3人の子育てで実践している工夫

●「年齢の近い3人の子育て」現在進行中

小3、小1、未就園児の子育て中です。

3人子育てにもいろいろありますが、

我が家の場合は「年齢の近い3人の子育て」で、

その経験から、私が日々学んできたこと、工夫していることなどお伝えできればと思います。

 

●一人では手が足りない!

一番いっぱいいっぱいだったのは、

子ども3人が小学1年生、幼稚園児、未就園児の時期です。

特に一番上の小学生が帰宅してくる夕方がピーク。

私は専業主婦ですので、自宅で子どもを迎えますが、

真ん中の幼稚園児は、おしゃべりしたい盛り。

延々と大声で私に話しかけます。

下の子は未就園児、丁度お昼寝から覚めてぐずぐずタイム。

私にまとわりついたり、上の子の宿題の邪魔をしたり。

上の子は小学1年生で、まだ学校の宿題も慣れていないので私の横で宿題を始めますが、

こんな状況では宿題に集中できず、「こんなうるさい家だったら何も考えられないー!」と発狂。

そんな夕方を毎日送っては、私のイライラも積もり積もっていました。

主人の帰宅は子どもが寝てからなので、夕方からそのあとのお風呂や夕食、

寝る時間までずっと、パワフルな3人にふりまわされる私。

これはどうしようか、1人では手が足りない~

愛情の配分が難しい~

 

●わたし(母)+子1人の時間をつくる

わたし(母)プラス3人の同時行動をやめて、

わたし(母)プラス子ども1人の時間をなるべく作るように工夫していました。

具体的に、私がとった行動を紹介します。

 

~一番上の子とわたしの時間~

毎朝最初に家を出発する、一番上の小学生をお友達の家まで送り、

その時間をわたしと上の子の2人きりの時間にしていました。

我が家は、朝のその時間なら主人が通勤前でしたので、

自宅で下2人を見ておいて貰うことができました。

たった7分ほどの時間ですが、1日のうちに2人きりになれる唯一の時間だったので、

上の子が一年生のときにはずっと続けていました。

 

~真ん中の子とわたしの時間~

真ん中の子が夕方から始まる習い事(運動系)を始めたことで、

夕食後に1人習い事に出かけていくので私は少し楽になり、

さらに帰宅した頃には、他の子2人は寝ているので、

真ん中の子とわたし2人の時間が作れるようになりました。

 

習い事のお迎えの時間だと主人が帰宅しているので、

お迎えも主人にお願いでき、とても楽になりました。

寝る時間は少し遅くなってしまいますが、

真ん中の子も、他の子たちが寝ている時間に、

お父さんとお母さんと3人で、ひとりっ子みたいに過ごせる時間が嬉しいようです。

 

~一番下の子とわたしの時間~

私は専業主婦で、一番下の子は未就園児なので、

午前中はほぼ2人で過ごすのですが、夕方からのグズグズの予防とばかりに

「今は〇〇ちゃんの時間だから、してほしいこと、遊んでほしいことがあったら、

上の子たちが帰ってからじゃなくて今言ってね!」

と何度も言い聞かせていました。

午前中の時間で気持ちが満たされているからか、

少し夕方のぐずりがマシになっていました。

そんな風に、意識して子ども1人1人と向き合う時間を作るようにしてから、

私の心も、子どもたちの気持ちも落ち着いてきたのではないかと思います。

 

●イライラしたときはリアルタイムでひとまず吐き出す

あと、ひとまず自分の気持ちを抑えるために、

私が1人目の子育てのときから続けているストレス発散方法は、

リアルタイムで「主人にメールやラインをする」です。

イライラしたらその時にすぐ。

夕方のものすごく忙しい時間で本当ならスマホなんて見てられるかという状況なので、いつも超短文です。

「もうむり」とか「げんかい」とか。

それだけで、少し自分の気持ちが落ち着くので、

主人にも普段から「リアルタイムでラインするだけで楽になるから、返事はいらないよ」

と伝えています。

2人の子なので、どんなに大変か知っておいてくれという気持ちもありますが、

それを後日伝えるより、このリアルタイムの叫びはきっと伝わっていると思います。

旦那さんに限らず、そんな風に自分のイライラした気持ちをすぐにリアルタイムで、

小出しに吐き出せるところがあれば、楽になるのではと思います。

 

●「今が一番大変」母の言葉に救われた

歳の近い子ども3人の子育ては大変ですが、良いこともあります。

遊びの内容が似ているので、3人一緒に遊んでくれます。

そのとき我が家は大人しい。

上の子が本を読んでいたら下2人はブロック、上2人はオセロで下はおままごと。

我が家は、女の子、男の子、女の子と性別もバラバラですが、

それでも3人一緒や、チームに分かれてなどよく遊んでくれます。

最近は、一番下の子がトランプやウノを覚えたので、

一緒にしてくれるようになり、とっても静かに遊べるようにもなってきました。

 

3人ともが幼くて大変だった時期、母からよく言われた言葉は、

「今が一番大変。これから少しずつ楽になっていくよ。」

「今、こどもたちをしっかり見てあげていたら、

絶対あとが楽やから。今のがんばりで後が楽になるから。」

これから、子どもが思春期など迎えて、

違う意味の子育て大変な時期がくるのかもしれませんが、

ひとまずもうすぐ一番下が入園。

数年ぶりにやっと少し自分の時間が持てるので楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA