休校中の子どもたちの過ごし方の工夫、30人の親御さんに聞きました。

家庭での子供たちの時間を有意義なものにするために!!

現代社会の弱さを露呈させた今回のコロナウイルスの問題。

緊急事態宣言は延長になりました。

学校がお休みのため、子供たちは自宅待機です。

普段は子供の教育の多くの部分を学校に頼っています。

しかし、今はご家庭にゆだねられています。

子供たちの自宅での時間をできる限り有意義なものにするために

みなさん様々な工夫をしているようです。

ということで、現在、各ご家庭で

子供がどのように過ごしているか30人の親御さんから回答をいただきました。

子供は自分で自分を律することはできません。

子供が生活リズムを保てるか否かは親にかかっています。

あなたのお子様は自宅でどのように過ごしていますか?

夜・昼逆転やゲーム三昧になっていませんか?

家庭で工夫をしながら有意義な時間を過ごすことも重要ですが、

コロナウイルスの問題が終息し、

子供たちが元気に学校に通える日が早く来ることを願うばかりです。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.  ファミリーバーベキューやサイクリングはおすすめです

一番上から、10歳、6歳、4歳の三姉妹です。

学校と幼稚園がしばらくお休みなので、

僕が仕事から帰ってくると、だいたいゲームをやっています。

毎日ゲームだとさすがに子供の健康状態などが不安になりますので

いくつか僕が実践していることを紹介します。

 

1つ目は、家族でバーベキューです。

お庭で子供たちを遊ばせといて大人は食材を焼く。

みたいな感じです。

週一回はやっていますね。

奥さんも毎日子供を見ているのでストレス解消になりますし、

3時間くらいは外にいますよ。

 

お庭がない家庭でしたら、川などに行ってバーベキューするのもおすすめです。

人もいないですし、外ですので感染リスクが少ないです。

子供たちも楽しそうに遊んでくれますよ。

 

2つ目は、サイクリング。

うちの子たちは、自転車、キックボード、三輪車です。

運動不足が気になるので、とてもおすすめです。

ただ、午後に公園に行くと、人がいっぱいいて感染リスクが高くなるので、

午前中の10時くらいに行けば人が少なく安心して遊ばせられます。

 

お昼ご飯の時間に帰る頃には、子供たちは遊びすぎて疲れています。

こちらの2つは、晴れている日限定です。

 

雨の日も紹介します。

基本、毎日ゲームをしていますが、時間を必ず決めています。

僕の家庭は、1時間なら良し。

大人が買い物に行くなどしてお留守番する場合はゲームして良し。

長くても、一日2時間くらいです。

あとお手伝いをした場合、小遣い制にしてます。

子供たちのやる気が一気に変わります。

とてもおすすめです。

 

晴れの日、雨の日、どちらにしても夫婦が協力しあって子供たちを見てあげないと、

親もストレス溜まってきて、悪循環になってしまいます。

なので、夫婦で協力しあって、子供たちを見てあげましょう。

 

2.  すばらしい映画作品とのふれあい

10歳の男の子と6歳の女の子

おすすめの映画

いい映画はいっぱいあります。

ただ子供が観てくれるかは運次第という要素があるかもしれません。

じっと観てくれるお子さんだったらよいのですが・・・。

例えば金曜ロードショーなんかいいと思います。

コロナで自粛が求められるようになってから、

金曜ロードショーは子供向けのアニメ映画を中心に放送しています

(コナン、ジブリ、フィクサー等)。

今後のラインナップも折り紙つきの名作ばかりなのでおすすめです。

リアルタイムでの視聴が困難という場合は録画して後で観るということもできます。

 

お金に余裕がある方はジブリ作品がおすすめです。

昔のジブリ作品はどれも名作揃いですが、

近年のものはクオリティーが低下していると評価されがちです。

しかし個人的には4月3日に金曜ロードショーで放送された

『思い出のマーニー』は近年のジブリ作品の中では頭一つ抜けてよかったと思います。

海外の児童文学の傑作を原作に

スタジオジブリが独自のエッセンスを加えて作ったアニメ映画なんですが、

最後は感動しました。

娘と一緒に観ましたが評判は上々でした。

 

息子はゲームばかりしています。

プログラミングに興味をもたせようと仕向けてはいるのですが、

いまいちうまく行きません。

これは自分がプログラミングについての楽しさを知らないからなのかもしれませんが。

子供の生活リズムを保つために、子供と一緒の部屋で同じ時間に寝ることを心がけています。

一緒の時間にご飯を食べるというようなことを徹底するしかないと思います。

このズレを許すとだんだんエスカレートしてきて収拾がつかなくなる可能性もありますので。

 

3.  進研ゼミのチャレンジタッチがおすすめです

私には子供が2人います。6歳の男の子と9歳の女の子です。

学校が休みのときにおすすめなのが、進研ゼミのチャレンジタッチです。

チャレンジタッチはタブレットで簡単に学習できるのでおすすめです。

うちでは午前中にチャレンジタッチで学習する時間を作っています。

チャレンジタッチは学習もあるし、勉強できるゲームなどがあり、

子供も夢中でやってくれて助かります。

子供が学習しているうちに、洗濯したり掃除したりしています。

 

9時から11時半までは学習の時間にし、

お昼ごはんを食べてからスーパーか散歩に出かけます。

買い物しなくてはいけないときは、みんなでスーパーに行きます。

スーパーは子供はすごく好きですが、

子供を連れていくといろいろと買いたがるので、

買うのは1個までと決めて連れていきます。

 

スーパーに用事がないときは散歩します。

30分くらいですが、コースを決めて歩くようにしています。

やっぱり外を歩くと自分も子供も少しリフレッシュできます。

 

午後は自由時間にし、3時から4時までは姉弟で遊んでもらう時間にしています。

そうすることで、2人の絆もできるし、私も休憩時間をもらえるので助かっています。

お姉ちゃんにお願いして下の子と遊んでもらっています。

 

あとは、いつも通り、夕食、お風呂で寝る感じになり、

リズムよく過ごせています。

リズムよく過ごすようにしないとダラダラして子供も

自分もストレスがたまるので、スケジュールを立てて、過ごすのがおすすめです。

だいたいのスケジュールを決めて過ごすとなんとか

長い休校も乗り切れると思うので、

ぜひスケジュールを決めて過ごしてみてください。







 

4.  くもん出版の図形キューブ積み木

くもん出版の図形キューブ積み木がおすすめです!

くもんの玩具はどれもとっても良いんですけど特にこれがオススメです。

単純に子供って積み木好きなので

遊ばせるだけでもokなんですがこれは違います!

【図形や立体】の勉強になるので、

私が学生の時苦手だった図式や図工・美術、空間認識に役立つこと間違いなし!!

カラーが5色あり、かわいいので男の子でも女の子でも楽しく遊べます。

 

中にはパターンカードというのが入っています。

ひらがなで説明とイラストでこんなのつくってね!が入ってるカードです。

自由に積み上げる楽しさはもちろんですが、

組み合わせやこれ作ってー!って子供に言って一緒に楽しむことができます。

全部で36種類ありまして、一日一個やっても1ヶ月持つんです!ママには大助かり!!

 

子供が頑張って形をつくれたらシールを貼る場所があってそれでご機嫌とりもできます。

我が家では積み木を何個使ったでしょー!

とか言いながら数を数える勉強にも役立っています。

 

軽量なんでめっちゃ軽いから、投げない限り子供が怪我をする心配もありません。

男の子ならカブトムシカードを使って

今だからこそいるお父さんと一緒に虫作りをするのは大満足間違いなし!

 

女の子なら沢山の色紙を用意して

色紙の色と積み木の色を合わせるゲームをすると笑いながらやってくれますよ!

 

積み木を縦に積んで高い低いとかの学習もできますが、

あまり高く積むともしかしたら怪我するかも知れませんのでそこは気をつけてください。

色・数・図形に強くなれる!

遊びにももってこいのアイテムです!

 

5.  ザ・家庭内筋トレ

地方在住のため、休校になってからも習い事のスイミングクラブは開いていたので

ストレスは溜まっていない様に見えました。

しかし、全国一斉に非常事態宣言が出されてからは行き場がなくなり、

我が子は高校生の息子が二人なので、家の中は混雑しており、

賃貸アパートでは騒音が気になってしまい、

思い切り身体を動かすことが難しく悩みました。

 

うちが一階のため、ベランダにはちょっとしたスペースがあるので、

近所迷惑にならない様に工夫しながら、陸上トレーニングをしています。

ベランダに大きめの段ボールを敷いて、

その上にストレッチマットを敷き、

ストレッチポールを出して大幹トレーニングをしてから、

筋力トレーニングをしています。

 

飛び込みなどの瞬発力が鈍らない様に、

立ち幅跳びをしたり、ジョギングもして持久力を落とさない様にしています。

最後に、室内では鏡の前でフォームを確認して、

汗びっしょりになっています。

 

泳ぎたい気持ちを我慢しながら、今できる精一杯の努力をしている様に見えます。

筋力トレーニングをすると、気分がスッキリしてプラス思考になり易くなるらしく、

私も息子たちにすすめられて軽い筋力トレーニングを始めました。

 

気分が落ち込み易いこの頃は、とても助けられていると感じます。

今まで、休みの度に合宿や試合に行っていた息子たちにとっては、

同じだけの運動力をキープすることは大変で、

自分が選手でありコーチでなくては甘えることが簡単です。

また、泳げる様になった時に、すぐに取り戻せるかどうかは、

今やっていることにかかっていると思うと、楽しみです。

 

6.  子供の生活リズムを崩さないために

11歳の娘と9歳の娘がいます。

今は、休みで子供達には、問題集を渡しています。

それを毎日取り組むことをやっています。

 

あとは、チャレンジタッチを行っていますので、

学校へ行かなくても家で勉強が出来る状況が出来ています。

子供達も勉強したいと言ってくるので困っていません。

 

遊びに対しては、スイッチで遊ぶのと、

トランプ・かるたなどをやって楽しんでいます。

トランプも色々な遊び方があるので教えてあげています。

 

その他にも将棋で山崩しなど単純な遊びもやって、興味をもっています。

子供の時に遊んだ経験を元に一緒に遊んであげる事で、

勝手に遊び方を学んでいくのでとても良いと思いました。

想像力などもあり、新しい遊び方などいろいろな事を思いつきすごいと思います。

 

子供の生活リズムは保てています。

朝も一緒に起きるので、いつも6:30には、起きます。

ご飯も一緒に食べるので全く変わらない生活習慣です。

寝る時間も一緒に寝るので遅くなることも無く休みの日も変わらないです。

後は、リズムを壊さないように心がけているのが

7:30に電話で連絡を取り外に行かせますし、

12:00にも連絡をしてもらい家の近くを3周走るようにしています。

その為にもキッズ携帯は、必要ですね。

 

日々の運動と勉強・遊びも全て行っているので

生活リズムが崩れないのだと思います。

運動が一番必要かもしれませんが

親のサポートもしてあげる事が一番子供達に必要な事と思います。

 

7.  やることはい~っぱいあります。

6歳の女の子一人っ子です。

ただでさえストレスがたまりやすいと思うので、

基本的に本人が好きなことをさせて、

退屈しかけたタイミングで声をかけて、いっしょに遊ぶようにしています。

 

娘が好きなことは、お絵かき、工作、自転車、ローラーブレード。

お絵かきや工作は時間があるのを逆手に取って、

普段できない大胆なことをやります。

 

例えば、入って遊べる段ボールハウス、空き箱のUFOキャッチャー、

動かせて実際に遊べるものをいっしょに作ります。

お菓子作りは逆に一人で大半の作業ができたほうが喜ぶので、

寒天や混ぜるだけのアイスなど、

本人が好きで達成感がすぐ得られるメニューを選んでいます。

 

お友達に会えないのが一人っ子の辛いところ。

幸いお向かいのお宅の姉妹と普段から仲が良く、

そこの子ども達と家の近くで自転車やローラーブレードをやっています。

 

生活リズムはまぁまぁ保てていると思います。

コツは、自分で目覚まし時計を7時にセットして、起きること、

生き物の世話をさせることでしょうか。

以前から魚を買いたがっていたので、自分で金魚を選ばせて、

毎日朝夕餌やりさせてます。

 

園芸店へ連れていき、花の種を選ばせて、いっしょに種まき、

この魚も花も私が世話をしなくちゃ生きられない、

と責任感が芽生えたようです。

 

朝はかなり弱いほうですが、金魚さん、お腹空いたって〜!

お花の芽はどのくらい伸びたかな〜?

と、声をかけると頑張って起きてきます。

 

また、午前は体を使った遊び→お勉強のようなこと、

午後3時からはテレビかビデオ(NHKやしまじろうの見放題)、

夕方はお友達と遊ぶ、と大体の流れを決める、

テレビを見る前には片付けをしてからでないと見せない、

などとルールを決めておくとこちらの片付けストレスも軽減されます。

 

まだ一年生なので、お勉強のようなことは1日15分くらい、

大人の英会話などもそうですが、物足りないくらいが長続きしますよね。

 

 

8.  トランポリンが子どもに好評です。

32歳の父親です。妻は専業主婦です。

子供は3人いますが、1人が小学生1年生で2人は、保育園に通っています。

保育園は今のところ開いているので、自宅待機は長男のみになります。

学校が休みの子供にオススメなことを紹介したいと思います。

 

まずは、生活リズムを崩さないように心がけることです。

幸い、2人が保育園に通うので、長男も自動的に朝早くに起こされることになります。

早寝早起きを心がけることは、とても大切なことだと思います。

 

2つ目は、小学生1年生とはいえ、きちんと学習に取り組ませることです。

学校から宿題が出ているので、それは必ず取り組ませることと、

それだけでは、足りないので我が家では、別にドリルを購入しました。

うんこドリルという名前は、あまりよろしくありませんが、

このドリルはとてもわかりやすく、

なぜかわかりませんが子どもの興味がわきやすい教材となっています。

教科も複数あるので、ぜひ使ってみて欲しいと思います。

 

3つ目は、適度な運動をさせることです。

できることなら公園などに行って、運動させたいところですが、

緊急事態宣言が出た以上、それも厳しいのが現実です。

 

そのため、我が家では、最近トランポリンを購入しました。

子供はとても楽しそうに取り組み、その上けっこうな運動量になります。

トランポリンはかなりオススメなので、ぜひ使って欲しいと思います。

YouTubeやゲームなどの時間は、1時間と決めて我が家では利用しています。

 

9.  21歳女性 学生からの意見

学校があるときと同じ時間で過ごすのがおすすめです。

特に、起床時間と就寝時間、食事の時間は学校があるときと同じにすることで、

生活のリズムが崩れにくいです。

 

勉強の時間も、学校の時間割に合わせて計画を立てて勉強します。

1週間ごとくらいで、週の初めに計画を立てると、だらだらしにくいです。

休み時間も、お菓子を食べたり、スマホやゲームをしたりせずに、

学校と同じように、本を読んだりして過ごすのが良いです。

 

体育の時間は、散歩やランニングがおすすめです。

近所を歩くだけでも気分転換になります。

近くの坂道を何往復か駆け上がったりすることで、

メリハリがついて良いです。

 

また、縄跳びも場所を取らずにできるうえに、結構な運動になるので良いです。

この機会に、跳べなかった技を習得するつもりで練習に励むのもおすすめです。

 

ほかにも、公園で遊んだり、近くの山に登ったりするのも良いです。

普段の体育とは違った運動になりますが、

それもまた面白さのひとつになります。

 

図工の時間は粘土がおすすめです。

普段あまりやらない分、珍しい刺激が入るようで没頭します。

 

時間がたくさんあるので、自分の作品に妥協することなく取り組むことができます。

100円ショップには、様々な種類の粘土がそろっているため、

それぞれ手触りや特徴が異なるので、

好きな種類のものを選んで作るのが楽しいです。

 

お手伝いは、料理がおすすめだと思います。

普段できないような時間がかかる料理をするのも楽しいと思います。

 

10.  サイクリングで街の情報収集

7歳男児の母です。

子供が毎日自宅で体を持て甘さない為にするストレス発散法はサイクリングがオススメです!

 

親子でそれぞれ自転車に乗って息子がその日行きたい方向に向かって進み

後ろから私も付いて行きます。

どこに着くかはお楽しみ!

とにかく自由にどこにでも行けるので子供はとても喜びます。

初めは”途中で飽きて帰りたくならないかな”

“最後までこげるかな”

と心配でしたがだんだん体力が付いてきて

毎日20キロ〜30キロの距離を走行しています。

 

普段車で通る道も自転車でゆっくり走ると

気付かなかったお店や公園、面白い建物や変わった信号など

新たに発見できる事ばかりで息子の社会勉強にもなります。

 

次第に自分の住んでいる街に興味を持ち、

地形がより分かるようになって最近では自分で街の地図を書く様にもなりました。

 

探究心から「明日はこの地区の地図をもっと書きたい!」

「あの公園には時計があるから便利だね!」

「あそこの交差点は車の交通量が多いから危ないね」

などその地域の様々な事も地図に詳しく書いて

「危ない交差点はお友達にも教えてあげたい!」などと言っています。

 

初めは何となく書いていた地図もだんだん楽しくなってきて

力が入るようになり今では夢中で書いています。

超大作になってきたので今年の夏休みの自由研究に出して

学校のお友達や先生に広く街の情報を知ってもらうのが今の目標です!

そして高学年になったら一緒に街のジオラマを作るのが最終目標です!

 

11.  勉強の工夫から家事の手伝いまで、スケジュールはいっぱいあります

中高生の男の子がいます。

年齢は17歳と14歳で来年受験があるため、今回の長期休みには困り果てています。

 

私も仕事があるため子どもたちの様子をずっと見ているわけにいかず、

かといって放っておくとあっという間に不規則な生活になってしまいます。

2人とも自分で自分を律することが困難なADHDなので特に枠組みがない生活は

ダラダラしがちになってしまいます。

 

そこで、4月から生活自体を見直す作業を私と一緒に考えました。

それぞれに一日の生活表を作成してもらいました。

起床時間、ご飯の時間、学習時間、運動の時間、休み時間など

余裕を持たせた計画表を自分で考えてもらいます。

 

まずは起床時間を守り、

午前中に「散歩」を体が疲れない程度の距離で組み込みました。

「疲れない程度」というのが長続きの秘訣だと思うので

運動も学習も70パーセント程度でOKにします。

 

学習内容は曖昧になりがちなので、

スマホのスケジュール管理のアプリを利用し、それぞれの子どもの学習内容を

ざっと私が考えたものを記入し、共有することで確認するようにしています。

 

これらはいずれも子供たちの「自覚」が必須となります。

自分が受験生であること、今の行動がどう未来に繋がるのか

しっかり話し合い、自分たちで決めたことだから、ある程度守れているのだと思います。

 

また、最近は学校再開の目途が立たなさそうに感じるので、

インターネットの学習サイトの無料体験に登録しました。

14日間無料なので合うか合わないかを確認できますし、

講師からのインプットは必要だと感じたからです。

本人たちも乗り気なのでしばらく様子を見ようと思います。

 

また、長期間家にいることのメリットのひとつが

「家事を覚えるチャンス」です。

簡単な調理、洗濯の仕方などを覚えることで

後々本人の助けになることは間違いないので

どんどん教えています。

その際、やる気をだすためにあえて「お手伝い」ではなく「お給料制」にして、

丁寧にしっかり作業をこなしたら「お給料を支払う」という風にしています。

小銭を毎回準備するのは大変なので

paypayを活用して支払っています。

 

こんな風に子どもたちがある程度大きくそれぞれスマホを持っていることで

アプリをフル活用して生活している我が家です。

 

最後に、長期滞在の最大のメリットが「親子間の会話が増えた」こと

だと思っています。今だけの時間を大切に過ごしたいですね。

一日も早く収束することを願っています。

 

12.  規則正しい生活のためにチャイムを鳴らしています

子供2人(8歳男の子、5歳男の子)

今まで、平日休日関係なく、

食事時間(朝:7時前後、昼:12時前後、夕:17時過ぎ)

と入浴時間(18時前後)、寝る時間(19時半)は、

ほとんど変わらず過ごしていたので、

今回の休校・休園でも、この生活リズムはほぼ変わらず過ごせています。

 

ただ、習い事も休みになり、宿題も1日に与えられている最低限の枚数しかせず、

テレビを見る時間が増えてしまいました。

(ゲームは1時間と決めているので、1時間しかしていません)

その為、長男に関しては、45分授業を決め、

ユーチューブで学校のチャイム音を勉強の始まりと終わり時間に鳴らしました。

(1時間目…7:30~8:15、2時間目…8:30~9:15、

3時間目…9:45~10:30、4時間目…13:15~14:00)

15分の休憩時間は、玄関前で縄跳びやシャボン玉をして遊んでいます。

長男が45分勉強している間は、次男は本を読んだり、

迷路の本や、間違い探しの本を見て遊んでいます。

(もともと次男は、一人遊びができるため)

 

午前中の方が勉強が集中して勉強できるため、

午前にまとめてさせるようにしています。

チャイムを鳴らすことで、子供も喜んでやってくれています。

 

あとは、ネットで買った本を読んだり、

模造紙に12個の枠を作り、子供たちに絵を描いてもらい

「踏み踏みゲーム」をしています。

 

また、昼食は、週に1回は具材のみ準備して、

セルフサンドイッチしています。

私も楽ですし、子供たちも自分で挟めるので、喜んでやってくれます。

 

また、ユーチューブは見せていない為、

DVDを借りに行ったりしていましたが、

今は借りに行くこともあまり出来ない為、テレビを録画したものを見ています。

 

2人とも、やることが終わっていないとゲームは出来ない。

1時間ゲームやテレビを見た後は、1時間目を休めるためにテレビは見ない。

という約束は、何回も注意をされ、ゲームも禁止にされて、

やっと守ってくれるようになっていたので、

今回の長期の休みでも、なんとか過ごせていると感じています。

 

13.  遊び方の工夫と早起きの工夫が・・・ママの知恵

こどもは3人います。 11歳(女)・6歳(男)、3歳(女)

子どもとの巣ごもり生活が長引く中、

おすすめしたい遊びが”お風呂場での色水遊び”です。

 

何てことはない、水彩絵の具とお水を使った遊びですが、

工夫次第で幼児から小学生までかなり長い間集中して遊んでくれます。

 

用意するもの…水彩絵の具、お水、プラスチックなどの廃材

(紙やプラコップ、牛乳パック、食品トレー、卵パック、ストローなどなど)、

オプションで氷、片栗粉、いらなくなった白か単色の布や服などもあると更に楽しめます。

あとは、終わった後にお風呂場をお掃除できる余裕…ですね。

 

水彩絵の具は、黒を外した色を用意し(全部真っ黒になってしまうので)、

赤と青を混ぜると紫になるよ〜など、実演してみせます。

また、牛乳パックに白い絵の具を入れて水で溶き、

プラコップに注ぐだけでおお!とテンションが上がります。

 

普段牛乳を注げない小さい子も、お風呂場の中なら注ぎたい放題です。

あとは好きな色でジュースを作ったり、

ボディーソープなどで泡を立てて黄色の色水の上に乗せればビール、

泡をポリ袋に入れて端を少し切って絞り出せば、

ジュースフロートも出来上がります。

 

卵パックをパレット代わりにすると、たくさんの色数を作ることができます。

遊びが長くなって、色水が濁り、茶色くなってしまっても大丈夫!

ココアやコーヒーに見立てて、

プラコップに氷を入れてアイスコーヒーの出来上がり。

 

今度は氷や片栗粉を投入して、感触遊びを楽しみます。

また、いらない布や服があれば、染物遊び、ボディペイントをしても楽しいです!

最後はきっとお風呂場中が大変なことになっているでしょう。

 

小学生などお手伝いできるようであれば、

掃除用のスポンジでお風呂掃除もしてもらいます。

そして自分自身も綺麗に洗って終了。

 

普段思い切って絵の具遊びをさせるのは難しいですが、

お風呂場だけと割り切って思いっきり遊ばせてあげると、

子どもたちもすっきりした顔で出てきてくれると思います!

 

とにかく朝起きる時間だけは変えずにいます。

朝起きると楽しいことが待っている作戦で。

起きられたら、大好きな番組や動画を見てもいい!

好きな菓子パンを食べてもいい!で釣っています。

早起きすると夜は眠たいようで、いつも通り寝てくれるので好循環です。

 

14.『料理』や『工作』がおすすめです。

子供は4歳の男の子 1人です

家で私が子供たちへお勧めすることは作ることです。

具体的は『料理』や『工作』です。

料理は毎日の食事でも、お菓子やパン作りでもなんでも構いません。

小さな子供にはお菓子作りの方が工程も楽で火傷の心配もあまりないのでオススメです。

私も子供と一緒にたまに作りますが、

切る、混ぜる、焼く、盛るなど色々な工程があり飽きずに楽しいようです。

子供にとっては家庭科のような生活学習になります。

最後は美味しく食べられるという事が一番の達成感があり、

次の新しいレシピへの挑戦へ繋がっています。

小学生や中学生の子供なら献立てから考えてみたり、

一食は献立てから後片付けまで全てお任せてしても良い経験になると思います。

 

工作は発想力や手を使う事で器用さにも繋がりオススメです。

ダンボールや新聞紙などの廃材を使うとお金もかからず良いと思います。

何を作ったらいいかアイデアに困る方は

インターネット”工作””家でつくる””子供”などと検索すれば、

たくさん参考になるものが出てきます。

大人でも作ってみたくなる様な作品も多く見つけられるので

親子で作る事をオススメします。

子供と一緒に作って良かった作品は、

男のなのでダンボール等で作った武器は簡単で子供にも手伝いやすくて良かったです。

私は子供には午前中にワークやドリルなどの机上の勉強をしてもらってから、

庭遊び、昼食作り、午後はお菓子作り工作や塗り絵などをやります。

基本的には大体この様な流れで過ごしています。

まだ4歳なので一人では無理な事が多く、

集中力が続かない時もあるのでこの生活リズムを保つ事は難しい時もありますが、

コツは飽きてきたら辞める事です。

キッチリやろうとすると子供も私も疲れますし、

いつまで続く自粛生活かもわからないので、完璧主義にならないように心がけています。

イライラせずに子供と親が一緒に楽しく家で過ごせる事が1番だと感じます。

 

15.卓球台、ボーリング、ミニカーのコースなどをDIYするといいですよ!

子供は息子が一人、12歳の中学1年生です。

おすすめの1つ目ですが、子どもが楽しむこと・

好きなことを楽しむためのものを自分で作らせるというのはどうでしょうか。

うちの子は卓球とボーリングが好きなので、

YOU TUBEで卓球台をDIYしている動画をみて、ホームセンターで大きめの板を買ってきて

ネットの材料やラケットを100均で探してネットも自作し

ダイニングテーブルの上に置いて、自宅で卓球をできるようにしました。

またボーリングはペットボトルとボールで簡単にできました。

 

ミニカーが好きなお子様なら、段ボールとか紙でコースを作らせるのも楽しいと思います。

自分の好きなことをするためなので子どもも頑張るし、

おもちゃで遊ぶだけでは短い時間ですぐに飽きるけど、

遊ぶ前に作る時間ができるので、1つのもので遊ぶ時間も長くなると思います。

他にはオンラインの科学番組や無料配信の番組を見せています。

「学びを止めない未来の教室」というサイトに

特別に公開しているコンテンツがたくさん掲載されているので、

その中で子供に合いそうなものを探して見せたり、

アプリをダウンロードしたりしています。普段できないものも無料で体験できたりするので、

けっこうおもしろいと思います。

子供の生活リズムを保つためにつために心掛けていること。

こどもに「この休みの間に何か1つの事をやりとげなさい。」

という課題をだして、それを毎日大体同じ時間にさせるようにしました。

うちの子はマラソンをする、と言って毎日走りに行っていますが、

何か大きな作品を工作で作り上げるのでもいいですし、

パズルを完成させるのもいいと思います。

大事なのは1日でできることではなく、

何日もかけてこつこつとできる題材を探すことだと思います。

それを毎日同じ時間帯に1時間等、時間を決めてルーチン化することで、

生活リズムも作りやすいのではないかと思います。

 

16.Wii Fitが活躍してます

子どもは二人、11才男子と7才女子

『おすすめ』は少し古いですが家庭用ゲーム機Wiiの「Wii Fit」です。

家庭内で楽しみながら体を動かすことが出来るので、

休校で外出できない子どもたちのストレス発散に役立っています。

具体的にはジョギング、サイクリング、ゴルフを好んでプレイしていますが、

ときどき親がプレイしているヨガ、筋トレも一緒になってプレイしています。

その他には同じく体を動かすためですが、

家庭用のトランポリンも役立っています。

雨の日でも出来るのはWiiも同じですが、こちらは飛ぶこと自体が楽しいという感じです。

 

次に、子どもと一緒に少し近所をジョギングしています。

毎回コースを変えて変化を付けたり、

途中で公園に寄って遊具で遊ばせることもあります。

競争してご褒美をあげたりするとよろこんでもらえています。

また、帰りにコンビニに立ち寄ってジュースを買ったりするのも喜んでいるようです。

最後に、アマゾンプライムビデオで過去の名作アニメなどを見せています。

これは定額サービスなので財布に優しいのが助かっています。

子供の生活リズムが保つコツですが、

学校に通っているのと同じ時間に起床、就寝させることです。

また家庭内学習もメリハリをつけて、

一定時間が経過したら休み時間としてゲームさせたり本を読ませたりしています。

日中に前述したような事で体を動かすようにして、

後は早めに起床するように心がけていれば夜はすんなりと寝てくれます。

 

17.将棋・パズル・オセロなどを学びながら、楽しんでいます。

私の子供はコロナの影響で学校がお休みです。

子供は頭の回転が遅い事で自宅でパズルと将棋を行うようにしています。

子供はドラえもんが好きなのでドラえもんのパズルを行っています。

勉学を苦手としている事からサボる癖があるので一時間行ったら

十分休憩を取って継続するようにしています。

頭の回転が早くなるし継続して行える商品なのでお薦めになります。

将棋のルールは分かりませんでした。

子供と一緒に勉学を行う事でルールの勉学になったし

子供の頭の回転も早くなったし私の頭の回転も早くなったので将棋はお薦めになります。

将棋のルールは難しかったので将棋の本をインターネットから購入しました。

子育てを行っていたので中古の本を購入しました。

中古の本だったけど分かりやすい内容だった事で

簡単にルールを覚える事が出来たので中古の本で十分だと思います。

コロナの影響で子供のストレスが酷くなっています。

お風呂やシャワーに入る事さえも嫌がるようになったけど

パズルを行うようになってからストレスが無くなったので良かったです。

将棋やパズルだけでは飽きる事でオセロも行わせるようにしました。

オセロも頭の回転が早くなる事でお薦めになるし

子供は勝負事に興味を持つ事で戦う事の大切さを勉学出来るのでお薦めになります。

私もオセロは行った事は無かった事で

子供と一緒に勉学を行えたので良かったし

物を片付けるという大切さを勉学出来たので良かった事でお薦めになります。

子供にはスポーツを行って欲しかったけど

私が運動音痴だった事で勉学を重点的に行わせるようにしました。

 

18.料理をおすすめします マイ包丁も購入しました。

子供は2人です。

小学校6年生 11歳 男

小学校5年生 10歳 男

一番のおすすめは料理です。

特に下の息子が小さい頃から料理に興味があり、

朝ごはんを自分で支度し食べるようになりました。

目玉焼き、卵かけご飯などすぐ出来る卵料理が多いです。

もっと興味を引き出そうとマイ包丁を購入した所さらにやる気になり、

材料切りも積極的にしてくれます。

子供向けの料理本も買って渡しました。

先日その本の中に載っているハンバーグを一緒に作りました。

休校になってから売り上げが伸びているホットケーキミックスも我が家は必需品です。

簡単なカップケーキ、ホットケーキは子供達も大好きなので楽しく作っています。

料理は将来の為にもなるので一石二鳥です。

(私の家事を少しでも楽にしたいという考えもありますが。)

どうしても男の子はゲームをしがちなので

画面に向かう時間を少しでも減らすために料理はうってつけです。

また、一緒に作ることで話す時間が増えるので

コミュニケーションを取る時間にもなっています。

我が家では子供の生活リズムが大幅にズレることはありません。

朝は6~7時に起床、21~22時に就寝です。

毎日学校に行っている時と同じリズムになるよう心がけています。

親としてはたまには遅い起床、就寝になってもいいかなと思ってしまいますが

子供は一度許されるとまたしたがります。

子供の性格にもよりますが我が子は一度許すと甘えが出るのであまり許していません。

ですが子供達にとって学校に行っている時と同じ生活なので特に不満はないようです。

時間の感覚、曜日の感覚もわからなくなりやすい今だからこそ

子供も日々のルーティーン化が大切なのではないかと思います。

 

19.ストレスを和らげるために柔軟ストレッチはおすすめです。

子供は女の子 1人です。

私が子供たちにおススメしたいのは、YouTubeで、

英語(または日本語以外の多言語)で投稿されている柔軟ストレッチ動画をみながら真似してみる!です。

柔軟ストレッチとは主にバレエダンサーや

その他ダンスををする方が身体を柔らかくするためにするストレッチで、

開脚や前屈など比較的ドタバタせずに静かに実施することができます。

毎日続けることに意味があり、子供のころから柔軟ストレッチを習慣つけておくことで、

怪我のしにくく太りにくいしなやかな身体を作ることができます。

日本語で収録されている動画でもよいのですが、

せっかくならば語学を同時に身に着けたいものですので、

英語圏やその他の言語を使われている国の方が収録された動画でストレッチをすると、

知らぬ間に耳に入っていき、一石二鳥となります。

実際、うちでも英語で話すバレエダンサーの方が

30分ほど収録されている柔軟ストレッチ動画を流しており、

リフレッシュしながら語学に慣れる環境づくりをしています。

飛んだり跳ねたりの運動は隣やご近所様にご迷惑が掛かりますので避けたいところです。

バレエの柔軟ストレッチであれば

穏やかでのびやかなバレエ音楽とともにじっくりゆっくり柔軟をしていきますので、

大きな音が漏れる心配はございません。

ぜひ皆さまも、ストレスを和らげるために、

そして語学の習得のためにも英語で柔軟ストレッチをおうちで取り入れてみてください。

 

20.勉強だけでは飽きてしまうので、漫才(お笑い番組)を見てみんなで楽しんでいます。

現在小学6年生の11歳の女子、小学1年生の6歳の女子の2人の子どもがいます。

学校は今月中旬から休校になっています。

自宅では学校から出された宿題もやっていますが、

それ以外にも市販の教科書に合った問題集をこちらが指導してやっています。

しかし完全に勉強となってしまうと子どもたちがすぐに飽きてしまうことから、

勉強とはまた別のもので楽しみながら学べそうなことをやっています。

その中でも特におすすめなのはお笑い、特に漫才の番組を見せています。

私はお笑いに特化した番組を配信してるアプリを利用しているのですが、

主にそれをテレビにミラーリングして見せています。

https://loool.jp/

https://apple.co/3bMWTW1 など、

漫才はコントやピン芸とは違って主に2人での言葉のやり取りで観客を笑わせる

もはや日本の伝統芸で、これまでに何組かの漫才師が紫綬褒章を受章するなど優れたものです。

私は幼少期からお笑い不安であり、漫才番組をずっと見てきました。

そのおかげもあってか両親曰く言葉の覚えも早く、

成長して難関大学に入ることもできました。

子どもたちにも機会があれば漫才番組をたくさん見せていますし、

今のような自粛になる前は年に数回劇場に行って

お笑いライブで漫才を子どもたちに見せていました。

そういうこともあってか子どもたちは年齢の割には難しい言葉を多く知っていて、

祖父母をはじめ多くの人に驚かれています。

言葉を多く知ることは国語のみならず全ての教科で、

ひいては社会で生活するにあたって非常に重要なことだと思います。

お笑いというと子どもに下品なことを知られてしまうというイメージが強く、

人によっては根強く抵抗を感じる人もいますが

言葉を覚える以上に楽しめてストレス解消になると考えてぜひ見てほしいと思います。

 

21.毎日YouTubeで「英語の歌」を見せています

我が家には年長(5歳)と年少(3歳)の女の子2人がいます。

現在妊娠中という事もあり慎重に判断しようと夫婦で考え、

幼稚園には自主登園となった3月初旬よりお休みしている状態です。

 

毎日欠かさずやり続けていることは、YouTubeで「英語の歌」を見せることです。

しかしただ見せるだけでなくルール決めがあります。

・親と一緒に見ること

・1回30〜40分程度なので連続で見ないこと

親と一緒に見る事は「共同注視」になるそうです。

5歳長女は普段公文に通っていてるのですが、

数ヶ月に1度の先生との定期面談で

現在の子供にはこの共同注視がすごく大事だと教えていただきました。

親と一緒に見る事で共感する事、

一緒に考えることが力になったり子供に対して

「お母さんはあなたを見ているよ」という安心感に繋がると教えてもらいました。

普段は幼稚園のハズでリズムが崩れて不安定になりやすい子供の精神には良いかと思い続けています。

このYouTubeで英語を続けてから、

姉妹の遊びの中に英語の歌で歌う遊びが追加され

少しですが彼女たちの中で遊びのレパートリーが増えたように感じました。

また一緒に英語を見ているので家庭内の生活の中で

こういう時はなんて言うかな?

と質問形式で出してみたりと会話の中に実践する事が出来ています。

幼稚園が始まると親も子も何となく気持ちが忙しくなるので

長い休みだからこそ実践できる事かなと感じました。

ゆったりと親と子の時間を大事に過ごしながらも

「ご飯」「お風呂」「就寝時間」だけはズラす事ないよう心掛けて過ごしています。

これから暑い時期になるので心配なのが体力面。

なので、色々考えてトランポリンの購入を検討、購入し

今は配送待ち状態で届くのを心待ちにしています。

今までは頭の体操がメインだったので

これからは家の中でもしっかりと体を動かし

夏に向けて熱中症にならない体作りを心掛ける予定です。

 

22.お家でクッキー作り

学校がお休みの子供たちへのおすすめは、お家でのクッキー作りです。

普段なかなか家事や仕事に追われて子供との時間を作れないお母さん達にもおすすめです。

お菓子作りにはたくさんのポイントがあります。

まずは小麦粉などのグラムを計量すること。

お菓子作りは目分量での量では膨らまない、などの仕上がりが綺麗になりません。

そのため、大体ではなく、「グラムをきちんと丁寧に計る」ことをまず子供に伝えます。

計量ができればそのあとは混ぜるやこねるの作業です。

この時、ケーキであれば混ぜるですが、クッキー作りであれば手でこねることになります。

手を使ってこねること、混ぜることは子供の成長にも良いと言われています。

普段クッキーなどの甘いお菓子を食べないお子さんでも

自分で作ったクッキーであれば出来上がってからの楽しみは倍増します。

クッキーを充分こねたら綿棒でうすく伸ばします。

生地の厚みが異なると焼き上がりにムラが出来るので

この厚みも同じになるように丁寧に伸ばすこと。

一つ一つの工程をきちんと丁寧にすることをお菓子作りをしながら伝えることができるのです。

そして、楽しい型どりです。

自分の好きな型や、もし時間に余裕があれば、牛乳パックで好きな型を作って

その型でクッキー作りをするのも楽しいでしょう。

型取りが終われば最後は焼きの工程です。

ここでも余熱をしてから170度などオーブンの設定が必要で、

焼き上がりにも20分程時間が、必要です。

大好きなオヤツを食べるためにはこうして丁寧に

きちんと工程を経て時間がかかるということ。

そしてすぐに食べたくても時間まで待ち辛抱することが学べます。

焼き上がると一緒にオヤツとして頂くことで

家族との会話も増えてとても楽しい時間が過ごせます!

 

23.ペーパークラフト・お菓子作り・テント

子供の休校が伸びましたね。

私は命あってのものだから、休校自体は賛成です。

我が家には小学4年生の男の子がいます。

今のところだらけることなく、生活が出来ています。

こればっかりはその子の性格によるところも大きいのではないでしょうか?

我が家では、とにかく毎日違ったことを何かをするようには心がけています。

たくさんあるのでオススメしたいと思います。

まず、車が好きなお子さまにはペーパークラフトはいかがでしょうか?

各車メーカーから図面のダウンロードが出来るようになっているんです。

それをプリントして、切って作るのですが、

細かい作業になるので集中力も養えますし、

子供のコレクションが増えて楽しいですよ。

空間認識能力も養えるような気がします。

次にお菓子作りですね。

時間があるので、最近は子供と作るようになりました。

クッキー、チョコ菓子、ケーキ、アイスなどなど楽しいです。

分量を計ったり、混ぜたり、ずいぶん上手になりました。

結構時間もかかるので、本当にオススメです。

次にアウトドアが好きで、キャンプによく行く方で

さらにお庭がある場合でしたらお家キャンプをオススメいたします。

子供は外で寝泊まりするだけでも、楽しいですし、

うちの場合はテントの中で勉強するとはかどるようでした。

読書もテントの中ですると、どんどん読めるようでした。

ちなみにテントや庭がなくても大丈夫です。

ベランダで一緒に勉強したり、

読書するのも効率があがるなぁと感じました。

 

24.学校のように毎日、時間割りを決めてます。

都内在住の小学校2年生の娘と5才の息子の父親です。

今はコロナウイルスの影響で自粛ムードですから、

うちの子供達もそうですが、

お子さんを持つ家庭ではストレス対策に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、うちで実際にやっている子供達にオススメの過ごし方を紹介したいと思います。

【料理作り】

ネットの動画を参考にして、子供でも出来そうなシンプルで面白そうな料理を作っています。

例えばハンバーグの場合は、私が材料を切ってタネを作り、

子供達にタネを捏ねて成形してもらい、最後に私が焼いて完成です。

他にも、餃子やクッキー等は、火や包丁を使わなくても出来る役割があるため、

子供達にも安心して任せられます。

普段、料理に全く興味を示さない子供達でも、

工作遊びの感覚で喜んでお手伝いをしてくれるので助かります。

【縄なし縄跳び】

うちは狭いマンション住まいのため、あまり大きな動きのある運動は出来ません。

とは言っても、動きたい盛りの子供達にじっとしておけと言うのも酷な話です。

何かないかなと探していたときに、ネットショップで見付けたのが縄なし縄跳びです。

縄がなくてもエア縄跳びが出来るため、狭い場所でも気にせずに親子で遊べます。

うちはカロリー表示の出るものを使っているので、

皆で目標値を決めてワイワイと楽しんでいます。

【まとめ】

子供達の学校が休みに入り、少し遅れて私がテレワークになりました。

始めは慣れない生活に戸惑いがありましたが、

せっかく子供達と長い時間を過ごせるチャンスだと考えて、

今までやらなかった事に挑戦してみようと思いました。

学校のように毎日、時間割りを決めて勉強や運動をさせることで、

子供達の生活リズムが乱れないように気を付けています。

 

25.楽天やAmazonの工作キットは活用できます。

子供は1人、6歳、女の子です。

絵が好きな子にオススメするのは

YouTubeチャンネルのArt for Kids Hubです。

アメリカ人の明るいお父さんが自分の子供たちと一緒に絵の描き方を教えてくれる動画です。

全て英語なのですが、描き方をゆっくり丁寧に教えながら進んでくれるので、

6歳の子でも動画を見ただけでビックリするほど上手に絵が描けます。

月曜から金曜の週5回新しい動画がアップロードされ、

可愛いイラストから動物、ディズニーキャラクター、

リアリスティックな絵まで幅広く飽きません。

紙とペンと色鉛筆さえあれば、親子で楽しめ、

気づけば時間も経っているので自宅待機中の遊びに最適だと思います。

 

2つ目のオススメは工作キットです。

楽天やAmazonで「自由研究」や「実験」と検索すると色々出てきます。

Amazon「自由研究」はこちら

楽天「自由研究」はこちら

6歳の娘にはスライム作りキット、結晶作りキット、

パワーストーン採掘キット、万華鏡キット、

はじめてのソーイングキット(針がプラスチックで危なくないもの)などを買いました。

ただ遊んで終わりじゃなく、「実験ノート」というものを作り、

絵日記風に実験経過を書きながらしたので字や文章の練習にもなりました。

 

生活リズムを崩さないで今まで生活出来ているのは、

やはり親がいつも通りの時間に起き、

朝食を学校へ行く時間の前までに済ませ、

午前中は勉強の用意を当たり前のようにすることで自然にリズムが整っています。

夜も寝る前は必ず本を読むので、

自然と「本を読む=寝る時間」と体が覚えているので、

電気を消せばすぐ眠りにつきます。

26.  100円ショップで売っている有益なものをフル活用しています。

子供は4人います。

女子小学4年生、男子小学2年生、女子小学1年生、男子1歳

おすすめしたいのは、ずばり『100円ショップで購入できるもの』です。

コロナにより、世の中がこんな状況になる前から、

いつもお世話になっていた100円ショップですが、

自宅待機を強いられている今、

自宅で楽しめるものが本当にたくさんあり、とても助かっています。

まずおすすめなのは、スクラッチアートです。

これはダイソーで見つけたのですが、100円で4シート入っており、長い時間楽しむことが出来ます。

購入前は、小学1年生の子には、専用のペン先が尖っているからまだ危ないかな?

なんて思ったのですが、そこはさすが小学生!

入学はしたものの、休校により全く学校には通えてないですが、

危ないことを伝えると、きちんと気を付けて、

このスクラッチアートだけに使い、

遊んだあとは、1歳の弟の手が届かないところにきちんと仕舞えていました。

普通のぬりえも好きですが、

「スクラッチアートだと削るとキレイな絵が出て来てとても楽しい!

自分の絵が上手くなったみたい!」

と小学生組は夢中になって削っていました。

集中力がない2番目の子ですが、

これで集中力アップに繋がれば‥と期待したりもしています。

そして、次にお世話になっているのが、ドリルです。

小学校から宿題が出るものの、直ぐに終わってしまう量しか出ていないため、

勉強を全くしない日があるのが悩みでした。

そこで、100円ショップにてドリルを購入してみました。

4年生と2年生には、それぞれ前の年の復習をするように

3年生と1年生用のものを。

1年生の子は、「ひらがなは覚えたから、カタカナを練習したい」

とのリクエストが本人からあったため、

カタカナの練習ドリルと、

その他にも算数の問題などのドリルも購入しました。

休校中でも、なるべく規則正しい生活をさせたいと思っているので、

これを使い、午前中は休憩を取りながら勉強の時間と決めています。

ブーブー言われますが、午後は庭で遊んでも良い、

おやつに1品追加など、我が家なりのご褒美を用意して、

何とか3人とも頑張って勉強してくれています。

 

27.  日中だけ子供を実家の両親に預けています。

私には小学校1年生の女の子(6歳)が1人います。

コロナウイルスの影響で小学校が長期休暇になっている現在、

子供は私の実家の両親の家にあずけています。

私たちの家から両親の家は車で10分程です。

私の子供は両親の家で朝は勉強、昼は運動をしています。

母親が元教師の為、平仮名の練習や英会話のペッパーキッズクラブに通っているので、

英会話の発音のトレーニングなどもしています。

とにかく午前中はしっかり勉強をして昼からはしっかり運動をしています。

その運動ですが、実家の庭が広いのでバトミントンをしたり、

縄跳びをしたりしっかり汗をかかせています。

やはり勉強と運動をしてこその1日と私は思うので

しっかり体を動かすことも脳を働かせる成長になります。

今は毎日その繰り返しです。

すると子供は以外にも生活習慣はそこまで変化はなく9時に寝て7時起きています。

私たち両親は、仕事から帰ったら子供と一緒にニュースを必ず30分だけ見るようにしています。

まだ子供にはわからないかもしれませんが

世間でなぜこのような事が起こっているか、

何故友達と会えないか、外で遊べないか少しでもわかってほしい気持ちがあります。

後は子供に好きなテレビを見せてしっかりコミュニケーションをとるように心がけています。

我が家は子供だけにとらわらず私たち家族全員で一緒に寝ています。

子供はおそらくみんなで同じ事をするのが好きなのか

私たち家族で同じ生活スタイルをしたら素直になっています。

 

28.  中学受験を意識した教材を活用しています。

子どもは2人。11才男、7才女です。

おすすめは家庭用学習教材です。

11才の長男には四谷学院の家庭学習用教材を毎日学習させています。

理科、社会、算数を我が家では重点的に学習させています。

本来は中高一貫校受験向けの教材ですが、

カリキュラムを学校の授業に準えて毎日適度に休憩を取りながら学習させています。

その他にもオンライン授業で「スタディサプリ」を受けています。

こちらも理科と算数の授業を受けています。

後は補習用教材として文英堂の「塾技100算数」と「塾技100理科」、

SAPIXの「漢字の要STEP1マスターブック」、

日能研ブックスの「理科メモリーチェック」、

「社会メモリーチェック」などを使って毎日少しずつ授業に見立てて学習させています。

長女向けにはオンライン学習の「RISUオンラインスクール」で授業を受けさせています。

また、SAPIXの「ピグマシリーズ」、四谷大塚の「ジュニア学習シリーズホームワーク国語・算数」な

どを使って学習させています。

後は二人に共通させていますが、オンライン授業で英会話レッスンを週3回程度受けています。

生活リズムを保つコツですが、

以前のアンケートにも書きましたが基本的に学校通学中と同じ時間帯に起床、就寝させています。

後は学習だけだと息が詰まりますので家庭内でテレビゲーム

(携帯ゲーム機やwii fitなどの身体を動かすゲーム)でリフレッシュさせたり、

出来るだけ毎日外に連れ出してジョギングや公園で遊ばせて

身体を動かすようにすると就寝がスムーズになります。

 

29.  子供が自分で工夫できるおもちゃがおすすめです。

わが家には、8歳と6歳の男の子がいます。

体を動かすのが大好きな2人にとって、長い時間家の中で過ごすのはかなり大変なことです。

そんな子供たちが夢中になっている遊びは、くもん出版のくみくみスロープです。

様々な形のパーツを組み合わせて、オリジナルのコースを作り、ボールを転がして遊びます。

速くなったり遅くなったり回転したり…。

ボールの動きはどんどん変わるので、見ていてとても面白いです。

最初は「作って〜!」と親に頼っていた子供たちですが、

すぐに自分で組み立てることの楽しさに気がつきました。

全てのパーツを使って長いコースを作ったり、

兄弟でパーツを分け合って2つのコースを作ったり。

熱中すると、長い時間遊んでいます。

もう1つ最近ブームになっているおもちゃは、

ピタゴラスシリーズの磁石でくっつくブロックです。

カラフルなパーツを組み立てて、色々な形を作ることができます。

慣れないうちは、付属の冊子に載っているものをマネして作っていましたが、

だんだんと自分で考えて形を作るようになってきました。

「宇宙船できたよ!ここがドアで、ここが部屋になってるよ!」

と、作ったものを見せながら、キラキラとした表情で話をしてくれます。

子供の想像力、小さな体の中に広がっている世界は、本当に素晴らしいなあと感心してしまいます。

長い自粛生活の中で、遊び方が決まっているおもちゃはどうしても飽きてしまいます。

なので、くみくみスロープやピタゴラスのように、

子供が自分で工夫できる、

イメージを膨らませることができるおもちゃはとてもおススメです!

 

30.  うどんを生地から作ります。他に自宅車庫でバーベキュー。

子供は2人います。 6歳と2歳・両方男の子です。

うどんを生地から子供と一緒に作って時間を潰しています。

特にこねる作業が果てしなく多いので時間潰し&子供たちを楽しませるのでもってこいです。

親戚の子供も含めた子供達3人にさせていたのですが、

「次は私、次は僕」とうどん打ちの順番争奪戦になっていました。

同席した大人からは、作るの遅すぎる!と怒られてはいましたが、

自分で作ったものほどおいしいものはないらしく、

うどん麺のくせにちじれていましたが、美味しそうに食べていました。

今回のコロナ騒動、最近では公園にも人が集まり、

遊具などが多数の子供に触れるので、

公園にすら行かない方が安全という話になっていました。

なので、遊具のない平地ならと、外で遊べるものを部屋の中で作っていました。

紙飛行機や工夫をこらした外遊び道具を作っていたのですが、

好評だったのは輪ゴムピストルで、一日中的を打ったりと肌身離さず携帯していました。

遊具を手作りしているとその工程を見ているのも楽しいのか、

結局その日は家を出ずに過ごしました。

あとはバーベキュー等ですが、これも公園NGの噂が流れていたので、

3階建ての一軒家で一階が駐車場になっている我が家では

車をどかせて駐車場で行う事ができました。

これには子供たちは家の中を出たり入ったりと確実に楽しんでくれていたので、

近所からの煙の苦情が出なければコロナ騒動中はまたやろうと思っています。

やはりご近所さんたちも、子供の楽しんでいる姿を見て喜んでくれていますので、

当分は許されるのでは?と思います。

やはりまずは親が早寝早起きする事ではないでしょうか。

親が早く寝ると子供は寂しがったり怖がったりして遅くまで起きていようとはしません。

早起きも、親が起きてしまえば起きてたいがいついてくるものです。

あとは、今までの土日と同じような一日を過ごすだけです。

コロナ渦と言えど甘やかしすぎす、また感情的に怒りなどをぶつけ過ぎず、

適度にお互いストレスを発散できるよう心がけています。

確かに外食などもできない今、ストレスをためないでいる事や決まった時間、

決まった量のごはんを食べさせる事は以前の休日よりも難しいですが、

こんな時こそ親子の絆が試される時!

と割り切り、実践できる事は極力実践していっています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA