子育てをするメリット・未来がキラキラしてくる

子供ができるまで、私は子供嫌いでした。ところが・・・

子供を育てていると、思うようにいかないこと、

苦しいことで日々が埋め尽くされて、

常に忍耐を試されているかのような時間があっという間に過ぎ去っていきます。

眠れない、一息つけない、ご飯食べれない、

トイレ行けない、腰膝ガタガタ。

そんなストレスフルな日々の中で、

なんとか投げ出さずに生きていけるのは、

自分の子供という愛おしい存在であるというだけではなくて、

日々起こるちょっとした奇跡と幸せがあるからこそです。

 

嬉しいことの1つ目は息子。

私の息子は思い起こせば色んなことが遅い子でした。

首の座りも、お座りも、ハイハイも。

保育園の周りの子がドンドン歩き始める1歳でも、

我が子はまだハイハイ。

おしゃべりが煩くなる2歳頃でも話せる言葉はごく僅か。

3歳を過ぎてもまだまだお話ができず、

常に心配してばかりでした。それが突然!

ママ怒らないの!

といい始めたのがスタートで、

そらからコロコロと言葉が増えてきました。

もちろん他の子よりはだいぶ遅いのですが、

毎日語彙が増えていきます。

うまく口が回らず、家事と言いたいのが、「かひ」だったり、

高いと言いたいのに「かかい」だったり。

 

まだまだ人並みとは言えないのですが、

少しずつ自分のペースでこの子は学んでいるんだなーと、

嬉しいというより感慨深い気持ちになり涙がこぼれます。

 

トイレトレーニングも、言葉が出てからにしようと思っていたので、

3歳まですることはありませんでした。

 

始めた頃はトイレを教えることもなかったし、

濡れても全く教えてくれませんでした。

 

1年かけてゆっくり進めようと腹を括ってオムツも買いだめをした頃。

突然おもらし をしなくなったのです!ほんと突然でした!

「ママ!ピーピー(おしっこ)」と都度都度教えてくれるし、

我慢もできるようになり、なんと!睡眠中もほぼおしっこしないという。

 

うんちも完璧、おしっこも完璧。

かかった期間たったの3ヶ月という、

本当に優秀な成績で卒業したのです!

この子は誰よりも遅いし、どうせできないし、

と思いこんでいたのは私で、

息子はできる男でした。すごく嬉しかった。

親なんて結局サポートしかできないのに、

私は何かをしてあげてる気分でいるのです。

それを息子が身をもって正してくれました。

次への一歩は僕が僕のタイミングでするんだよと。

そんな流暢な言葉を発することはないですが、

言葉以上にこうして行動で示す彼を見て、

よくちまたで提示される成長の指針って、

目安になって便利だけど惑わす要因だなと感じました。

 

私は彼が彼のペースで、自分の力で成長していることを感じられる瞬間がものすごく嬉しい。

彼が、できた!と大声で教えてくれることが嬉しい。

ありきたりですが、めんどくさいことばかりを巻き起こして

私の忍耐を試す彼との毎日が嬉しい。

嬉しいことばかりなんです毎日。

 

嬉しいことの2つ目は娘。

娘が生まれてから、大変さは数倍に跳ね上がりましたが、

嬉しいと感じる頻度は数十倍になりました。

生まれたばかりの娘に寄り添い可愛がる息子の姿を見たとき、

娘がハイハイした時、娘がニコニコ笑いながら近寄ってくる時、

息子と娘が2人でなぜか笑い合ってる時。

子供を持つ前は、こんなちょっとしたことで

嬉しいと感じることがあるとは思っても見ませんでした。

ひどい時は、娘が泣きながら私のところまでハイハイしてくる時や、

泣いていたのにおっぱいを与えて

静かに眠りにつく顔を見てる時さえ嬉しさが込み上げます。

 

嬉しいことの3つ目は未来がキラキラしていること。

子供がいることで、今この瞬間が明日の何につながるのか、

来年のどこに繋がっているのか、

それを考えられることが何よりも嬉しいです。

明日が楽しみだったことは、幼稚園の時以来経験がない私です。

子供がいることで、子供という存在が

私に未来に楽しみを作ってくれているのです。

子供ができるまで、私は子供嫌いでした。

 

子供がいたら自分のことが二の次になることが嫌で、

子供はいらないからと主人に伝えていました。

それがご縁があり、息子、娘と授かることになってから、

子供があまりにも尊い存在であると知ることができました。

人の話は聞かない私が、子供と接することで

人間というものを知ることができてます。

これって最高に嬉しいことだと思ってます。

また余談ですが、子供が生まれたことで

主人がしっかりしたこともすごく嬉しいです!

朝寝坊することもないし、掃除もなんとなくしてくれるし、

お風呂に入れてくれたり。

主人の協力がなければワンオペでフルタイムの仕事はできないので、

彼がしっかり仕事をしながら自分のことをしていることが嬉しいです!

 

こう思うと、子供が家族に参入してくれたことで、

嬉しいことが増えてきました。

今まで隠れていた嬉しさが溢れ出てきたんじゃないかと思うくらい、

毎分嬉しさが溢れだす日々。

 

寝不足の毎日で頭はクラクラのはずなのに、

嬉しいことがいっぱいなので日々楽しく過ごせています。

 

管理人のクレヨンしのちゃんです。

前日(2月5日)の記事とリンクしている部分がありますね。

「どっしり構えて、心に常に寄り添ってあげる。」が昨日の記事の

サブテーマでした。

上の「未来がキラキラ」の記事を書いていただいたお母さんは

「どっしり構えて、心に常に寄り添ってあげる。」が実践できている

前向きな思考回路を持った明るいお母さんですね。

心の強い子供、自己肯定感の高い気質を持った前向き思考な子供はこのようにして

育つものなんだということをあらためて考えさせられます。

前向き思考は子供に受け継がれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA