中学生の息子が荒れていて手が付けられません。改善の糸口は?

優しい、甘い、だけでは、子どもは成長しません。

子育てで大切なこと。

一貫性を持って、「ダメなことはダメ」と命がけで伝える厳しさを持つ。

それが親の愛情であると理解すべし。

大愚元勝

 

これは大愚元勝さんのところに寄せられた、子育ての悩み相談です。

********************************

この度は悩みがありましてメールさせて頂いています。

私には3人の子供がおりした。

一人目は出産予定日前に死産、

二人目は中学1年生の時、交通事故に遭い

約半年間の闘病の末天国へと旅立ちました。

 

現在は3人目の息子と夫と私の3人家族です

3人目の息子は現在中学3年生です。

生まれた時から繊細で神経質な性格なんですが、

中学生になってから荒れ始めました。

 

気に入らないと壁に穴を開けたり、物を壊したりが絶えません。

野球部に所属していたのですが、打てなくなったことに自信をなくし、

バッターボックスに立つと過呼吸になるとのことで

部活をサボるようになってしまいました。

 

受験を左右する大切な期末テストをボイコットしようとしたり、

2学期に入ってからは自殺願望が強くなり、現在は精神科にお世話になっています。

息子は身長が162 cm しかなく、主人も私も低身長なので

子どもが言うには、

「親の身勝手さでよくも産んでくれたな。

子供を産んでも死なせて子供を不幸にするばかり

自分がこの家を終わらせる

結婚して子供を産んでも背が低い子供が生まれるから

こんなに辛い目に遭わせたくない」と、激しく親を罵倒します。

 

人は身長じゃないよ。あなたは身長より勝る良いところがたくさんある。

などと言っても、親を恨むの一点張りです。

 

人生は辛いこともあれば嬉しいこともあるものですし、

何とか乗り越えて与えられた命を全うして欲しいのですが、

メンタルが非常に弱く、何かあると死にたい死んだ方がマシと発言するので

毎日、無事に学校から帰ってくるか心配で心配で仕方ありません。

 

主人は二人の子供を亡くしたこともあり

かなり息子には甘いです。

私と息子がぶつかると、息子はすぐ物にあたりますし、

余計に興奮するので最近は冷静を心がけています。

腫れ物に触るような接し方をしている私がいます。

 

何をどうしたらよいのか分からなくなってしまい

身も心もボロボロです。

過去に兄との別離もあり、息子も相当辛いと思うのです。

どうかアドバイスをよろしくお願いします。

********************************

以上が相談者の方の悩みです。

大愚元勝は、この相談者に対して、

「問題があるのは、子どもではなくて親である」という

厳しい指摘をしています。

 

過去に2人の子どもを亡くしてしまった両親にとって、

かけがえのない子どもなので、

トラブルのないように大切に大切に育ててきたのでしょう。

何が問題で子どもが荒れてしまったのか?

欠けていたものは厳しさです。

 

子育てにおいて、どのような厳しさが必要なのでしょうか?

それは、一貫性のある指導であると大愚元勝は語っています。

これは、私も全く同感です。

 

子供の気持ちに寄り添う優しさは大切です。

でも、優しさだけでは子供は成長しません。

 

人としてやってはいけないこと、言ってはいけないこと、

そのような行動をした時には、ビシッと厳しく叱らなければなりません。

 

優しくする事よりも厳しくする事の方が親にとってはつらいですけれども、

これをやらなかったら子供は後々、社会に出てから苦労することになります。

詳細は以下の動画をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA