子育てのコツは一人で抱え込まないこと

育児を乗り切るためのママの心構え

私は2017年に一卵性双生児の男の子を出産しました。

妊娠が発覚し産婦人科を受診し、「双子ですよ~」

と言われた時の事を今でも鮮明に覚えています。

昔は双子ちゃんって可愛いな~羨ましいな~と思っていましたが、

実際に私が双子を妊娠した時には嬉しさ半分、

焦りと、不安が一気に込み上げました。

 

しかしながら、昔からマイペースな性格に自分自身救われ、

妊娠中は悩むこともなく、早く顔が見たい、

今まで一人で入った事のない子供服売り場で一人幸せを噛み締めながら、

ただひたすら日々2人とも元気に健康で産まれてくれれば良いと考えていました。

 

産まれてきてからは、予想ははるかに越えて睡眠時間はまったくなく、

オムツ交換、二人同時授乳、

授乳が追い付かずにミルクで1日が過ぎていきました。

 

身体的には、疲れていましたが

そんな時には出産した日の写真を見ては癒され、

日中はおんぶに抱っこは当たり前、

それでも日々コロコロと変化していく体つきや表情に夫婦で喜んでいました。

 

新生児はあまり記憶がないまま過ぎ、気づけばお誕生日を迎え、

一歳になる前につかまり立ちをしていた2人が

一歩二歩と日々歩く歩数が増えていきました。

この時期くらいから、歩きたい子ども、転倒を心配する私、

目離しできなくなり、食べムラが始まり、

新生児には経験した事がない悩みが沢山増えました。

 

悩みが増えるたびに、育児書を開いてみたり、

ネットで検索したり、友人にアドバイスを貰ったりもしましたが、

ある日子供と遊んでいるときに、

私の動きの真似をした長男を見て思いました。

 

育児書に、長男と次男の事は書いていないし、

育児書通りにしても私が育てていくのだから、

私が決めてやっていくしかないと思い、

それ以来ネット検索、

本を読む時間を全て子供の時間にしました。

 

少し迷った時、周りに誰も相談できる人が居ない時に

検索や育児書を開くのもいいと思います、

しかし、目の前に居るのは私のお腹の中にいた子供なので、

失敗してもいいし、子どもが親に全力で、泣いたり、笑ったり、

甘えたりするように親も全力で子供にぶつかって

色々な経験を子どもと一緒にしようと思いました。

考え方を変えてからは、悩むことも少なくなり、

のびのびと育児が出来、楽しくなりました。

 

また、はたから見たら手抜きと思われたり、

甘い、厳しいなど言われても私は私の方法で子供優先に考えて、

親も人間、疲れて泣いても良いし、怒ってもよい、

ガス抜きが上手に出来なければ、

旦那さんに相談してアドバイスを家族にもらえばいいと思います。

 

家族や友人に相談できない人は、ベビーシッター、

一時保育、保健所に相談して

自分の為に休息の時間を儲けてもバチは当たりません。

 

周りのママがキラキラして見えていても周りの人とは比べずに、

子供から好かれればそれが1番目はなまるだと私は思って日々育児に奮闘しています。

 

そんな双子も気がつけば、2歳になり、

益々活発で毎日喧嘩していますが、

大きな声で泣き、笑うと言うことは元気な証拠です。

2人の言葉がはっきりと分かるようになった今は、

物凄く嬉しくて会話が出来てきた喜び、

私の伝えている言葉を理解してくれる子供の姿を見るとたまらなく嬉しくなり、

双子の母親にしてくれて、私を選んでくれてありがとう、

感謝で胸がいっぱいになります。

もうすぐで幼稚園に行きますが、

日中3人で過ごすのも残りわずかと考えると私の方が子離れ出来ません。

 

育児中は、子供の成長とともにまた新しい悩みが増えます。

でも、そんな時に私なんかダメだ、私は全然出来ていない、

なんて思わないでください、他の人と比較しないでください。

 

疲れた時は、子供の前だって、誰の前だって泣くことは恥ずかしい事ではありません。

泣いてスッキリすれば、また明日から頑張れるし、

気持ちに余裕が出来れば全然違う考えになります。

 

睡眠が欲しいときには旦那さんに甘えてください。

授乳は母だけではありません。ミルクを旦那さんにしてもらえば良いのです。

母乳じゃなくてもいいんです。ミルクでも母乳と同じくらい栄養があります。

 

オムツ替えも2人の子供だから、お父さんにだって出来ます。

二人で分担して、思う存分甘えてください。

仕事で疲れているからと旦那さんを気遣う気持ちは凄くわかります、

でもあなたが倒れてしまえば、もっと大変です。

 

睡眠を確保したい時には旦那さんや家族、ベビーシッターを頼ってください。

ベビーシッターを利用すると世間の目がなんて気にしては行けません。

母親だって疲労は貯まります、そんな時は自分を優先して休んでください。

頑張りすぎなくていいんです。

 

母親だって出産、育児は全てが初めてだらけです。

失敗して当然ですし、出来なくて当たり前なんです。

皆そうですから、一人で悩まないで下さい。

必ず近くに手を差し出してくれる人、共感してくれる人、

話しを聞いてくれる人は絶対にいます。

どんどん甘えて悩みを口に沢山出して行ってください。

ひと休みしたらまた頑張りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA