ワンオペ育児は無理ゲー?

育児は一人で抱え込まないで!

乳幼児の育児が想定以上にハードでした

小学校一年生の女の子の母です。

うちの夫は以前サービス業をやっていたのですが、

娘が保育園の年長の秋ころまではあまり休みもなく、

平日は寝ている時間くらいしか家にいることがない、

週に1日の休日もあったりなかったりの状態でしたので、

娘の子育ても働きながら私がほぼ一人でやっている状況でした。

娘は赤ちゃんの時はあまり寝てくれない子で、

寝たとしても布団においてしまうとすぐに起きてしまうので、

1歳半くらいまでは自分自身がゆっくり寝たとか

ゆっくり休んだという記憶が全くありません。

 

日中はとにかく起きていて、昼寝の時間になっても

1時間かけて抱っこで寝かしつけても布団に置くと起きる。

 

夜は寝かしつけるのに2時間かかってやっと寝たと思ったら

ちょっと娘自身が寝がえりを寝返りをうった衝撃で起きる。

というような状態でした。

 

赤ちゃんはずっと寝ているもの、という先入観もありましたし、

まわりのお友達や親せきの子も

みんな赤ちゃんの時はよく寝ていた話を聞いていたので、

なんでうちの子は寝ないの?どこかおかしいの?

といろいろ気になってしまい、

検診の時に助産師さんやお医者様に相談もしましたが、

寝ていない割にしっかりと成長をしていたので、

「特に問題はありません」というような返事しかもらえませんでした。

 

夫が家のことをやる暇は全くなかったので、

初めのうちはとにかく娘に寝てもらってその間に家事をやろう、

と思っていたのですが、だんだんと自分も疲れてしまい、

「もう掃除が出来なくてもいいや。ご飯もどうしようもなければ買ってきてもらえばいいや。」

と自分たちのことは後回しにすればいい、

という考えになってきてしまい、

家の中がぐちゃぐちゃになり始めました。

 

布団に置くと起きてしまうのなら自分の上で寝かせればいい、

と思い、昼寝は自分の胡坐の上で。

そばを離れると起きてしまうなら

いっそのこと一緒に寝てしまえばいいや、と思い、

疲れてしまったこともあり夜はそのまま添い寝をしてしまう。

泣いたらどうしよう、起きたらどうしよう。

 

とにかくその当時は精神的に参ってしまっていたんだと思います。

一時期、娘が泣くの聞くだけでイライラして

言葉をしゃべれない娘に対してキレてしまっていたこともありました。

そんなこともあり、寝てしまうと起きない、

家のことはしない、

そんな夫にもだんだんと腹が立って爆発してしまいました。

解決の糸口は夫の手助けでした

そんな時、あまりにも私がボロボロになっていたことに

夫も気が付いたようで、

夫が「夜、仕事から帰ってきたら夜中は見ているから少し休めば?」

という提案をしてくれました。

 

もともと夫は手伝わない代わりに

私が家のことを疲れていあまりやらなくても何も文句をいわない人でしたが

私の方がむしろ「家にいるんだしちゃんとしたい!」

という思いであれもこれも一人で抱え込んでいるのだ、

ということにその時に気づかされました。

 

その日からしばらくの間、

夫は自分の寝る時間が数時間削られることを承知の上で

文句も言わずに娘の相手を夜中してくれていました。

 

ミルクを飲みながら寝てしまうこともあったようですが、

時には深夜にもかかわらず目がさえてしまって

寝ないことがあっても気にせず娘の相手をしていたようで、

そういうときは娘も途中で疲れてそのまま寝てしまうようでした。

 

何があっても朝になって私が起きてくるまでは

夫はゲームをやったり仕事の残りをやったりしながら

娘の相手をして時間を過ごしていました。

 

しっかりしないといけない、という自分の思いと

娘が寝たいか寝たくないかは赤ちゃんだった娘にとっては

まったく関係のない話。

 

眠くなければ寝ないのは大人も子供も一緒だというのは

当時の自分の頭からは完全に抜けてしまっていましたし、

絶対に寝かせたい、寝てほしいという私とは違い、

ずっと相手をしてくれる夫は娘にとっては良かったようです。

 

娘が泣いてしまうとその声で自分も起きてしまいましたが、

それでも夫が見ていてくれるからいいか、

と安心してまた眠ることが出来たので

その間でずいぶんと体も心も休まることができ、

日によっては朝まで全く娘の泣き声に気が付かないということもあったように思います。

総括

ネットや子育て本、人からの話で子育てについて

いろいろな情報が入ってきてしまいますが、

自分の子供がそれらの情報に当てはまるとは限りません。

 

オムツ交換やミルクの作り方などみんなが同じにできることもありますが、

子供によって成長はそれぞれです。

特に初めての子育てをするときは自分も勝手がわからないし、

とにかくしっかりやらないといけないという気持ちが先行してしまって

結果的に失敗していた、ということは

おそらく他のお母さんたちも経験をしていることだと思います。

 

自分の気持ちに素直になって誰かに助けを求めてみる、

初めてなんだから完璧なんてでできないと理解する、

ということが私にはできていなかったのだ、

ということを夫がかけてくれた言葉で気づかされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA