子供のメンタルを強くするために大切なこと

どっしり構えて、心に常に寄り添ってあげる。

【人見知りな娘が小学校に上がりお友達が多い子になった】

私の娘は赤ちゃんの頃から場所見知り・人見知りが激しく

他の子供に比べて、親以外の人に絶対近寄らないくらい警戒心が強い子でした。

幼稚園に入園した時も全く知らない子ばかりに囲まれて、

2・3ヶ月は友達が中々出来ずにいました。

 

3ヶ月経った頃やっとお友達ができて、

その子と一緒に行動するようになり仲良く遊んでいました。

 

ただ遠慮がちな部分もあって、

他の強そうな友達が娘のお友達を気に入り

かっさらって行くようになるとうちの娘を突き飛ばして

そのお友達と離そうとする子も出てきました。

娘も反撃できれば良かったのですが、

強く言ったりすることができない性格なので

ただ呆然と立ち尽くして1人でフラフラ他のお友達の所にそっと入る

ということが続き、それを何度か役員の仕事で来ていた私が見かけて

とても苦しく心が痛くなりました。

 

でも半年ほど経ってから、また役員の仕事で見かけた時には

娘の周りには4人のお友達がいつもいるようになって

とても楽しそうに笑っている姿を見かけるようになって

安心したのを覚えています。

以前突き飛ばした子はやはり態度や言い方、

行動が強くて女の子たちが嫌がり

男の子のお友達と一緒にいる日が増えたそうです。

 

やっと年少さんも半年が過ぎて仲の良い子が出来て楽しそうだなぁ!

と思っていたら、クラス替えの時期がきて

いつも一緒にいた何人かの子達は離れてしまいました。

でも最初に娘に声をかけて仲良くしてくれた子は

また同じクラスになり、その子がいてくれるから安心!

と思っていました。

 

でも年中になるとちょっとずつ主張をする子も出てくるので、

うちの娘のように控えめで輪にすぐ溶け込んだり出来ない子は

明るく活発に飛び込める子達からすると不思議ちゃんに映るのか

やはり3ヶ月ほどは避けられていたように思います。

 

避けられていたと言うより自己主張が少ないので、

あまり印象に残らなかったり

明るくキャッキャと楽しくできる相手といた方が

子供同士も楽しいのでうちの娘のように控えめで

あまり自己主張をしないタイプは

構ってもらえないように思います。

 

年少の時に仲良くしてくれていたその子も、

新しいお友達が出来て誘われたりすることも増えて

娘とずっと行動すると言うこともなくなり

また娘は1人ぼっちになってしまう日もあったそうです。

 

これが年長まで続き、なんとなく話せる子はいても

結局本当に気が合ったり主導権を握れる子は

固まって行動するので娘は最後の最後まで

固定で仲良くしたり遊べる子はいなかったように思います。

 

 

それがあって、小学校に上がる時には物凄く親心で心配していました。

また自分が本当に心を許せて楽しめるお友達が見つからないんじゃないか…

まだ先にグループや仲良しさんの固まりが出来て娘は入れないんじゃないか。

と不安でいっぱいだったのです。

 

それがなんと、入学してすぐから沢山のお友達に囲まれている娘がいて、

びっくりしたことを覚えています。

まさかあの人見知りの娘が

こんなにたくさんのお友達と話せるようになるなんて思ってもいなくて、

心配していたのが笑えてしまう位。

 

どうやってお友達になったの?と聞いたら、

「自分からお友達になろう!」と声をかけた。

と言っていたのです。

それまたびっくり!

 

そんな事を自分から発言できるなんて

幼稚園の頃の受け身体制な娘からは想像できませんでした。

どうして声をかけようと思ったの?と聞いたら、

「だって仲良くなりたいし、小学校で新しいお友達を作りたいってずっと思ってたから

皆と仲良くなりたくて自分から声をかけた」と言っていました。

 

その時に、幼稚園の頃自分は受け身で誰かから声をかけられるのを待っていたり、

主張をあまりしてこなくてお友達と本当に深く仲良くなれたことが無かったから

娘なりに小学校に入ったら新しいお友達とはそうなりたい!

と思ったのかな?と感じました。

 

自分がそういう経験をしてきて、

辛い日もあったからこそ逆に自分から声をかけないと誰とも仲良くなれない。

と感じ勇気を持って声をかけるようにしたのかな?

ととっても嬉しくなりました。

 

もうすぐ小学校2年生になりますが、

今では他クラスの子と放課後も遊んだり、

同じクラスの子とは全員仲良しですし

男女関係なく沢山のお友達が出来ています。

 

幼稚園の頃は人見知りや場所見知りで中々入れないからと言って、

悲観する必要は無いと感じました。

親としてはどうして自分から輪に入らないのか…

どうしてもっと自分の意見を言わないのか…

など幼稚園時代はモヤモヤしたり心苦しくなったりしましたが、

娘を見ていると成長する段階で自分で学んで感じたからこそ頑張ってみよう!

とか声をかけれなくてポツンとしている子にも声をかけて輪に入れてあげよう!

とか思える気持ちが強くなったんだな。と思いました。

 

なので小さい頃にあまり人付き合いが上手くなかったり、

固定の仲良しさんが出来ずいつもペアを作る時などにもれていた子でも

小学校に入るとまた違ったお友達が増えて視野が広がり

その子ならではの良さに気付いて仲良くなれたりすることもあるので、

今お友達がすぐにできない子でも

長い目で見て自分で学ばせコミュニケーションを覚えて行くことも

大切なんだと私が教えられました。

 

【子育てを予定している新人のママさん、パパさんへのアドバイス】

これから子育てを始めるママさんやパパさんも

こういったお友達付き合いなどの不安は出てくると思います。

私も本当に不安だらけでした。

 

でも小さい頃ちょっと上手くない所があっても、

小学校に入ればそれが変化する事もあります。

心では不安だなぁと思っていても、親はあまり不安を煽らないこと。

不安な顔をしたり、悲しくしていると子供はそれを察知して

無理してしまい心が壊れてしまうので、

どんな状況でもその子のこれからに大事な勉強なんだと思って見守り話を聞いて、

時にはこうしてみたらどうかな?と提案したり、

一緒にそうだよね!と前向きに頷いてあげたり

寄り添ってあげられると子供は勇気を持って

違うことにも飛び込める強さを備えていけるのではないか、と感じます。

どっしり構えて、心に常に寄り添ってあげる。

私達はあなたの味方だから!と常に見守ってフォローしてあげる

そうすると子供は一気に強くなれて、

娘のように勇気を出して自分から行動することができるようになりますよ!!

ママやパパは不安にならず、

これで良いんだ!としっかり信念を持って寄り添ってあげて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA