発達障害・子どもの長所に着目して伸ばしてあげたい。

興味を持ったことに対してはとことん追及してほしい

保育園時代に子どもの持っている特性がわかりました

まだ子供が保育園児だった頃、保育園へと通うことはできていたのですが

多動・集団行動が苦手でその場にずっといられない

・メンタルが強くなく何かストレスが蓄積されると塞ぎ込んでしまう、

チックの症状が出てしまうなど何かと不安要素が多く、

毎日気にかけることが何かしらある子供でした。

保育園の先生方の理解があり、

子供が過ごしやすい環境づくりをしてくれる

・私との連携をしっかり図ってくれてこちらがお迎えのタイミングが合わず

先生と話すことができないこともあるので、

我が家用にと特別に連絡ノートを作成してくださり、

 

家庭で何か変わったことがあればそのノートに記入して

申し送りをするなど保育園も一丸となって協力してくれましたし、

シングルマザーで子育てをしていることをとても気にかけてくださり

私のサポートまでもしてくれてとても協力して頂きました。

 

転職して保育園に通う時間がかかるようになってしまいましたが、

そこまで協力的な保育園は中々ないですし

子供もその保育園自体はとても好きだったこともあり

その保育園をずっと継続していました。

小さい頃の軸は大事だと考えているので、

いい保育園に巡り会えてよかったです。

 

支援学級への入学は正解でした

そしてそんな中での就学の時期になり、

普通学級で過ごすのが苦しく学校へ行けなくなってしまう可能性があり

そうなってしまうと本人のためにならず学校=嫌な空間

という認識を持ってほしくなく、

他者と距離感を掴むのも難しい・集団行動で

今まで以上にきっちりしかければならないとなると

負担になり心が折れてしまうこともあり、支援学級へ通うことにしました。

 

就学後すぐにその場から1人で勝手にフラフラ消えて

学校内の探索をして先生方が探し回る、

友達との距離感がわからずクラスメイトの子へと付きまとうような行動を取る、

授業にしっかり参加することができないなどということがありましたが、

学校生活を日々重ね慣れていくうちに

そういった行動は落ち着いてきましたし、

勉強も嫌だと言いながらも宿題をきちんと取り組むことができ

内容を理解しているので安心しました。

 

1、2回目の授業参観時には落ち着きがなく、

ふざけてしまったり周りと同じ行動が取れないなどと

周りよりも悪い意味で目立つ存在となっていましたが、

1年生最後の授業参観ではしっかりと周りに合わせることができており、

好きな内容ということもあったためか

授業へ意欲的で楽しそうな表情を浮かべて参加している姿を目の当たりにし、

1年間の頑張っている集大成が見えて

マイペースではありますが彼なりに

成長していていっているなということを感じ、とても感動しました。

 

長所もたくさんあります

ここまでの内容ですととても手のかかる子に見えますが、

人が困っているときにはその人に対して手を差し伸べることが出来る優しい子です。

いつも側にいることもありますが、

私が体調を崩したときには心配してくれ

お手伝いを積極的に行ってくれますし

普段は喧嘩ばかりしている妹の相手・面倒も見てくれます。

運動会でも走る競技で転んでしまった子がいたら

その子を気にかけて手を繋ぎ一緒にゴールすることもありました。

人との距離感を掴むことが難しいですが、

愛嬌もよく人懐っこいため初めて会う人でも

気さくに話しかけることができるので

大人相手にはとても可愛がられます。

距離感の取り方がわかるようになってくれば、

友達がもっと増えるのかなと思うので

上手く距離感が保てるよう今は見守っています。

 

運動・勉強は大の苦手であり結果を残せるタイプではありませんが

きちんと学習・取り組みが出来ているようであれば

それでいいというスタンスを取って彼の意欲を下げないよう配慮し、

逆に自分の得意なことに対して意欲が見えるときには、

たくさん褒めちぎり自信をつけてもらえるようにして

長けているところはもっと伸びていけるようにしています。

 

いろんなことに興味がある子なので

興味を持ったことに対してはとことん追及してほしいですし

いろんな世界を見ていっていろんな世界を知り

自分に合うものを見つけられるといいなと思っているので

邪魔することなく、様々なレールをたくさん用意していき

いろんな楽しみを感じていってほしいです。

 

短所はゆっくり改善、長所にフォーカスを当てて歩んでいきたい

今まで心配な要素がたくさんあり、

何度も頭をかかえることもありますが

短所はゆっくりと改善していき躓いてしまえば

一度その場で立ち止まって親子で少しずつ前に進んでいき

更に成長できるような形をこれからも取っていきたいですし、

長所はこれからも伸ばしていけるよう

子供の意志を尊重しながら子育てをしていければと思います。

 

どんな子供でも短所・長所があり

その部分は人によって異なりますが、

長所にフォーカスを当ててあげることで

子供が更に過ごしやすく充実した生活を送ることができるので、

時には厳しくしつつ芽が潰れてしまわぬようフォローしながら

まだまだ先のある将来、どう成長していくのかが楽しみなので

これからも側で見守っていき

上手くことが運ばないこともありますが、

それも経験なので今後も温かく見守っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA