

お泊りもさせてもらっていました。

 

話してみるとまだつたないものの

日本語もしっかり話せてとても優しそうな人だったんです。

 

このお母さんなら喧嘩したりすることも

ないだろうと安心していましたが

それは子供が生まれて1ヶ月経ったくらいから

徐々に変わっていったんです。

 

やはり外国やタイの方は宗教や信仰が当たり前なのか

1ヶ月がようやく経ったという時期に

タイのお寺にまだ産まれて間もない子供を連れて

お祈りに行く事になったのです。

 

理由は「子供が将来まともに育ってくれるから」

「親孝行してくれる子に育ってほしいから」

と言うお母さんの考えからでした。

 

無論私は初めての育児に寝不足で疲れている状態で

まして私自身宗教に全く関わりがなかったので

旦那さんと喧嘩するほど抗議して

行くのをやめてもらうよう話して頼みましたが

旦那さんはお母さんには頭が上がらないので

結局行く事になりました。

 

知らない言葉に知らない場所。

何より子供もまだ生まれたばかりで

お寺に行った時期は1か月でした。

首が座っていない状態でずっと支えて

正座をしながら念仏を聞いてるのは

結構きつかったです。

 

これを気に約1ヶ月半~2ヶ月の周期で

同じお寺に行くことになりました。

 

子供の髪がある程度伸びて髪を切らなきゃ

いけないと考えたときにふと旦那さんのお母さんが

こう言ったんです。

 

「髪切ってもらわなきゃね」と。

まだお店に切りに行く、というのなら理解はできたのですが

向かった先は「お寺」でした。

初めての散髪はお坊さんに切ってもらうのがいいのだそうです。

 

私はすごく腹立たしかったのですが

これも旦那さんと話し合いましたが

結果仕方ないと言われました。

やはり母親なので自分で身の回りの世話をして

子供を育てたかったので内心腹が立って仕方なかったです(汗)

 

毎回こういった子供の育て方について

お母さんはこうしたい、私はこうしたいと

意見が食い違う度に旦那さんを挟んで

話し合いをしましたが結局一番立場が下なのは私で

お母さんのしたいがままで日々を過ごしていました。

 

そして私がキレるきっかけになったのは

子供の離乳食が始まった時期でした。

 

お粥を茹でてさらにこした物を食べさせていましたが

まだ始めたばかりの頃にバナナをミキサーにかけたものも

あげなさいと言ってきました。

私が気にしすぎで過剰になり過ぎだったと

言われても仕方ないのですが

まだ始めたばかりで粘度がお粥よりも高いので

それをお粥に混ぜて食べさせるなんて

喉をつまらせたらって思いましたし

それにまだ周りよりは早めに離乳食を始めたので

不安ばっかりだったので

それはもう否定して喧嘩になりました。

 

私も感情的になると泣いてしまうのですが

泣いて否定しても結果はどんな理由であれ

お母さんの意見が通り私は

「なんで子育てしてるんだろう…?」と思いました。

 

私の子供だから私なりに子育てをしていきたいのに

国や文化、家庭内の立場や見えない順位があるだけで

したくもない事を我慢しなきゃいけない。

 

子供と触れ合ったりご飯をあげたりする時間は

子育てをする中で1番やりがいを感じることが出来て

ママとして幸せな時間だと思うんです。

 

最終的には離婚しました。

元旦那さんともそのお母さんとも会っていません。

連絡も取っていません。

 

子育てをしていく上で我慢してストレスを溜めるのは

自分にも子供にとっても良くないのです。

今では指図されたりしたくももないことを

我慢してする必要が無くなったので

とてもスッキリしています。

 

全ての外国の方がそうだとは限りませんし

私だけの経験談なので嫁姑問題は必ずしも

結果がこうなると決まっているわけではありませんが

経験した私が思うのは次結婚する機会があれば

自分の家族ももちろん相手のご家族とも

一緒に暮らすのは絶対にしないな、と。

悪意があって元旦那さんのお母さんも

色々言ってきた訳ではないと思いますが

どこにいっても優劣は存在しています。

 

子育てをしていく上で特に周りに口出しをされたくないという方や

我慢ばかりするのは嫌だと思うのであれば

私は極力「姑」との関係は必要以上に

持たない方がお互いの為になると思っています。

 

あともう一つ、お母さんの優しさ甘えてしまう

彼氏や旦那さんも結果二世帯住宅で暮らすことになったり

一緒に暮らすことになるのでオススメしません^^;

 

子育てをしてるママさんが

楽しく充実した子育てをしていけますように(*^^*)

 

《管理人クレヨンしのちゃんコメント》
この記事を読んでいただいた方は共通に気になることがあると思います。
そう、旦那さんの対応です。旦那さんは基本的に奥さんの味方でなければなりません。
旦那さんにとって、実の母が大切なのはわかります。
母親の意見もある程度までは尊重しなければなりません。
しかし、新しく生まれた命、子供の親は旦那と奥さんです。

新しい家庭は旦那と奥さんと子供です。
お母さんの意見は尊重しながらも、
奥さん含む新しい家庭で最終的な意思決定をして、
物事を進めていくのが基本です。

極端な例ですが、お母さんの意見を尊重して、
万が一、子供の命にかかわるようなトラブルが
発生した場合、お母さんが責任をとれますか?
逆の見方をすれば、お母さんにそんな重い責任を負わせてはいけません。
子育ての責任は夫婦で負うべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA